サッカー日本代表2018ロシアW杯メンバー

2018年ロシアワールドカップ!

ということで気になる日本代表メンバー23人とスタメン・フォーメーションを予想していきます

今回のワールドカップで6大会連続出場ということですが、前回のブラジル大会は史上最強の呼び声から屈辱的なグループリーグ敗退という結果に終わってるだけにリベンジを果たしたいですね。

気になるメンバーですが、若手の台頭でこれまでの主力選手の招集も危ぶまれることも十分に考えられる今の日本代表。

誰が招集されて、誰が落選するのかこれから注目ですね。
 
ということで、ロシアワールドカップの日本代表メンバー23人を予想!

そしてスタメンメンバーとフォーメーションについて取り上げていきます。

ご覧ください~!

スポンサーリンク

ロシアワールドカップ日本代表メンバー23人を予想

ロシアワールドカップ日本代表メンバー23人について予想してみました!

ポジション別に見ていきましょう!

GK

中村航輔
川島永嗣
西川周作

第1キーパーと第2キーパーは川島選手とE-1 サッカー選手権で存在感を示した中村航輔選手で決まり。

第3キーパーはほとんど出番なしの可能性が高いので、ムードメーカーの役割が主なものとなります。

ワールドカップ、オリンピックの経験があり長年、日本代表に選ばれ続けた西川周作選手ならチームに落ち着きをもたらしてくれるでしょう。

DF

吉田麻也
槙野智章
昌子源
長友佑都
酒井宏樹
酒井高徳
中山雄太

4年前のブラジル大会では8人のDFを招集しましたが、ハリルホジッチ監督は運動量を武器に戦うと思われるのでメンバーを入れ替えながら戦うと思われます。

特に中盤と前線の選手の駒を増やしたい。

そこで、DFは7枚にしました。

中山雄太選手は左サイドバックの長友佑都選手のところで高さ勝負をされた時のために、これまで槙野智章選手を入れていたと思いますが、中山雄太選手はセンターバックの主軸として期待されるようになりましたので、左サイドバックも出来るセンターバック中山雄太選手を入れるとディフェンスは7枚で済むのかなと思います。

中山雄太選手以外は当確なのかなと。

MF

長谷部誠
井手口陽介
山口蛍
今野泰幸
香川真司
清武弘嗣

中盤は、システム的にダブルボランチとアンカー+インサイドハーフ2枚を使い分けるでしょう。

唯一の純粋なアンカータイプ長谷部誠選手は決まり。

どちらのシステムにも対応できる井手口陽介選手、山口蛍選手も当確でしょう。

問題は残り3人の守備的な選手と攻撃的な選手のバランス。

守備的(今野泰幸選手、遠藤航選手)
攻撃的(香川真司選手、清武弘嗣選手、森岡亮太選手)
ユーティリティ(柴崎岳選手、長澤和輝選手、倉田秋選手)

が候補です。

ここは大会前に調子の良い選手を選ぶことになるでしょうが、代表での経験豊富な香川真司選手、清武弘嗣選手、今野泰幸選手の3人と予想しました。

個人的には香川真司選手ではなく中村憲剛選手を入れたいですが、ハリルホジッチ監督は選びそうもないですね。

FW

本田圭佑
乾貴士
原口元気
浅野拓磨
大迫勇也
久保裕也
杉本健勇

フォワードは中盤も出来てゴール前で仕事ができる本田圭佑選手の力は必要となるでしょう。

迷ったのは久保裕也選手、杉本健勇選手、岡崎慎司選手、小林悠選手のうち2人。

高さという武器がある杉本健勇選手と何故か点を取る久保裕也選手にしました。

岡崎慎司選手は戦術的に使いづらいですが、ハリルホジッチ監督は2トップも視野に入っているとコメントしていますので2トップを選択するなら香川真司選手が外れて岡崎慎司選手が入るでしょう。

個人的には家長昭博選手をジョーカーとしてベンチに置いておきたいですね。

スタメン予想・GK編

サッカー日本代表ロシアW杯のメンバー予想!

GKはこの選手!

中村航輔

シュートを打たれた時の落ち着き、一対一での圧倒的な存在感があってセーブ率の高さが能力を証明しています。

経験では川島永嗣選手ですがビルドアップ能力と若さを評価して中村航輔選手を選びました。

オリンピックでのパフォーマンスを見る限り中村航輔選手は世界大会でも力を発揮できると思います。

CHECK!中村航輔の彼女や弟は?プレースタイルや評価にA代表選出についても 

スタメン予想・DF編

サッカー日本代表ロシアW杯のメンバー予想!

DFはこちらの4選手!

吉田麻也

プレミアリーグで活躍中の吉田麻也選手は実績も能力も総合的に見て1番のセンターバック。

課題だったドリブルへの対応も走り方を変えることで克服してきました。

心配なのは競争の激しいプレミアリーグでポジションを取り続けられるかどうかがポイントとなるでしょう。

たまにフリーキックも蹴ったりするので仮にロシアワールドカップフリーキックを決めることなんてあれば超サプライズですね。

CHECK吉田麻也のフリーキックの精度は?守備の評価や年俸についても 

昌子源

持ち前の対人守備能力の高さと、守備範囲の広さは世界大会でも通用することはクラブワールドカップでも証明済み。

森重真人選手と迷いましたが伸びしろを考慮して吉田麻也選手の相方は昌子源選手を選出しました。

E-1選手権でも存在感をアピールしてるので、ロシア大会でもやってくれるでしょう。

昌子源の嫁や子供は?姉の画像や父も調査!プレースタイルと評価も 

酒井宏樹

フランスリーグアンの名門マルセイユでレギュラーとして活躍中。

守備面とオーバーラップのタイミングかかなり成長してきましたね。
内田篤人選手が完全復活しない限り、酒井宏樹選手が右サイドバックのポジションを掴むでしょう。

中山雄太

左サイドバックの長友佑都選手が第2次岡田体制から長く務めて来ましたがザッケローニ監督の時がピークで
パフォーマンスは下り坂です。

ロシアワールドカップまでの1年でサプライズが起こるポジションはここだと思います。

代わりに入る選手はU20ワールドカップでセンターバックとして活躍した中山雄太選手。

長友選手にはないビルドアップ能力と空中戦の強さがあり、超攻撃的サイドバックの長友佑都選手とは真逆の後ろから組み立てるサイドバックになれると思います。

本大会で必要となるタイプは後者でしょう。

CHECK!中山雄太のプレースタイルは?彼女いる?中学高校時代についても! 

スタメン予想・MFボランチ編

サッカー日本代表ロシアW杯のメンバー予想!

ダブルボランチはこの2人!

長谷部誠

長谷部選手が怪我で離脱してからの日本代表のパニックぶりを見ると必要不可欠な選手だと言わざるを得ませんね。

とくにバイタルエリアのスペース管理能力、攻撃の展開力は他のボランチとは一線を画すレベルにあると思います。

キャプテンとして精神的な支柱にもなってくれるでしょう。

CHECK!サッカー日本代表の次期主将候補は?長谷部の後任に相応しいのは誰? 

井手口陽介

20歳の「ガンバの怪物」が山口蛍選手からポジションを奪うと予想します。

山口蛍選手と比較してもビルドアップ、攻撃のスイッチを入れる縦パスを出す能力に優れ、ポジションバランスを守る能力でも上だと思います。

ボール奪取能力がお互いに特徴ですが、井手口陽介選手のほうがボランチとしての総合力は上ではないでしょうか。

年齢を考えても井手口陽介選手が台頭してこないと困ります。

CHECK!井手口陽介のプレースタイルは?元ヤンキー?嫁の画像や子供も調査 
CHECK井手口陽介の海外の反応や評価は?気になる移籍先を予想してみた! 
CHECK井手口陽介が中田英寿と似てると評判!海外移籍ある?高校や兄弟についても 

スタメン予想・MF・FW編

サッカー日本代表ロシアW杯のメンバー予想!

攻撃陣はこの4人!

原口元気

縦への速さと守備への貢献度を考えると左サイドハーフとして外せない選手だと思います。

「ハリルホジッチの申し子」といっていいほどに戦術への相性がいいですね。

アウェイでのオーストラリア戦では守備時に原口元気選手がサイドバックの位置に入る変則的な5バックのような形をとっていて、本大会でも格上相手にはこのような形になる可能性も十分あります。

となると左サイドバックは前述したように中山雄太選手のようなセンターバックタイプが適任となってくるのではないでしょうか。

原口元気選手はプレミアリーグへの移籍が濃厚とされていますがもう一回り成長して代表に帰ってきてほしいですね。

あとは得点力だけです。

CHECK!原口元気がプレミアリーグ?移籍先は?海外の反応や契約延長についても 

清武弘嗣

トップ下は香川真司選手が外れると予想します。日本代表では満足に活躍出来ていないですからね。

清武選手との絶対的な違いはセットプレーのキックです。

他のポジションにセットプレーが得意な選手は本田圭佑選手ぐらいで本田選手も直接フリーキックは得意ですが、合わせるのはあまりうまくはないので清武弘嗣選手が必要だと思います。

サッカーの得点の3割はセットプレーですからね。

セットプレーを蹴ることが出来るという意味では柴崎岳選手もあり得ますが、ドリブルでの打開力で清武弘嗣選手を選出しました。

CHECK!清武弘嗣のセレッソ復帰の理由は? 

久保裕也

右サイドハーフには両足から得点を量産する久保裕也選手を入れました。

久保選手の「試合を決める」能力は代えがたいものがあると思います。

本田圭佑選手は控えに入るのかも怪しいのではないでしょうか。

CHECK!久保裕也のプレースタイルや海外の反応は?彼女や本田圭佑との仲も! 

大迫勇也

ワントップにはポストプレーの名手大迫選手を選びました。

戦術的にもあれだけ前に預けることが出来る選手は代えられないでしょう。

岡崎選手はスーパーサブが妥当かなという印象です。

CHECK大迫勇也の高校時代や性格は?海外の評価やプレースタイルについても 

スポンサーリンク

サッカー日本代表ロシアワールドカップ2018!フォーメーションを予想!

サッカー日本代表2018ロシアW杯のフォーメーションはこのように予想しました。

ロシアワールドカップ日本代表

ワールドカップ本大会にもし日本代表が出場したらハリルホジッチ監督は守備に人数をかけて引いて守るでしょうが、守勢に回る時間を減らさないと人数がいてもアクシデントで失点してしまいます。

そこで「縦に速く陣地を回復する」のに向いている選手を選出しました。

ゴールキーパーですが、川島永嗣選手よりキックの精度で味方につなぐ能力が高い中村航輔選手を選出。

DFラインは中心選手の吉田麻也選手と背後のスペースカバーに強いのでディフェンスラインを上げて守るのが得意な昌子選手のセンターバックコンビ左サイドバックは左利きでビルドアップ能力が高く空中戦の強い中山雄太選手をコンバート、右サイドバックは酒井宏樹選手ですね。

サイドバックは空中戦の弱さが致命傷になる可能性があるので長友佑都選手は厳しいかなと思います。

ボランチはビルドアップ能力とボール奪取能力、スペースカバー能力が重要となりそうなので井手口陽介選手と長谷部誠選手。

香川選手は後半からということで清武選手に背後に走ってもらって相手の体力を削ぐイメージです。(岡崎慎司選手トップ下と迷いました)

左サイドハーフにはドリブルで前に運べて守備力も素晴らしい原口元気選手、右サイドハーフは背後に走れることと決定力で久保裕也選手。

ワントップにキープ力のある大迫選手ですね。

本田圭佑選手久保裕也選手は相手やゲームプランによって代えれば良さそうな気がします。

左サイドバックと長谷部誠選手の相方のボランチは今のままでは心配なので若手に伸びてきてほしいですね!

ロシアワールドカップ情報

CHECK2018年ロシアW杯の優勝国を予想してみた!ダークホースも紹介! 
CHECKサッカーロシアW杯出場国一覧の総まとめ!各国の戦力を分析 
CHECKサッカーコロンビア代表メンバー2018!注目選手とフォーメーション予想 
CHECKロシアワールドカップ日本代表のサプライズ招集・落選選手を予想! 

最後に

いかがでしたか?

今回はロシアワールドカップの先発予想をしてみました。

ちなみに前回のブラジル大会は予選突破を決めたオーストラリア戦と本大会の初戦コートジボワール戦では遠藤保仁選手、今野泰幸選手、前田遼一選手の3人の選手が入れ替わっています。

山口蛍選手、森重真人選手、大迫勇也選手が先発を勝ち取りました。

もし、ロシアワールドカップに出場したら同じようにメンバーは入れ替わるでしょう。

まずはロシアへの切符をつかんで、ワクワクする先発争いを繰り広げてほしいですね。

南アフリカW杯のベスト16以上を期待しています~!