今回は、2018年シーズンは川崎フロンターレからベガルタ仙台へ期限付き移籍してプレーすることになった板倉滉選手の特集!

東京オリンピック世代の有望株のプレースタイルをチェック!

将来の日本代表入りの可能性について考えてみました。

また、出身高校や彼女、妹のことなどプライベートな情報についてまとめてみましたので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

板倉滉は彼女いる?妹は誰?

186cmの長身イケメンの板倉滉選手。

当然、気になるのは彼女の情報ですよね?

ネット上をいろいろと探してみましたが・・・

現在のところ彼女に繋がる有力な情報はありませんでした。

ちなみに川崎フロンターレのホームページからの情報ですが、板倉滉選手の好きな女性芸能人は有村架純さんと、石原さとみさん。

好きな女性のタイプは優しくて大人な人。

彼女に作って貰いたい料理はカレー、ハンバーグ、パスタ。

初恋は小学校の同級生でかわいい系の女性が好きだそうです。

流石は企画力に定評がある川崎フロンターレ!

情報が豊富です。

また、板倉選手には1人さんがいて、よくネットで調べられているようですね。

ただ、妹さんは一般の方ですので詳しい情報はありません。

流石の川崎フロンターレも妹さんの情報は出していませんでした。

個人情報ですから当然ですね。

プレースタイルをチェック

それでは板倉滉選手のプレースタイルを紹介します。

ポジションはボランチ、サイドバック、センターバックをこなす守備のユーティリティプレイヤー。

個人的にはボランチが一番適性があると思っています。

2018年シーズンの開幕戦でゴールを決めていますので動画をご覧ください!

身体能力の特徴は

・186cmの長身
・ジャンプ力
・スタミナ

が挙げられます。

パワーとスピードに関しては優れているとはいえないのかなというのが個人的な印象ですが、まだ21歳で体つきも子供っぽいところがあるのでこれからトレーニング次第では伸びてくるでしょう!

攻撃面での特徴は

・ビルドアップ能力
・ヘディング

が挙げられます。

とくにビルドアップ能力は、川崎フロンターレというショートパスをこれでもかというぐらい繋ぐチームでプレーしていたので止める、蹴るの技術が高く、いちいち視線をボールに落とさないので視野も広いです。

中村憲剛選手、大島僚太選手、エドゥアルド・ネット選手とポジション争いをしてきたのでビルドアップ能力は高いです。

長身選手でビルドアップ能力が高い選手は日本では少ないので希少価値が高いですね。

守備面では

・空中戦の強さ
・ボールへの寄せの鋭さ

が挙げられますが、まだまだ、川崎フロンターレ自体があまり守備に重きを置かないチームですから鍛えられるところはたくさんあると思います。

ベガルタ仙台でもU23日本代表でもセンターバックで起用されているので守備に関しては向上していってくれるでしょう。

出身高校とユース時代

板倉滉選手の出身高校は、神奈川県立川崎北高等学校です。

しかし、板倉滉選手はユース出身なのでサッカー部には所属していません。

小学校4年生から川崎フロンターレの下部組織に所属。

U-15を経てU-18ではキャプテンを務めました。

川崎フロンターレユースの最高傑作と称される三好康児選手と同期で育成年代から日本代表常連だった三好選手に対して板倉滉選手はプロ入りするまで世代別代表に選ばれた事はありませんでした。

しかし、川崎フロンターレに入団してからは、板倉滉選手も評価を高め川崎フロンターレの将来を担う逸材として期待されています。

天才型というよりは努力型ですね。

日本代表について

そんな板倉滉選手の将来的な日本代表選出は十分あり得ると思います。

まず、板倉滉選手は、4バックでも3バックでも対応できますし、センターバックでもボランチでもサイドバックでも複数のポジションでプレーできます。

また、日本代表は他の国と比較すると平均身長で劣るのでセットプレーの高さで負けてしまうという弱点を慢性的に抱えているんですが、板倉滉選手が入るならセットプレーのときは頼もしいですね。

また、ビルドアップ能力の高さも遠藤保仁選手以降の日本代表には、ゲームメイカータイプの選手がいないので他の全ての選手で補っていくことになるでしょう。

それが世界的なトレンドでもあります。

板倉滉選手は守備の選手ですが、縦パスを入れる能力や次の展開を読んでどちらの足に出すかまで考えたパスを出せるビルドアップ能力の高さがあるので日本代表でも必要とされる能力を持っていると思います。

ポジションはどこというよりどこでもできる守備のユーティリティプレイヤーとセットプレー要員として板倉滉選手のようなタイプはニーズがあると思うので期待したいですね。海外の選手相手にパワー、スピードで対抗できるように成長していって欲しいところ。

最後に

いかがでしたか?

今回は、ベガルタ仙台の板倉滉選手の特集でした。

ポテンシャルの高い選手で、もっとロングフィード能力と球際の強さがついてくると海外でも日本代表でも活躍できる選手となると思います。

東京オリンピックでも活躍が期待される選手ですからこれからも板倉滉選手から目が離せないですね。