鹿島アントラーズスタメン予想2018

今回は、鹿島アントラーズの2018年シーズンの予想スタメンを紹介していきます!

2017年シーズンは最終節にジュビロ磐田と引き分けて川崎フロンターレに逆転優勝を許しましたが
勝ち点は同じでした。

得失点差に泣いたシーズンでしたね。

2018年、常勝軍団鹿島アントラーズはどんなフォーメーション・メンバーで新シーズンを戦うのでしょうか?

オフシーズンの動きを踏まえて予想してみましたので是非、最後までご覧ください!

スポンサーリンク

鹿島アントラーズ2018!スタメンメンバーを予想!

それでは、2018年シーズンの鹿島アントラーズのスターティングメンバーを予想してきます!

無冠に終わった2017年シーズンの鬱憤をはらすことは出来るのでしょうか。

今シーズンもアジアチャンピョンズリーグにも参戦するので厚い選手層が必要となりますね。

GK

クォン・スンテ

2017シーズン加入した韓国代表ゴールキーパーは、曽ケ端準選手からポジションを奪いましたが、夏場に怪我で離脱してしまいました。

ロシアワールドカップに向けた韓国代表は正ゴールキーパーが誰かまだはっきりしないのでクォン・スンテ選手のモチベーションは高いでしょう!

曾ヶ端選手もベテランの意地を見せてほしいですね。

序盤戦はアジアチャンピョンズリーグもあるので、2017シーズン同様に二人のキーパーを入れ替えながら徐々に正ゴールキーパーを決めていく流れになると思いますがシュートストップに安定感があるクォン・スンテ選手がポジションを取ると予想します。

DF

内田篤人
昌子源
植田直通
山本脩斗

CHECK昌子源の嫁や子供は?姉の画像や父も調査!プレースタイルと評価も 
CHECK植田直通の彼女や姉妹は?海外移籍やプレースタイルについても! 

右サイドバックは日本代表の西大伍選手が怪我で序盤戦には間に合わないということですからブンデスリーガ2部ウニオン・ベルリンから復帰した内田篤人選手がポジションを奪うと予想します。

大怪我で3年ほど試合に満足に出場していないことも考えると全盛期のプレーを求めるのは酷ですが、ヨーロッパチャンピョンズリーグで最も多くの試合に出場した日本人選手でシャルケ以上のビッグクラブに移籍してもおかしくない実力を持っていましたから。

ロシアワールドカップへの逆転メンバー入りも期待してしまいますよね。

内田篤人選手は2018年シーズンのJリーグで最も話題性のある選手だと思うので復活への期待も込めてスタメン予想です。

内田篤人選手が怪我で駄目だった時は伊東幸敏選手か安西幸輝選手の若手二人が右サイドバックに控えます。

センターバックはおなじみの日本代表コンビ昌子源選手、植田直通選手で組むでしょう。

二人とも海外移籍を望んでいるという報道もありましたが残留を選択したみたいですね。

ロシアワールドカップもありますしリスクを避けた印象もありますからワールドカップが終わってからの夏の移籍市場での海外移籍もあり得ますのでサブのセンターバックを確保したいところ。

しかし、ブエノ選手は徳島ヴォルティスに期限付き移籍。

清水エスパルスで主軸だった犬飼智也選手を獲得しましたが、選手層は薄いかもしれませんね。

若手の町田浩樹選手の成長に期待したいところ。

左サイドバックは昨シーズンに続いて山本脩斗選手がポジションを取りそうです。

MF

レオ・シルバ
三竿健斗
レアンドロ
中村充孝

CHECK三竿健斗の彼女は?帰国子女で英語ペラペラ?兄とスパイクに一発芸も調査 

ボランチは激戦区でレオ・シルバ選手、三竿健斗選手、小笠原満男選手、永木亮太選手とJリーグトップクラスがずらり。

ローテーションさせながら戦っていくでしょうが、昨シーズン大岩監督が抜擢してブレイクした三竿健斗選手と段違いの存在感があったレオ・シルバ選手をスタメンにしました。

小笠原満男選手も年齢的な理由からか90分フル出場はしんどくなってきましたが時間限定ならまだまだ活躍できるでしょう。

攻撃的ミッドフィールダーも熾烈なポジション争いとなりそうで大岩監督が気に入っているレアンドロ選手に加えて長年中心選手として君臨してきた技巧派レフティー遠藤康選手。

カットインドリブルからのスルーパスなどバイタルエリアでのアイデアが豊富な中村充孝選手に東京オリンピック世代の有望株安部裕葵選手。

日本代表に選出された土居聖真選手もフォワードとサイドハーフで起用できますから誰が出ても凄いメンバーですね。

2017シーズン大岩監督に交代してから出場機会を伸ばしたレアンドロ選手、中村充孝選手の二人はサイドハーフがペナルティーエリア内に飛び出していく大岩監督の目指すスタイルに合致していると思うのでこの二人を選択!

FW

金崎夢生
土居聖真

CHECK金崎夢生の彼女や結婚の噂は?性格とプレースタイルに年俸についても 

フォワードはエース日本代表の金崎夢生選手が10番を背負うことが決定。

名実ともにエースの座は揺るぎません。

もう一人のポジションを日本代表土居聖真選手、ペドロジュニオール選手、鈴木優磨選手、金森健志選手で争うことになりそうです。

金崎夢生選手との相性では土居聖真選手、鈴木優磨選手が良いですね。

先発で土居聖真選手、スーパーサブとして鈴木優磨選手をベンチに置いておくのが個人的には一番だと思いますが、個人能力が高くて一発で仕留める力があるペドロ・ジュニオール選手を諦めきれない監督の気持ちも分からなくはないですね。

スポンサーリンク

鹿島アントラーズ2018!基本フォーメーションを予想

2018シーズンの鹿島アントラーズのフォーメーションは伝統の4-4-2で決まりでしょう。

鹿島アントラーズ・フォーメーション2018

昨シーズンはシーズン途中に石井元忠監督から大岩剛監督にチェンジして若干戦術的に変更がありました。

三竿健斗選手をビルドアップ時にディフェンスラインに落として3バック化してサイドバックが高いポジションを取りサイドハーフが中へカットインするパターンを作りました。

ただし、基本システムは鹿島アントラーズの代名詞でもある4-4-2のまま。

サイドハーフが中に入ってきたときに渋滞にならないように気を利かせてサイドに流れることが出来る土居聖真選手とディフェンスラインに入ることが出来る三竿健斗選手は戦術的にキープレイヤーとなっています。

4バックは左から山本脩斗選手、昌子源選手、植田直通選手、内田篤人選手

2列目は左から中村 充孝選手、レオ シルバ選手、三竿健斗選手、レアンドロ選手

2トップは金崎夢生選手と土居聖真選手という並びになるでしょう。

キーマンは?

鹿島アントラーズの2018年を占う選手は内田篤人選手!

CHECK内田篤人はロシアワールドカップに出場できる?日本代表復帰の可能性は? 

理由はというと2017シーズンの最終節。

試合中に西大伍選手が負傷交代すると一気にペースが崩れてジュビロ磐田相手に攻め切れませんでした。

右サイドバックで起点としてボールの逃げ場となり供給元にもなれるビルドアップ能力はJリーグでもナンバーワンといえる西大伍選手の代えがいないことは怪我で離脱する序盤戦の鹿島アントラーズに大きなダメージは避けられません。

なので、内田篤人選手が本来のパフォーマンスをするなら西大伍選手の代わりどころか上回ったプレーを見せてくれるでしょう。

元々、内田篤人選手が海外に移籍した後に後釜として獲得したのが西大伍選手でしたから西大伍選手の代わりを務められる最適な選手を完璧なタイミングで補強しましたね。

話題性も抜群ですが、チームとして必要なタイミングでレジェンドを呼び戻すところも含めて鹿島イズムを垣間見た気がします。

必要ないのに獲得に動くのは相手に失礼ですからね。

他のJ1チームスタメン・フォーメーション予想

>>川崎フロンターレ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>セレッソ大阪予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>柏レイソル予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>横浜F・マリノス予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>ジュビロ磐田予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>浦和レッズ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>サガン鳥栖予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>ヴィッセル神戸予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>ガンバ大阪予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>北海道コンサドーレ札幌予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>ベガルタ仙台予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>FC東京予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>清水エスパルス予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>サンフレッチェ広島予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>湘南ベルマーレ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>V・ファーレン長崎予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>名古屋グランパス予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

最後に

いかがでしたか?

今回は2018年の鹿島アントラーズの予想スタメン・フォーメーションについて取り上げてみました。

なんといっても内田篤人選手の話題が多くなる年だと思いますが、鹿島アントラーズは勝利至上主義なところがありますし、鹿嶋市の人口も6万人ですから、のどかなところで集中して練習するチームです。

チームとして練習場にメディアやファンが殺到するようなスターの存在がマイナスに作用する部分もあるかもしれませんね。

ただし、プロなら注目されることも大事ですから注目度をプラスにしてタイトル奪還を目指してほしいなと思ってます!