ハリルホジッチ・解任

今回は何かと解任問題で話題の

ハリルホジッチ監督

の特集です。

オーストラリア戦で引き分け以下で解任ともいわれていますが、解任された場合の後任監督はやはり手倉森さん?なのかまとめてみました。

また無能なのでは?ともいわれていますので海外の評価を紹介していきますので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

ハリルはオーストラリア戦次第で解任?後任は手倉森が濃厚?

以前からハリルホジッチ監督の解任説は度々報道されていますが、オーストラリア戦で引き分け以下で解任の可能性があるということでまたまた報道されています。

CHECK!サッカーオーストラリア代表メンバーの注目選手は?世代交代についても

オーストラリア戦とサウジアラビア戦が残っていますが2チームともどちらかというとポゼッション型のチームですから戦術的には相性がいいので個人的にはあまり心配はしていないんですけど、ここ一番でパニックにならなければ2チームとも十分に勝てる相手ですね。

CHECK!サッカー日本代表オーストラリア戦(8/31)のスタメン・フォーメーション予想

ただし、オーストラリア戦に負けた場合は、夏場のアウェーのサウジアラビア戦はメンタルの戦いになるので監督と選手の精神的な信頼が切れているようなら解任もあり得るでしょうがその辺はチームの中に入らないとわからない部分です。

サウジアラビア戦はホームで完勝していますしオーストラリア戦から4日後ですから戦術は変える必要はなく、プレッシャーと暑さとの戦いの中でハリルホジッチ監督のサッカーを継続しつつも日本人選手のメンタルコントロールに優れた監督が必要になってきます。

となると、ハリルホジッチ監督を解任するなら中の雰囲気を見ていて、戦術的な部分も理解している手倉森誠監督しかいませんね。

というわけで、ハリルホジッチ監督を解任されたら後任は手倉森誠監督で間違いないのかなと思われます。

CHECK!サッカー日本代表次期監督候補は?

無能っていうけど実際は?

無能といわれることが多いハリルホジッチ監督ですが実際にやっているサッカーから評価をしてみると、基本的にハリルホジッチの戦術は堅守速攻ですね。

戦術には上も下もなく戦術はじゃんけんのようなものっていう考え方がありまして、

例えば

堅守速攻はチョキ
ハイプレスショートカウンターがグー
ポゼッションがパー

と仮にすると相性の良さはありますが何が一番強いというものはないですね。

ハリルホジッチはよりつよいチョキを出すことと、相手が堅守速攻できたらグーも出すことにしか興味がなくて相手にグーを出されるとパーを出そうとはせずに戦闘回避(つながずにロングボールを蹴って流れを切る)となるとパーを出すための遠藤保仁タイプの選手は不要となるわけですね。

アジア予選で苦戦している要因は相手が堅守速攻型が多いのでプランBのハイプレスショートカウンターがやりたいが、日本サッカーはポゼッション信仰が強くて選手も見てる人もポゼッションで圧倒してパスワークで崩すのが強いチームという考えの人が多くてちぐはぐになってしまうというのが負けパターンですね。

それが無能に見える要因だと思います。ホームのUAE戦が典型的でした。

というわけで戦術的にポゼッション型ではないことが無能と思われる一つの要因だと思いますが、実際に残している成績はアギーレ監督が解任されて途中からの就任にも関わらず残り2試合で最終予選首位に立っていることを考えても無能とか解任とかいわれるのはかわいそうですよね。

またワールドカップ本大会を見据えると守備が弱いチームが勝つ可能性は相当低いので、まず守備を固めるやり方は基本的には正しいと思います。

CHECK!ハリルジャパンが弱い原因は?戦術や評価についてまとめてみた!

強化方針は代表チーム型かクラブチーム型か

ハリルホジッチ監督が批判されるのは戦術だけではなく強化方針にも要因があると思っています。

ハリルホジッチ監督の強化方針はキャスティング主義です。

戦術は難しいことはせずに個人能力とその時の調子で決めた選手を並べるというやり方ですね。

代表チーム型のやり方といえます。

真逆のやり方である固定したメンバーで阿吽の呼吸やコンビネーションプレーの中で生まれる化学変化、特殊な戦術への適応を重視する強化方針をチームワーク主義クラブチーム型とします。

では、日本代表はどちらを選択すべきなのでしょうか。

歴史的に見れば日本代表はクラブチーム型の強化をして成功してきました。

日本はもともと他のスポーツでも「個人能力では勝てない」、「リーグ戦の歴史が浅くて優先順位はリーグ戦より代表」なので代表もクラブチームのように頻繁に集まって強化することで勝ってきた(なでしこジャパン、メキシコ五輪銅メダル、バレーボールの東洋の魔女など)ので
チームワーク主義への信仰が強いんです。

ただし、Jリーグが完全にプロ化して代表の半分以上は海外組という現在の状況では強化する時間はほとんどありません。

なので現在の日本代表の強化方針はハリルホジッチ監督がやっている

キャスティング主義の代表型にするか。
クラブチーム型にするならJリーグのどこかのチームをベースにしてチーム作りにする(例、2010年W杯優勝のほとんどバルセロナのスペイン代表)か。

の2つの選択肢しかありません。

ただ、優秀なタレントがヨーロッパへ流出していることを考えるとクラブチーム型は無理がありますよね。

実際に過去のワールドカップでの成績や内容を見ても1998年フランス大会の岡田武史監督は最終予選の途中で加茂監督の更迭を受けて就任して、調子の悪いキングカズを外して絶好調の中田英寿選手を活かすチームに変更してワールドカップ初出場。

18歳で選出された小野伸二選手の選出理由は中田英寿選手が不調の時には小野伸二の「天才」にかけるということてしたが
典型的なキャスティング主義の考え方ですね。

本大会では3連敗に終わりましたが、強豪のアルゼンチン代表と3位となったクロアチア代表に対して引けを取らずに戦った内容は再評価されていますね。

2002年W杯日韓大会

自国開催となった日韓2002年ワールドカップを率いたトルシエ監督はU-20、U-23と兼任し、予選を戦う必要もなく強化の時間がたっぷりありましたのでクラブチーム型の強化をしてベスト16に進出しましたが自国開催もユースとの兼任も例外的なものなのであまり参考になりませんね。

2006年W杯ドイツ大会

2006年ドイツ大会を率いたジーコはクラブチームのようにメンバーを固めたにも関わらずに戦術もなかったので個でもチームワークでも良いところはなく勝てるはずがなかったです。2敗1分けグループステージ敗退

2010年W杯南アフリカ大会

2010年南アフリカ大会はオシム監督がジェフ千葉をベースにしたクラブチーム型の強化をしましたが、脳梗塞で倒れ、岡田武史監督にまたしてもバトンタッチ。

コーチにヴァンフォーレ甲府でパスサッカーに定評があった大木武さんを迎え入れてオシム監督のサッカーを引き継ごうとクラブチーム型の強化に着手しましたが、中村俊輔選手の不調などもあって調子は上がらず。

直前で守備を固めて調子の良い本田圭佑選手、大久保嘉人選手、松井大輔選手のアタッカー3人とスーパーサブ岡崎慎司選手に何とかしてもらうという気持ちいいぐらいの割り切ったキャスティング主義に変更して見事ベスト16進出。

2014年W杯ブラジル大会

2014年ブラジル大会を率いたザッケローニ監督はACミランなど世界トップレベルのクラブチームを指揮した経験がありましたが、代表監督は初めてでしたので完全にクラブチーム型の強化方針でアジア予選までは史上最強と呼べるチームを作り上げました。

ワールドカップ本大会前では中心選手が相次いで故障や調子を崩した影響で「自分たちのサッカー」を披露することはできませんでした。2敗1分けグループステージ敗退。

こうして振り返ると自国開催で特別な環境だったトルシエ監督は別にすると、岡田監督しか成功例はなくて岡田監督は2大会共通して短期間で代表型のキャスティング主義で結果を出しています。

やはり「代表では調子の良い選手を使え」という原則どおりの結果といえますね。

ザッケローニ監督やオシム監督のようなクラブチーム型のチーム作りはメンバーが固定されて中心選手のその時の出来に左右されてしまうので一発勝負の代表戦ではハイリスクで世代交代も遅れてしまいます。

しかし、「和を以て貴しとなす。」「自分たちにしかできないチームワークで個人能力で上回る強敵に戦いを挑んでいく」という過去の成功体験からくる美徳が日本人にはあるのでクラブチーム型の強化の考え方が良しとされがちですので

キャスティング主義(調子の良さと個の力で競争させながらメンバーを決める)で強化しつつ、チームワークを気持ちだけで重んじるというのが現状では個人的には正しいやり方だと思いますね。

ハリルホジッチ監督は前者をやって精神的にも前者を強調するタイプですから、やっていることは的外れではないですけど、言っていることは「なんか違う」となってしまうんですよね。

というわけで戦術的にも強化プランとしても日本の美徳には合わないけど合理的なことをやっているのがハリルホジッチ監督だと思います。
無能と批判されやすいタイプの人だと思いますが、代表監督としては優秀というのが個人的な考えです。

実際にいつの間にか世代交代の問題は解決しつつありますよね。

シンプルな戦術を用いて調子の良い選手を使っていけば、自然と若手選手は出てきます。(失敗もありますが)

井手口陽介選手昌子源選手久保裕也選手は計算できる戦力になりつつあるのでハリルホジッチ監督の若手選手の思い切った抜擢も評価されていいんじゃないかと思います。

海外の評価は?

 
そんなハリルホジッチ監督の海外の評価はというと、2014年ワールドカップではアルジェリア代表を史上初のベスト16進出に導き、最も優勝したドイツ代表を苦しめた監督として評価されています。

アルジェリア代表時代の右腕であるクルシさんは

「ヴァイッドはメディアからのプレッシャーなど、ものともしませんでしたね。自分が見抜いた選手には躊躇なくチャンスを与えていた。そしてその見識眼には滅多に狂いがなかった。あのマフレズだって、W杯の2ヶ月前までは2部リーグ(※ル・アーブル)でプレーしていたんですから」

と評価しています。

またアルジェリア代表はワールドカップではラマダンの時期でコンディションが悪いことを逆手に取り、毎試合選手とシステムを変更する柔軟性も高く評価されています。

このように海外の評価は決して悪くないようなので、結果次第で2010年の岡田武史さんのときのように180度対応が変わっていくんじゃないでしょうか。

まぁ、代表監督なら誰でも世間からバッシングされるのは当然ですからね。

このチームがロシアW杯で決勝トーナメントに進出した時点で国内でも高評価となるでしょう。

最後に

いかがでしたか?

今回はいよいよワールドカップ出場国を決める2試合が行われます。

日本代表のハリルホジッチ監督はどんな采配をみせてくれるのでしょうか?

また本当に解任されてしまうのか今後の日本代表の動向から目が離せません!