J3リーグ優勝・順位予想2018

J3リーグ優勝・順位予想2018!

ということで、今回は2018年シーズンJ3順位・優勝予想してみました!

個人的な注目チームについても紹介していきます。

J2昇格の有力候補を分析してみましたので最後までご覧ください!!

スポンサーリンク

J2・J3の入れ替えについて

それでは、J3のレギュレーションについて紹介します。

J3で優勝したチームはJ2に自動昇格、2位のチームはJ2の21位のチームとの入れ替え戦に回ることになります。

J4がないので降格はありません。

また、ガンバ大阪、FC東京、セレッソ大阪のBチームにあたるU-23チームが参加しているのもJ3の特徴。

昨シーズンはFC東京U-23で久保建英選手のJリーグ史上最年少ゴールが話題となりましたね。

日本サッカーの未来を担う若手選手を見られるのもJ3の魅力です。

J3リーグ順位予想2018!優勝チームは?

それでは、J3の2018の順位予想、優勝チームを予想してみました。

1 ギラヴァンツ北九州
2 FC琉球
3 鹿児島ユナイテッドFC
4 AC長野パルセイロ
5 ブラウブリッツ秋田
6 ザスパクサツ群馬
7 藤枝MYFC
8 カターレ富山
9 アスルクラロ沼津
10 福島ユナイテッドFC
11 SC相模原
12 ガイナーレ鳥取
13 セレッソ大阪U−23
14 Y.S.C.C.横浜
15 グルージャ盛岡
16 ガンバ大阪U−23
17 FC東京U−23

優勝予想はギラヴァンツ北九州。

ツエーゲン金沢をJ3優勝に導いた森下仁之監督が就任してプレシーズンマッチでもJ1コンサドーレ札幌を圧倒するなど調子の良さを垣間見せています。

素晴らしいスタジアムを持ち森下監督の攻守に積極的にアクションするスタイルは魅力的。

昨シーズン優勝のブラウリッツ秋田も注目したいですが、残念ながらスタジアム基準を満たしていないため2018年シーズンもJ2に昇格することはできません。

新スタジアムの建設も含めて2019年以降の昇格を検討しているとのことです。

目標が定めにくい状況でモチベーションを維持するのは難しいと思うので2018年シーズンは順位を落とすと予想。

秋田の他にもグルージャ盛岡、福島ユナイテッドFC、Y.S.C.C.横浜、SC相模原、藤枝MYFC、アスルクラロ沼津の7チーム。また、FC東京U-23、ガンバ大阪U-23、セレッソ大阪U-23も昇格の権利を持ちません。

これらのチームは順位的にも下の方になってくると思います。

注目はライセンスを新たに取得したFC琉球と鹿児島ユナイテッドFC。

FC琉球は、昨シーズン過去最高となる6位。J1基準のサッカー・ラグビー用スタジアムを建設する動きがあるのでJ2に上がりたいですね。

フロントも勝負のタイミングだと考えていると思います。
鹿児島ユナイテッドは2014年にヴォルカ鹿児島とFC KAGOSHIMAを統合してできた新しいチームで2017年は三浦泰年新監督を迎えて4位と躍進。

J2ライセンスを取得して昇格へのモチベーションが上がった今シーズンは、さらなる飛躍が期待できます。

J2から降格してきたザスパクサツ群馬は経営面でいろいろと問題があるようで一枚岩になれていない印象。
このままでは、J3に定着してしまうのではないでしょうか。

注目したいチームをチェック

それでは、2018年J3の個人的注目チームを紹介していきます。

ギラヴァンツ北九州

ミクニワールドスタジアム北九州がオープンして2年目を迎えるギラヴァンツ北九州。

待望のサッカー・ラグビー用スタジアムでピッチとの距離の近さやオーシャンビューの客席は観戦環境として魅力十分。

J1の多くのクラブでも羨ましがるスタジアムとなっているので「良いスタジアムが出来ればチームが強くなる」という事例となって、他地域の日本のサッカースタジアム建設の流れを後押ししてほしいところ。

北九州という100万人都市で隣に福岡市という強力なライバルがいて日本でも有数のダービーマッチとなる可能性を秘めていることを考えても「昇格しなきゃ困るチーム」早くJ2に戻ってきてほしい!

今シーズンは、森下仁之新監督を迎えました。

ツエーゲン金沢時代にはJ3優勝から翌年にJ2で上位進出していますので、J2に昇格した後、J1をそのまま目指せるチームを作ってくるでしょう。

4-4-2のコンパクトで鋭いゾーンディフェンスからボールを奪いカウンターにつなげる攻撃的な守備が得意な監督であり、育成年代での実績も豊富でただ勝つだけではなく選手の能力を引き上げることも得意な監督といえます。

また、ギラヴァンツ北九州はフェアプレー精神を掲げて治安の悪い都市というイメージを払拭したいという方向性から、ファウル数やカードを減らすことを目標にしていた(今もしている?)時期もあります。

それは、スポンサーや行政向けには良いことですが、サッカー的には三浦泰年監督時代のガツガツしていたギラヴァンツ北九州が一番魅力的だったと個人的には思います。

地域性には良い部分、悪い部分があって表裏一体。

激しい対人プレーと汚いプレーは別であり、北九州は九州男児らしく激しいプレミアリーグのようなサッカーを目指したほうが上手くいく気がしますし森下監督はそういった戦うサッカーにうってつけの人材ですので期待したいです。

AC長野パルセイロ

ギラヴァンツ北九州と同様に2015年にサッカー用スタジアムである長野Uスタジアムが完成。

AC長野パルセイロ・レディースはなでしこ1部リーグに昇格するなどスタジアムのメリットを活かせていますが、男子はなかなかJ2に昇格できません。

同じ長野県の松本山雅と強烈なライバル関係であり、信州ダービーの実現が望まれてきましたが、長野がJ3にとどまっていて実現できずにいます。

ギラヴァンツ北九州と同様に3部にいるチームのはもったいないチームだと思うので期待したいと思います。
浅野哲也監督就任2年目となり勝負の年です。

個人的には監督人事が間違っているというのがJ2に昇格できない理由だと思っていて2018年も浅野監督では厳しいと考えて4位予想にしましたが予想を覆してほしいと思います。

FC琉球

サッカー専用スタジアムの建設を予定しているFC琉球。

沖縄は地域愛に溢れていて、特にアジアからの観光産業がこれから伸びてくるのは間違いないのでグローバルスポーツとしても地域密着型スポーツとしてもサッカーは沖縄で大きな可能性があると思います。

スタジアムができた年にJ2に上がっておくことで、J1を目指せるチームにジャンプアップできるのではないでしょうか。

金鍾成監督のもとでショートパス主体でボール保持もしつつ崩していくスタイルが定着してきていますが、気温の高さを考えるとボールを動かすことで相手を動かしてスタミナの削りあいで優位に立つスタイルは間違っていないでしょうね。
ボールは疲れません。

2018年シーズンは大宮アルディージャから播戸竜二選手が加入。

勝者のメンタリティを植え付けてくれるでしょう。

J2ライセンスも取得して明確にJ2昇格を狙いにいくシーズンとなりますので注目です。

Jリーグ2018!J1・J2・なでしこ順位予想

Jリーグ順位予想2018!優勝チームは?全18チームの戦力を分析!

J2リーグ優勝・順位予想2018!昇格条件についてもチェック!

女子サッカーなでしこリーグ(1部)優勝・順位予想2018!
 

最後に

いかがでしたか?

今回はJ3の順位予想特集でした。

昨シーズンからスカパーからDAZNに放映権が移りこれまでスカパーのJリーグセットに加入している人しか見ることが出来なかったJ3ですがDAZN加入者はJ3を全員見ることが出来るようになったことで欧州サッカー、野球、格闘技、モータースポーツなど他スポーツのファンもJ3を見ることが出来るので目に触れる機会が圧倒的に増えることになります。

J3がもっと盛り上がることでJ1に上がれなくてもいいからJリーグを目指すチームを作ってみようというという動きが増えてくるといいですね。