ベガルタ仙台スタメン予想2018

今回は、ベガルタ仙台の2018年シーズンの予想スタメンについて紹介していきます!

日本人監督の中では戦術的に面白いサッカーをする渡辺晋監督はチームスタイルをドラスティックに変えながらも昨シーズン12位でフィニッシュ。

そんな2018シーズンのベガルタ仙台ですが、どんなフォーメーション・メンバーで新シーズンを戦うのでしょうか?

オフシーズンの動きを踏まえて予想してみましたので、是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

ベガルタ仙台2018!スタメンメンバーを予想!

それでは、ベガルタ仙台の2018年シーズンのスタメンを予想していきます!

練習では、ドローンを飛ばして真上から選手の配置を確認することで戦術理解度を高めているというほど戦術的なこだわりが凄い渡辺晋監督のサッカーに合う選手をそろえている印象を受けます。

4-4-2のゾーンディフェンスがベースで得点は外国人フォワードの個人技とセットプレーというイメージが強かったベガルタ仙台ですが、2017年シーズンは3バックに変更してチームスタイルも一変!

個人的には、最もモダンな戦術を取り入れているチームだと思っております。

渡辺晋監督が目指すポジショナルプレーとは、いるべき場所に全員がポジションを取り続けるサッカー!

勘や経験を頼りに自己判断でポジションを取る選手よりチーム戦術を理解できて相互補完的に動ける選手が重宝されるでしょう!

GK

シュミットダニエル

昨シーズンは後半戦は関憲太郎選手にポジションを奪われる試合が多かったですが、やはり、190 オーバーの日本人選手は少ないのでシュミットダニエル選手に期待したいと思います。

凡ミスも多かったですが、ミスをして経験を積むことも大事なので辛抱強く起用し続けてほしい!

2018年シーズンも関憲太郎選手とのポジション争いとなりそうです。

DF

大岩一貴
平岡康裕
板倉滉

ディフェンス金正也選手、板倉滉選手が加入して左センターバックに入ることが多かった増島竜也選手がジェフ千葉へ移籍。

左センターバックに誰が入るかは全く読めないですが、東京五輪世代の板倉滉選手に期待したいと思います。

大岩一貴選手、平岡康裕選手は昨シーズンに中心選手へと成長したのでそのままレギュラーポジションをつかむと予想します。

ベガルタ仙台のサッカーだとセンターバックは、ビルドアップ能力だけではなく、ドリブルで持ち運んだり、サイドチェンジも求められるでしょうから攻守において多彩なサッカーセンスが求められるポジション!

なかなか、ベテランでは厳しいですが、どんどん上手くなりたい若手センターバックにとっては素晴らしい環境だと思いますし、大岩選手は大きく成長しましたから層の薄いセンターバックのポジションですが若手選手の台頭に期待したいですね!

MF

庄司悦大
富田晋伍
永戸勝也
古林将太
奥埜博亮
野津田岳人

ボランチは主力だった三田啓貴選手がヴィッセル神戸へ移籍。

代役としてJ2FC岐阜の華麗なパスサッカーの中心にいた庄司悦大選手を獲得しました。

8番を渡していることから相当な期待をしていることが伺えますので庄司悦大選手を予想スタメンに入れました。

冨田選手は昨シーズン後半戦は肉離れで離脱しましたが、前半戦はレギュラーでしたし、ベガルタ仙台でのキャリアも長いので精神的にも中心的な選手だと思いますから外せないですね。

ボランチもできるシャドーポジションのベテラン奥埜博亮選手になる可能性もありますね。

川崎フロンターレから新加入のU21日本代表板倉選手はボランチが本職だと思いますがセンターバックの層が薄いのでセンターバックで起用されると予想しました。

左ウイングバックは永戸勝也選手。昨シーズンは法政大学から加入して1年目で前半戦こそ日本代表入りすらささやかれる活躍でしたが、くるぶしを負傷して後半戦は出番なし。

怪我も治るでしょうし来シーズンは中心選手としての期待がかかります。

右ウイングバックは期限付き移籍で昨シーズン加入して豊富な運動量とドリブルでの仕掛けで攻撃の起点となった古林将太選手が完全移籍で加入となりました。

監督、フロントともに評価されたということでしょうからレギュラーの可能性は高いですね。

ツーシャドーはサンフレッチェ広島からのレンタル移籍の期間を延長した野津田岳人選手とベテランの奥埜博亮選手にしました。

野津田選手はユースから育ったサンフレッチェ広島からの復帰要請を断ってのレンタル延長という憶測もありますが、ベガルタ仙台のサッカーに合っていると思いますし不思議ではないですね。

三田選手が抜けて左利きのプレイスキッカーとしても貴重な存在となるでしょう。

奥埜博亮選手は若手の西村拓馬選手との競争となるでしょうが、なんだかんだで奥埜博亮選手が開幕スタメンにいそうですね。

西村拓真選手は清水エスパルスに移籍してしまったクリスラン選手の代わりにスーパーサブとしてもいい活躍しそうです。

他にも長年ベガルタ仙台を引っ張ってきた名フリーキッカーのリャン・ヨンギ選手、新加入の阿部拓馬選手も候補となるので層の厚いポジションといえますね。

FW

石原直樹

2017シーズンチームトップの10得点を挙げた石原直樹選手は戦術的にもフィットしていて決定力があるので外せないでしょう!

2Kリーグから新加入した阿部拓馬選手をこのポジションで起用するなら石原直樹選手はシャドーで起用されることも考えられますね。

スポンサーリンク

ベガルタ仙台2018!基本フォーメーションを予想

2018シーズンのベガルタ仙台のフォーメーションは2017シーズンに引き続いて3-6-1と予想します。

ベガルタ仙台・フォーメーション2018

センターバックの補強に積極的ではないところを見ると4バックにする可能性もあると思いますが、2017シーズンと同様の3-6-1をメインシステムとして戦うのは間違いないかなと思いますね。

3バックは左から板倉選手、大岩選手、平岡選手。

大岩選手と平岡選手が逆になることも昨シーズンは多かったですし、板倉選手は中央が一番向いていると個人的には思うので
3人の並びは相手によって入れ替えていくのではないでしょうか?

ダブルボランチの庄司悦大選手と富田晋伍選手ですが、3バックの左右が結構サイドに開くので中央でのリスクマネジメントは重要ですね。

左ウイングバックの永戸選手、右ウイングバックの古林選手はサイドで一対一のシチュエーションを作ると高確率で良いセンタリングを上げてくるので高い位置でボールを受けるためにも後ろからのボールの動かし方が大事になります。

シャドーの奥埜博亮選手、野津田岳人選手は得点力があり2列目の飛び出しから点が取れるセカンドストライカーとしての才能がある選手だと思いますからボールの受け手としてプレーする機会を増やしたいですね。

石原直樹選手がハーフスペース(サイドと中央の間)に流れるのが好きなのでセンターバックが動いたところをシャドーが突くのも大事でしょう。

また、石原直樹選手の背後への動きだしを警戒された時は、野津田選手を右に置いておけば強烈なミドルシュートがあるので注目したいですね!

キーマンは?

ベガルタ仙台の2018年シーズンのキーマンは石原直樹選手!

石原直樹選手が重要と考える理由としては、いくら素晴らしい戦術と内容のサッカーをしても最終的に試合を決めるのは、決定力だからです。

戦術が細かい監督の元では、選手は頭でっかちになりがちで考え過ぎてしまいゴール前でチャンスを不意にするのは最悪!

決定機で個人でリスクをとってシュートを打つ責任が取れる選手が必要となると思います。

現在、攻撃戦術において世界最高といわれるマンチェスターシティのペップ・グアルディオラ監督でもペナルティーエリアに入ると選手の自由にやらせるみたいですから石原直樹選手のストライカーとしての才能をゴール前では爆発させて欲しいですね。

他のJ1チームスタメン・フォーメーション予想

>>川崎フロンターレ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>鹿島アントラーズ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>セレッソ大阪予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>柏レイソル予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>横浜F・マリノス予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>ジュビロ磐田予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>浦和レッズ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>サガン鳥栖予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>ヴィッセル神戸予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>ガンバ大阪予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>北海道コンサドーレ札幌予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

>>FC東京予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>清水エスパルス予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>サンフレッチェ広島予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>湘南ベルマーレ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>V・ファーレン長崎予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<
 
>>名古屋グランパス予想スタメン・フォーメーション【2018年版】<<

最後に

いかがでしたか?

2017シーズンのベガルタ仙台は44得点、53失点でしたから得点も失点も多かったですね。

失点を減らす事さえできれば、ACL圏内も見えてくると思うので渡辺監督がどう修正してくるのか楽しみですね!