サッカー日本代表・ブラジル戦
今回は、2017年11月10日に迫った

サッカー日本代表の強化試合ブラジル戦をプレビュー!

ブラジル戦の招集メンバーとスタメン予想、フォーメーション予想を行います。

ともにすでに2018年ロシアワールドカップ本大会出場を決めている両チームはどのような戦いを見せてくれるのでしょうか。

最後までご覧下さい!

ブラジル戦日本代表メンバー予想

ハリルホジッチ監督となって初めての強豪国との対戦となるブラジル戦の日本代表の招集メンバーを予想します。

登録人数は23人ですが、1、2人多くハリルホジッチ監督はいつも呼ぶので25人を予想してみました。

GK

川島永嗣
中村航輔
東口順昭

CHECK!中村航輔の彼女や弟は?プレースタイルや評価にA代表選出についても

ゴールキーパーは東口順昭選手がハイチ戦で3失点して評価を下げたと思いますから外れてもおかしくないですね。

また、アジアチャンピオンズリーグで決勝進出した浦和レッズの西川周作選手のパフォーマンスが上がって来ています。

個人的には最も期待している中村航輔選手も含めてゴールキーパーは入れ替えがあるかもしれません。

ただし、川島永嗣選手は磐石ですね。

DF

吉田麻也
昌子源
長友佑都
酒井宏樹
酒井高徳
槙野智章
植田直通
内田篤人

CHECK!昌子源の嫁や子供は?姉の画像や父も調査!プレースタイルと評価も
CHECK!長友佑都の移籍情報2017!インテル退団で噂の候補先についてまとめてみた
CHECK!植田直通の彼女や姉妹は?海外移籍やプレースタイルについても!
CHECK!槙野智章の挑発問題の動画は?歴代彼女や高梨臨と破局?スパイクが違う理由も

2年8ヶ月ぶりにブンデスリーガ2部ウニオン・ベルリンで活躍中の内田篤人選手を招集するという報道を各社しているので
内田篤人選手をメンバーに入れました。

怪我する前のプレーには程遠いですが、経験豊富で、サッカーIQが高くて、何かと気が利く選手なので控えでもチームに入れておくことでプラスの効果があると思います。

いいアドバイスしてくれるでしょう。

あとはスペイン2部アラベスのセンターバック鈴木大輔選手を試すのでは?との報道もありますが、アラベスで先発落ちしているので、今回の招集はないかなと予想しました。

MF

長谷部誠
倉田秋
山口蛍
井手口陽介
小林祐希
香川真司

CHECK!山口蛍の海外挫折の理由は?現在結婚してる?プレースタイルも!
CHECK!井手口陽介のプレースタイルは?元ヤンキー?嫁の画像や子供も調査
CHECK!香川真司は2017に結婚ある?移籍先候補についてまとめてみた!
CHECK!倉田秋は彼女と同棲?結婚秒読み?兄弟やプレースタイルについても

外した選手は遠藤航選手。

ハイチ戦でアンカー起用されましたが散々な出来でしたね。

普段やっていない役割なので可哀想でした。

ただし、浦和レッズでは右サイドバック、リベロとして活躍中ですからアンカーとしては難しいと思いますがダブルボランチ、右サイドバックで計算できる選手だと思うので招集される可能性も十分あると思います。

アンカーで長谷部誠選手の代わりがみつからないので、浦和レッズの阿部勇樹選手がサプライズ招集もあり得るかなと思いますが、国内組は12月の東アジア選手権で試すことが出来るので今回の招集はないでしょう。

また、ニュージーランド戦、ハイチ戦で評価が悪かった香川真司選手が外されるのでは?という見方がありますが、清武選手と柴崎岳選手が怪我か怪我明けなので招集されると思います。

ニュージーランド戦、ハイチ戦で1得点ずつ決めた倉田秋選手も継続して呼ばれるでしょう。

外しましたが、ヨーロッパで活躍中の中島翔哉選手、森岡亮太選手も報道では名前が上がっていますね。

FW

堂安律
岡崎慎司
本田圭佑
原口元気
乾貴士
武藤嘉紀
浅野拓磨
大迫勇也

CHECK!本田圭佑の現在の評価は?ロシアW杯招集される?引退後についても
CHECK!原口元気がプレミアリーグ?移籍先は?海外の反応や契約延長についても 
CHECK!乾貴士が代表に呼ばれない理由は?プレースタイルや海外の反応も!
CHECK!浅野拓磨の彼女は名古屋?兄弟や妹も調査!年俸や評価にプレースタイルも
CHECK大迫勇也の高校時代や性格は?海外の評価やプレースタイルについても
CHECK堂安律の彼女情報は?国籍は韓国?出身中学や高校にプレースタイルについても 

前回のメンバーから外したのは杉本健勇選手

入れたのは岡崎慎司選手、本田圭佑選手、堂安律選手です。

左ウイングが原口元気選手、乾貴士選手で安定しているのに対して右ウイングは安定して結果を出している選手は、現状いませんのでオランダリーグで活躍中の堂安律選手を招集すると予想しました。

杉本健勇選手はセレッソ大阪で好調を維持していますが、12月の国内組限定で戦う東アジア選手権でプレーさせるでしょうから今回は、岡崎慎司選手、武藤嘉紀選手を優先的に呼ぶと思います。

フォーメーション予想

サッカー日本代表・ブラジル戦
ブラジル戦の強化試合のフォーメーション4-4-1-1という形の布陣を予想しました。

理由はブラジルのフォーメーションが中盤がワンボランチに二枚のインサイドハーフなので、二枚のインサイドハーフを2枚のボランチが見ることで守備をはめやすくするためですね。

トップ下に岡崎慎司選手を置いたのは、ボール奪取能力と守備の寄せの早さがあり、攻撃になったときに大迫勇也選手がポストプレー、岡崎慎司選手が背後へランニングしてカウンターを発動させるのがいいかなと思い、この布陣にしました。

岡崎慎司選手を90分持たなくていいので攻守に走らせて、疲れたら香川真司選手を投入という狙いですね

ブラジルの本気度

日本は優勝候補のブラジルとの対戦ですからワールドカップ本大会のつもりで試合に臨むでしょう。

しかし、ブラジルにとってはどこまで本気なのでしょうか。

個人的にはブラジルにとってこの試合の意味は3つに分けられると思っています。

ポジション争い

新戦力からベテランまで選手層が厚いブラジル代表はポジションが保証されているといえるのはネイマール選手くらいでしょう。

とくにベテラン勢は前回大会で自国開催でドイツに7-1で敗れた悔しさを晴らしたいにちがいないです。

激しいポジション争いを勝ち抜くため日本戦でアピールしてやろうという選手がほとんどだと思いますね。

グループ分けで優位に立ちたい

FIFAランキング2位のブラジルはFIFAランキング44位の日本に負けると大きくポイントを落とします。

もし、ブラジルが8位まで転落するとポット1から外れてしまい、強豪国とグループリーグで対戦する可能性が高まりますので
ブラジルにとっても負けられない一戦でしょう。

テスト

ブラジル代表のチッチ監督にとっては、あくまでもテスト試合なので、いろいろなオプションを試す試合になるかもしれません。

早いうちに失点すると、完全なテストモードにして控え組を出してくることも考えられますので、日本としては有意義な強化試合にするためにも前半粘り強く守る必要があります。

というわけでプロフェッショナルであるブラジル代表に対して「どうせやる気ないんでしょ」なんていうのはブラジル代表に失礼だと思います。

彼らは強化試合としてしっかり戦ってくるでしょう!

最後に

いかがでしたか?

今回は、11月10日に迫った強化試合日本代表対ブラジル代表のスタメン・フォーメーション予想について取り上げてみました。
個人的には、守備のところに注目したいと思います。

ハリルホジッチ監督のサッカーは堅守速攻型とかいわれていますが、個人的には守備はワールドカップレベルで見ると全然ダメだと思っているので守備面でブラジルの攻撃に耐えられるか見たいと思います。

今からブラジル戦が楽しみですね。