サッカー日本代表01

今回は9月5日に行われるワールドカップアジア最終予選の最終戦となるアウェーでの

サウジアラビア戦

の特集です。

サウジアラビア戦でのスタメンとフォーメーション予想をしていきます!

日本代表はすでに1位通過を決めているため、ロシアワールドカップへ向けた準備の試合となりますが、普通の親善試合と違って相手は死にもの狂いで勝ちに来るので、ワールドカップに向けた強化試合としては最高の試合として使えるという状況ですね。

とくにサウジアラビア戦はアウェーで観客は満員だそうで気温も40度を超える試合では、ワールドカップのような特殊な試合に必要とされるメンタリティの持ち主かどうかを見るうえで格好の試合となります。

ロシアワールドカップまでにこのような特殊なメンタリティを必要とされる試合は12月に日本で行われる東アジア選手権(韓国、北朝鮮、中国との総当たり方式)だけでしょう。

東アジア選手権は海外組は招集されませんので、サウジアラビア戦は非常に貴重な強化試合となりますので最後までご覧ください。

スポンサーリンク

サッカー日本代表サウジアラビア戦!スタメンメンバーは?

それでは日本代表のサウジアラビア戦の予想スタメンをを紹介していきます!

その前にこの試合の位置づけを確認しておきましょう。

1 日本      勝ち点20 17得点 6失点  得失点差11
2サウジアラビア 勝ち点16 16得点 10失点  得失点差6
3オーストラリア 勝ち点16 14得点 10失点  得失点差4
4UAE      勝ち点13 10得点 12失点  得失点差-2
5イラク      勝ち点8 10得点 12失点  得失点差-2
6タイ      勝ち点2 5得点 22失点  得失点差-17

サウジアラビア代表からすると勝ってもオーストラリアがタイに大量得点で勝つと得失点差で逆転されるのでなるべく点差をつけて日本代表に勝ちたいという厳しい状況です。

またプレーオフに回る3位以下になることはUAEがイラクに大量得点で勝って日本に大量失点で負ける以外はあり得ないのでサウジアラビアとしては引き分けすら必要なしで勝つのみというシチュエーションです。

それでは日本代表のスタメンを予想していきます。

GK

中村航輔

ゴールキーパーは、これまで西川周作選手がゴールマウスを守っていましたが、シュートセーブ率が低いことが致命的となり川島永嗣選手にポジションを奪われています。

西川周作選手は浦和レッズでも調子を取り戻せずに第3キーパーにも招集されない状態ですからゴールキーパーで計算が立つ控え選手がいない。

という課題があります。

まず西川周作選手を起用していた理由はビルドアップ能力の高さ、ロングフィードの精度でしょう。

特にハリルホジッチ監督のサッカーは守勢に回るとワントップが孤立するのでピンポイントでワントップめがけて蹴ることが出来るのと、後ろからつないで時間をつくってくれる足下の技術の高さが川島永嗣選手にとっては課題ですね。

ただし、シュートストップでは川島永嗣選手が上ですね。

ということで、この二人の良いところ取りが出来る選手が欲しい!

となると中村航輔選手かなと思います。

またリオデジャネイロオリンピックでも大舞台での勝負強さは証明済みですから期待したいですね。

CHECK!中村航輔の彼女や弟は?プレースタイルや評価にA代表選出についても

DF

酒井宏樹
昌子源
三浦弦太
酒井高徳

CHECK!昌子源の嫁や子供は?姉の画像や父も調査!プレースタイルと評価も
CHECK!三浦弦太が日本代表で評価は?藤浪晋太郎と同級生でプレースタイルについても

直前で太ももの裏に違和感があったとされる吉田麻也選手は外れると予想します。

また長友佑都選手の控えがいない左サイドバックは新たな選手を試すでしょう。

候補としては酒井高徳選手と槙野智章選手があげられますが槙野智章選手はJリーグでのパフォーマンスが悪く、酒井高徳選手はレギュラーポジションを失っているということで悩ましいところですが右サイドバックもできる酒井高徳選手にしました。

またセンターバックはオーストラリア戦でベンチ外となった植田直通選手よりも三浦弦太選手をセレクトしました。

MF

井手口陽介
小林祐希
柴崎岳

CHECK!井手口陽介のプレースタイルは?元ヤンキー?嫁の画像や子供も調査
CHECK!井手口陽介が中田英寿と似てると評判!海外移籍ある?高校や兄弟についても
CHECK!小林祐希の海外の反応や評価は?
CHECK!柴崎岳のハリルの評価は?海外の反応も!テネリフェの年俸や退団の噂はどう?

まず怪我を抱えている長谷部選手はお役御免でしっかり治してほしいという意味で外しました。

おそらくダブルボランチでいくと思うので山口蛍選手、小林裕希選手、井手口陽介選手、高萩洋二郎選手の4人が候補ですが高萩選手はオーストラリア戦でベンチ外でしたので外しました。

山口蛍選手、井手口陽介選手の二人だと動きすぎてスペースが空くのが怖いのでオランダリーグでアンカー(ワンボランチ)も任されている小林裕希選手とどちらか一人だと思いますが、ゴールも決めてノッテいる井手口陽介選手にすると予想。

トップ下は香川真司選手がケガで離脱したのでスペインリーグで一皮むけた柴崎岳選手を起用すると思います。

FW

原口元気
久保裕也
岡崎慎司

CHECK!原口元気がプレミアリーグ?移籍先は?海外の反応や契約延長についても
CHECK!久保裕也のプレースタイルや海外の反応は?彼女や本田圭佑との仲も!

両ウイングは左の乾貴士選手はかなりオーストラリア戦でも疲れていたので原口元気選手と予想します。

右は本田圭佑選手と予想。

サウジアラビアはバイタルエリアが空きやすいので中央に入ってくる本田選手の良さが出しやすいかなと思います。

久保裕也選手も同じことが言えますが長谷部選手が出られないことを考えるとピッチ上の監督として本田選手のリーダーシップに期待したいところ。

ワントップは大迫選手が怪我明けということで無理はさせないでしょうから岡崎慎司選手が先発して浅野拓磨選手を後半のカードとして取っておくと予想。

サッカー日本代表サウジアラビア戦!フォーメーション予想!

ロシアW杯最終予選!サウジアラビア戦の日本代表のフォーメーションはこのように予想しました。

サッカー日本代表サウジアラビア戦・スタメン

オーストラリア戦の4-3-3から4-2-3-1の基本布陣に戻すと思われます。

ハリルホジッチ監督の4-3-3は前からハメていく運動量が必要でハイプレッシャーと戻りの速さが必須となりますが40度を超えるサウジアラビアでは、機能しないと思いますので、4-2-3-1のダブルボランチに戻してサウジアラビアのボランチのところは空きやすいので2列目に3枚いるこのフォーメーションを予想しました。

長谷部誠が怪我で離脱!キーマンは?

長谷部誠選手と香川真司選手がケガで離脱しました。

長谷部選手の代わりは小林祐希選手、香川真司選手の代わりは柴崎岳選手に期待したいですね。

小林祐希選手はヘーレンフェーンでもリーダー格として中盤を仕切っていますし、柴崎岳選手もスペイン1部リーグで開幕スタメンをトップ下で確保して成長を見せてくれていますのでキーマンは小林祐希選手、柴崎岳選手の二人を挙げたいと思います。

最後に

いかがでしたか?

今回はサウジアラビア戦の予想スタメン、フォーメーションを予想してみました。

個人的には異常なまでのPK獲得率を誇るサウジアラビア代表の試合を裁くレフェリーにおかしな点がないかどうかに注目したいと思います。

また「今年は根性を見せる年」と言い切った本田圭佑選手が酷暑のなかでどんなプレーをしてくれるかにも期待したいですね!

どんどんいい選手が出てきて競争を活性化してほしいと思います。