横浜F・マリノススタメン予想2018

今回は、横浜Fマリノスの2018年シーズンの予想スタメンを特集していきます!

2017年シーズンは中村俊輔選手など主力クラスの選手が大量に抜けながらも世代交代したメンバーをモンバエルツ監督が率いて5位でフィニッシュ。

天皇杯も準優勝するなどアジアチャンピョンズリーグの出場権こそ逃しましたが大健闘といっていい結果となりました。

2018年シーズンは謎の監督交代で元オーストラリア代表監督ポステコグルーを新監督に迎えます。

監督交代の理由は定かではないですが横浜Fマリノスは2018年を一体、どんなフォーメーション・メンバーで新シーズンを戦うのでしょうか?

オフシーズンの動きを踏まえて予想してみましたので是非、最後までご覧ください!

スポンサーリンク

横浜Fマリノス2018!スタメンメンバーを予想!

それでは、横浜Fマリノスの2018年シーズンのスタメンを予想していきます!

ポステコグルー監督はどんなメンバーを選ぶのでしょうか?

GK

飯倉大樹

シュートセーブ率が高く、ビルドアップ能力も高い飯倉選手が2017シーズンに続いてゴールマウスを守るでしょう。

一方で身長が低くハイボール処理に不安定という弱点もありますね。

DF

山中亮輔
中澤佑二
デゲネク
松原健

2017シーズンと同じ4人ですね。

2018年シーズン限りで引退といわれている中澤佑二選手とオーストラリア代表でポステコグルー監督とプレーしたデゲネク選手のセンターバックコンビは怪我がなければ鉄板。

サイドバックは2017シーズンのレギュラー山中選手、松原選手に加えて、下平匠選手、金井貢史選手もレギュラーを狙います。

MF

天野純
中町 公祐
ユン・イルロク
遠藤渓太
バブンスキー

ボランチは天野純選手、中町公祐選手、喜田拓也選手、扇原貴宏選手

CHECK扇原貴宏の嫁や子供は?年俸やプレースタイルに代表についても 

サイドハーフは斎藤学選手が2017年10月に靭帯を故障で全治8か月の大怪我を負ったので開幕戦は厳しそうと思いきや、川崎フロンターレに移籍が決まったので、代わりに東京オリンピック世代の遠藤渓太選手に期待しましょう。

また、新加入の大津祐樹選手が左サイドハーフに入る可能性もありますね。

またマルティノス選手が浦和レッズへ移籍したので代役として獲得した韓国代表ユン・インロク選手もスタメンを取りそうですね。

トップ下はバブンスキー選手、天野純選手に加えて若手の山田康太選手、和田昌士もポジションを争いに入るかもしれません。

FW

ウーゴ・ヴィエイラ

富樫敬真選手がFC東京に移籍したのでフォワードはウーゴ・ヴィエイラ選手と伊藤翔選手の争いに加えて新加入の大津祐樹選手の3人がレギュラー候補となります。

スポンサーリンク

横浜Fマリノス2018!基本フォーメーションを予想

それでは、新監督ポステコグルー氏を迎える横浜Fマリノスの基本フォーメーションを予想していきます!
横浜F・マリノス・フォーメーション2018

今回は、2017シーズンと同じ4-5-1で考えてみました。

ポステコグルー監督はオーストラリア代表を指揮していた時は3バックを使っていましたが、インタビューでは、システムに拘らないとコメントしているので横浜Fマリノスの選手の適性から考えると4バックにするのではないでしょうか。

また、前任のモンバエルツ監督もポステコグルー監督も横浜Fマリノスが傘下に入っているマンチェスターシティ・フットボール・グループの繋がりで就任が決まっており、横浜Fマリノスは、監督が誰になろうとプレーにおける原則はシティ・フットボール・グループのメソッドを取り込んでいるために2017シーズンと変わらないサッカーになるという見方も出来ると思います。

選手の並びは画像の通りです。

4バックは左から山中選手、デゲネク選手、中澤選手、松原選手

中盤は左から遠藤選手、天野選手、中町選手、ユン選手

トップ下にバブンスキー選手

フォワードにウーゴ・ヴィエイラ選手です。

トップ下のバブンスキー選手を外して2トップもアリかもしれませんね。

ウーゴ・ヴィエイラ選手、伊藤翔選手、大津祐樹選手は2トップ向きのフォワードだと思います。

キーマンは?

2018年シーズンの横浜Fマリノスのキーマンは、ウーゴ・ヴィエイラ選手です。

2017シーズンは、前所属先で練習態度に問題があったとの報道もあり、ウーゴ・ヴィエイラ選手に懐疑的な見方もありました。

確かにプレーを見る限り気分屋で熱くなりやすいところはありますが、問題児という感じはなく10得点とまずまずの結果を残しました。

本人が日本文化を絶賛していて、気持ち良くプレー出来ていることが、プレーに繋がっているようです。

点取り屋として随所に天性のセンスを見せるので2018年シーズンは10点以上取れるのではないでしょうか?

チームが掲げる優勝という目標達成のためには、ウーゴ・ヴィエイラ選手が20得点くらい取ることが必要だと思いますね。

最後に

いかがでしたか?

今回は横浜Fマリノスの2018年シーズンのスタメン・フォーメーションを予想してみました。

2017年に中村俊輔選手
2018年に斎藤学選手

と10番でチームの顔を2年連続で放出したドライなチーム編成はシティ・フットボール・グループの考え方が透けて見えますね。

2017シーズンの躍進がモンバエルツ監督の手腕によるものだったのか、シティ・フットボール・グループの力なのかは2018年シーズンの結果によって判明すると思いますし、ヨーロッパのビッグクラブが持っているノウハウから吸収できることはたくさんあるでしょうからJリーグ全体に好影響を与えて欲しいと思います!

2018年シーズンの横浜Fマリノスは要注目!