本田圭佑・Jリーグ復帰

本田圭佑がJリーグに復帰するんでしょうか?

今回は、ロシアワールドカップ後にメキシコリーグ・パチューカとの契約が切れる本田圭佑選手のJリーグ復帰の可能性についての特集!

もしJリーグに復帰した場合、「移籍先はどこになるのか?」

移籍先候補を予算や事情などから予想してみましたので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

本田圭佑がJリーグ復帰?その理由について

本田圭佑選手がJリーグに復帰するといわれている理由についてですが、本田圭佑選手は日本代表選手としてロシアワールドカップが最後と明言していますし、サッカー選手と並行して進めていたサッカー教室(エスティーロ)の運営に本格的に力を入れるでしょう。

ビジネスとして人脈を広げるという意味ではアメリカが候補として噂されています。

実際、オーストリア、カンボジア、ウガンダ、アメリカに進出して日本にとどまらないグローバルな活躍をしています。

最大のサッカースクールとなっていてエスティーロの拠点となっているのは日本ですし、海外進出も日本の商社からのバックアップを受けているのでやはり、本田圭佑選手の価値が一番評価されてる国は日本なんでしょうね。

というわけでエスティーロと本田圭佑選手は、日本と切っても切れない関係で結ばれているといえますので、ロシアワールドカップ後に引退する?って声もありますが、Jリーグ復帰の可能は十分にあると思います。

また、本田圭佑選手はJリーグで大活躍して海外に行ったわけではないのにも関わらず、国内組の選手に対して早く海外に出るように発言したり、「日本の選手は環境に甘えている」と実質Jリーグに対して苦言を呈しているような発言で反感を買ったこともありますのでJリーグで実際どれだけ活躍できるのか?

という姿を見せることで男を上げることが出来るでしょう!

また、Jリーグ関係者も「夏に5~6人の大物選手が来る」とのコメントもありましたのでDAZNマネーで潤ってきているJリーグが積極的に獲得に動くことは間違いないといえるでしょう。

Jリーグの移籍先候補

それでは、本田選手がJリーグに復帰した場合の候補先のチームを予想していきます。

浦和レッズ

チーム幹部が「客の呼べる選手を獲る」と明言している浦和レッズは、監督が解任となり新たにチーム作りをしている最中なので本田圭佑選手のような影響力の強い選手が入ってきたとしても問題ない状況。

とくに右サイドの人材不足が深刻なので補強ポイントとも合致。

声をかけるのは確実だと思います。

資金的にも昨シーズンのアジアチャンピョンズリーグ優勝賞金(5億円)とラファエルシルバ選手の移籍金(推定10億円)を使い切っていないですし資金的な余裕があることも可能性が高いといえる理由です。

CHECK2018年版・浦和レッズ予想スタメン・フォーメーション

ヴィッセル神戸

親会社の楽天(楽天モバイル)のコマーシャルに出演している本田圭佑選手。

ヴィッセル神戸自体がポドルスキ選手、ティーラトン選手などスター選手を欲しがるチームなのかなと。

フォワードを獲得しすぎて中盤のパスの出し手がいないチーム事情を考えると獲得に動いても全く不思議はないですし、本田圭佑選手獲得は広告効果が高いので資金は親会社が負担してくれるでしょう。

CHECK2018年版・ヴィッセル神戸予想スタメン・フォーメーション 

名古屋グランパス

TOYOYAが主導して昨シーズンブラジルリーグMVP&得点王のジョーを獲得したと伝えられている名古屋グランパス。

親会社の資金力はJリーグトップなので問題なし。

中盤のタレント不足に問題を抱えていて戦力としても本田圭佑選手を必要とする可能性は高いですね。

本田圭佑選手の古巣であることも獲得へ動く理由の一つとなるでしょう。

CHECK2018年版・名古屋グランパス予想スタメン・フォーメーション 

北海道コンサドーレ札幌

本田圭佑選手がACミランを退団したタイミングでも声をかけたことを社長が明言しており、ネームバリューがある選手には、とりあえず声をかけてきたコンサドーレは実際に不可能と思われた小野伸二選手、稲本潤一選手の獲得に成功。

また、タイのメッシことチャナティップ選手をが活躍していて過去にベトナムの英雄レコンビン選手、インドネシアのベッカムことイルファン選手が所属。

東南アジアで抜群の知名度とコネクションを誇ることは運営会社が東南アジアに進出している本田圭佑選手と利害が一致するポイント。

戦術的には本田圭佑選手が好むパスサッカーを志向するペトロヴィッチ監督であること、3-4-3のツーシャドーの右のポジションに適性があることもプラスに作用するでしょう。

資金力に難はありますが、本田圭佑選手を獲得することを条件にスポンサードを取り付けることが出来れば可能性はありそうです。

2018年版・北海道コンサドーレ札幌予想スタメン・フォーメーション 

最後に

いかがでしたか?

今回は、本田圭佑選手のJリーグ復帰の可能性について特集してみました。

本田圭佑選手の移籍先としては「アメリカメジャーリーグサッカー」か「Jリーグ」の声が多いですが、Jリーグファンとしては、Jリーグに帰ってきて盛り上げてほしいですね。

また、本田圭佑選手が引退後に何を目指しているのか探るうえでも次の移籍先は興味深い選択となりそうです。

ロシアワールドカップ後も本田圭佑選手の動向から目が離せません。