名古屋グランパスエイトスタメン予想2018

今回は、名古屋グランパスの2018年シーズンの予想スタメンを紹介していきます!

2017シーズンは風間監督を迎えて、パスサッカーを志向するも風間革命は、道半ばといったところ。

なんとかプレーオフでJ2から這い上がり最後の最後で地力を見せたシーズンでした。

2018年の名古屋グランパスは大型補強も敢行し、一体どんな1年となるのでしょうか?

オフシーズンの動きを踏まえて予想してみましたので是非、最後までご覧ください!

スポンサーリンク

名古屋グランパス2018!スタメンメンバーを予想!

それでは、名古屋グランパスの2018年シーズンのスターティングメンバーを予想していきます!

GK

ランゲラク

オーストラリア代表ゴールキーパーでボルシア・ドルトムントで香川真司選手とチームメイトだったランゲラク選手を獲得したのでレギュラーは決まりでしょう。

2017シーズンは楢崎正剛選手、武田洋平選手がポジション争いをしましたが、ゴールキーパーのポジション争いは今シーズンは無さそう。

DF

和泉竜二
櫛引一紀
新井一耀
宮原和也

センターバックは2017シーズンレンタル移籍で加入した櫛引一紀選手(コンサドーレ札幌)と新井一耀選手(横浜マリノス)を完全移籍で獲得しているので信頼している証拠です。

新井選手は怪我で開幕は厳しいですが、復帰したら中心選手になってくるでしょう!

宮原和也選手、ワシントン選手もセンターバックができますが他のポジションで使いたいので外しました。

右サイドバックはこちらも2017シーズンレンタル移籍加入で今シーズン完全移籍でサンフレッチェ広島から獲得した宮原和也選手がレギュラーポジションに近い存在。

左サイドバックは人材難で本職ではない和泉竜二選手が2017シーズンは務めることが多かったですが左サイドバックを獲得していないので状況は変わらないかと思います。

センターバックの櫛引選手が左サイドバックをやる試合もありましたが、あまり良い印象はないですね。

MF

小林祐紀
ワシントン
青木亮太
ガブリエル・シャビエル

ボランチは2017シーズンの中心だった田口泰士選手がジュビロ磐田へ移籍したことで小林祐紀選手、ワシントン選手のコンビと予想。

小林祐紀選手は2017シーズンのレギュラーでしたから決まり。

他の候補は和泉竜二選手、八反田康平選手です。

J1では相手にボールを持たれる時間が長くなると予想できるのでボールを奪い返す能力があるワシントン選手が有利か。

また、外国人選手としてフラメンゴやポルトガルのベンフィカでプレイ したアイウトン選手の獲得も噂になっていますので加入したらボランチに入るでしょう!

攻撃的ミッドフィールダーは2017シーズンブレイクして昇格の立役者となったガブリエル・シャビエル選手は決まり。

青木選手も2017シーズンブレイクしたのでこのポジションは2017シーズンのままでいいでしょう。

FW

ジョー
佐藤寿人

ブラジルリーグの2017シーズンのMVPで得点王のジョー選手が15億円の移籍金で加入したのでポジションを取るでしょう。

相方候補はベテランの佐藤寿人選手と玉田圭司選手。

玉田圭司選手は、まだ契約がまとまっていないので佐藤寿人選手にしました。

スポンサーリンク

名古屋グランパス2018!基本フォーメーションを予想!

それでは、名古屋グランパスの2018年の基本フォーメーションを予想していきます。

システムは4-4-2!
名古屋グランパスエイト・フォーメーション2018

2017シーズンに採用する試合が多かったことが理由ですが風間監督は相手によって3バックに変更するのであまりシステムにこだわりはないチームです。

選手配置は4バックは左から和泉選手、櫛引選手、ワシントン選手、宮原選手。

ダブルボランチは小林選手とワシントン選手。

2017シーズンは小林選手が右に入ることが多かったので小林選手が右、ワシントン選手が左となりますが、ワシントン選手がいると試合中にディフェンスラインに入り3バックに出来るのでその点でも貴重。

右サイドハーフはガブリエル・シャビエル選手にしましたが左でも問題なくプレーできます。

右サイドハーフに青木選手を入れましたが青木選手は右サイドの方が生きるのかなと感じますのでこの並びにしました。

ツートップはジョー選手が右、佐藤寿人選手を左にしました。

ジョー選手は左サイドからのセンタリングにファーで合わせるのが得意なので右に置きましたが、ここ二人は常に流れの中でポジションを変えていくと思います。

キーマンは?

2018年の名古屋グランパスのキーマンはというとやはりジョー選手!

ワールドクラスの得点力を持っている選手であることは間違いないんですが、風間監督のように細かくショートパスを繋ぐスタイルは特殊でジョー選手も初めてだと思うのでチームスタイルにフィットすれば2017シーズンのセレッソ大阪のように昇格プレーオフから昇格して翌年タイトルを狙えるチームになると思います。

ジョー選手がフィットする方法は最前線でボールを待ち続けることだと個人的には思っています。

なぜなら、ジョー選手がもうラストパスが欲しい場面でも、作り直したり、さらに狭い所から崩していくというシーンが多くなるでしょうからどこまでチームに合わせてストレスを溜めずにプレーできるかが課題となるでしょう!

CHECKジョー(サッカー)のプレースタイル!年俸は?ブラジル代表時代も! 

他のJ1チームスタメン・フォーメーション予想

>>川崎フロンターレ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>鹿島アントラーズ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>セレッソ大阪予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>柏レイソル予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>横浜F・マリノス予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>ジュビロ磐田予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>浦和レッズ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>サガン鳥栖予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>ヴィッセル神戸予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>ガンバ大阪予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>北海道コンサドーレ札幌予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>ベガルタ仙台予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>FC東京予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>清水エスパルス予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>サンフレッチェ広島予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>湘南ベルマーレ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>V・ファーレン長崎予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

最後に

いかがでしたか?

今回は名古屋グランパスの2018年シーズンの特集でした。

昇格チームですが、強化費的にはJ1トップクラスですし降格争いはしそうもないかなと思います。

数年後はJ1でビッグクラブになっている可能性があるチームだと思うので注目ですね!