今回は高倉新監督のもとで試行錯誤が続くなでしこジャパンから

長谷川唯選手を紹介します。

長谷川選手といえば、アルガルヴェ・カップ2017でなでしこデビュー戦となったスペイン戦でアシストを記録、次戦アイスランド戦で初ゴールを記録。

熊本で行われたコスタリカ戦でも見事なアシストを決め、なでしこに定着しつつある新星。

なでしこジャパンの中心選手になっていくんじゃないでしょうか?

そんなわけで、長谷川唯選手のプレースタイルや評価、中学高校時代のエピソード・気になる彼氏の存在も調べてみました。

スポンサーリンク

長谷川唯のプレースタイルと評価

さっそくですが長谷川唯選手のプレースタイルを追って行きます。

中盤2列目で主にプレーするパサータイプの選手です。

プレー動画はコチラ

まず技術的には足の裏を使ったプレーが上手い!

足の裏を使うときは自分の真下にボールがあるので小柄な長谷川選手はリーチの長い選手からボールをつつかれないように自分に近い位置でボールキープすることができます。

また足裏でのコントロールはボールに食いついかれた際にも有効で引きつけてかわすのがとても巧みですね。

また、視野の広さと頭の回転の早さも特徴で一手先を見越してプレーするので「背中に目がついているのでは」と思ってしまうほど余裕があるプレーを見せてくれます。

例えば左サイドでボールをもらった時にはサイドバックの上がってくるタイミングを計算して2対1になる時にドリブルやパスを仕掛けていますね。

美女サイドバックとして有名な北川ひかると左サイドでのコンビプレーは相性抜群でいずれなでしこジャパンの名物になるのではないでしょうか。

相手の中間ポジションでターンするプレーも得意ですが周りの状況が見えているためその後のプレー選択が的確です。
本人は相手をだますプレーが好きと語っており重心の逆を取るプレーが多いですね。

なでしこジャパンの選手はみんな一生懸命で好感がもてますがサッカーで魅せることができる選手という意味では宮間あや選手以来の逸材だと思います。

長谷川唯選手のプレースタイルは現なでしこ高倉麻子監督の「ずっと考え続ける」サッカーにピッタリです。

課題は高倉監督・本人も認めている通り得点力でしょう。

その課題を克服した時は日本女子サッカー界のシンボル・もっと言えば世界の女子サッカー界の顔的な存在になることでしょう。

そんな長谷川唯選手をベレーザの森栄次監督は長谷川選手をこのように評価しています。

練習後の個人練習ではシュート練習に取り組むのが日課になった。内容でも他を圧倒している今季のベレーザにおいて、左サイドで攻撃に関わる長谷川の存在感は日に日に増している。

2014FIFAU-17女子ワールドカップでは高倉監督とともにチームを初優勝に導きシルバーボールを受賞したことや、ゴールデンボールを獲得した杉田妃和選手と同様に同世代でトップクラスの評価をされていることでしょう。

なでしこの注目選手として、今後も目が離せませんね。

中学はどこ?高校時代についても

長谷川唯選手の出身中学・高校時代についてまとめてみます。

まず、長谷川選手は戸田市立戸田南小学校時代に兄の影響でサッカーを始め、当時は小柄だったそうで自分より大きい相手とサッカーすることに慣れていたことがいまのプレースタイルに影響を与えているのでしょうね。

その後、戸田市立戸田中学校時代にベレーザの下部組織メニーナに入団。

そして、高校は日出高等学校を卒業されているわけですが、U-16日本女子代表候補、U-17日本女子代表でも存在感あるプレーでその世代の黄金期の立役者となっていたというわけです。

高校時代から各世代別代表に飛び級で呼ばれ続けていますので、並の選手じゃありません。
将来的には引退した澤穂希さんのようななでしこの絶対的な存在になっていきそうですね!

かわいいと評判!彼氏はいるの?

そんな長谷川唯選手に対しての世間は

かわいい~!

の声が多発しています。

当然彼氏もいるだろうとTwitterなどみてみましたが全く男関係の情報はありませんでした。
サッカー一筋という感じですね。

練習でも居残りで毎日練習している長谷川選手なので恋愛よりもサッカーのほうが楽しいのかもしれません。

これだけ才能があって上手い選手は「サッカーやっていて楽しいだろうな」といつも羨ましく思います。

アップされている写真もチームメイトとのものばかりで公私共にベレーザの選手と仲が良いのがわかりますね。

ベレーザはいまなでしこリーグで圧倒的な強さを誇っていますがこの仲の良さも強さの秘訣なのかもしれません。

最後に

なでしこジャパンの「新星」長谷川唯選手をピックアップしてみました。

いかがでしたか?

なでしこジャパンは世代交代の難しい時期ですが長谷川唯選手・横山久美選手など華のある若手選手がでてきたことで今後のなでしこジャパンが更に楽しみです。

特に長谷川唯選手はサッカー好きをうならせるような玄人好みなプレーをみせてくれる選手です。

サッカー解説者の松木安太郎さんも熊本で行われたコスタリカ戦で初めて長谷川選手の試合解説をした際「唯ちゃん」を連発していました。

「サッカーは好きでも女子は興味ない」という方が女子サッカーに注目するきっかけを作ってくれると思います。

今後の長谷川唯選手の活躍に期待します~!

頑張れー!