Jリーグ順位予想2018

Jリーグ順位予想2018!

ということで、今回は2018年Jリーグの順位予想を行ってみました。

各クラブ、2017シーズンの闘いぶりと2018シーズンの補強ポイントをまとめて、最後に優勝候補を考えています。

そして全18チームの戦力分析についても取り上げてみました。

2018シーズンはワールドカップもあり、国内でサッカー熱が高まると思いますので日本代表を支えるJリーグにも要注目ですね!

それではご覧ください!

スポンサーリンク

川崎フロンターレの戦力分析

川崎フロンターレは2017シーズン、念願の初タイトルを獲得しました!

2018シーズンは、Jリーグの連覇だけでなく、ACLや天皇杯、ルヴァンカップなど複数タイトルを狙っていくことになるでしょう。

フロンターレの戦力を見ると、レギュラークラスはJリーグでトップレベルの陣容です。

日本代表DFの谷口選手を中心としたDF陣は安定した守備を見せるようになりました。

自慢の攻撃陣は大島選手が中盤下がり目からゲームメイクを行い、大黒柱である中村憲剛選手、家長選手がパスやドリブル突破でチャンスを量産。

加えて両SBのエウシーニョ選手、車屋選手も積極的なオーバーラップで攻撃に厚みを加え、そして最後は2017年のJリーグ得点王である小林選手が確実にゴールを収めた印象がありますね。

2018シーズンも、役者が揃えば圧倒的な魅力あるサッカーを見せてくれるはず!

そんなフロンターレの懸念事項は、ACL出場による過密日程。

1週間に2試合など、ハードな日程が続くため、ベテランの中村選手などはフル稼働を望むことはできず、どうしてもローテーションを採用せざるを得ないでしょう。

ローテーションでチーム力が大きく落ちることがないよう、バックアップ選手の底上げが必須です。

移籍の目玉として、一昨シーズンまでフロンターレに所属していた大久保選手を再び獲得しましたが、攻撃的なポジションであればどこでもこなせる大久保選手の存在は、ローテーションを考えると非常に大きいです。

更なる補強や若手の成長により、選手層をどれだけ厚くすることができるか注目!

CHECK川崎フロンターレ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】

鹿島アントラーズの戦力分析

鹿島アントラーズは2017シーズン、最終節にまさかの引き分けで順位を逆転され、悔しい2位でした。

その他カップ戦も含め、無冠に終わったことから、常勝クラブであるアントラーズにとって2018シーズンはタイトル奪還が至上命題です!

2018シーズンの戦力は各ポジションに日本代表選手を擁しており、非常にバランスの取れた陣容。

CBの昌子選手と植田選手は激しい守備と連携で鉄壁を誇ります。

中盤ではレオ・シルバ選手が抜群の守備センスで安定をもたらし、攻めにおいてはテクニシャンの遠藤選手、土居選手が決定機を演出し、ストライカーの金崎選手が貪欲にゴールを狙います。

加えて2018シーズン、ドイツから内田篤人選手が復帰!

日本代表として、またブンデスリーガや欧州CLの舞台で日常的に世界トップの選手と対峙してきた経験は、チームにとって大きな財産となるはずです。

アントラーズもACLに出場するため、過密日程が待ち受けていますが、見方を変えれば、出場機会の少ない若手にとっては公式戦に出場する機会が増えることが期待できます。

ドリブラーの安部選手、ストライカーの鈴木選手など、アントラーズには期待の若手も数多く所属しているので、そうした若手選手が試合経験と内田選手の影響を受け、大きく成長することができれば、アントラーズの戦力はより盤石なものとなるでしょう!

CHECK鹿島アントラーズ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】 

セレッソ大阪の戦力分析

セレッソ大阪の2017シーズンはJ1に復帰して最初のシーズンとなりましたが、天皇杯・ルヴァンカップの2冠を獲得する大躍進となりました。

2018シーズンはリーグ戦の優勝も視野に入れて闘いに臨むことになります。

セレッソの持ち味は、前線の選手の個人技。

チームとしての基本的な戦い方は、しっかりとして守備からの速攻になりますが、長身かつ足元の技術に優れた杉本選手、Jリーグ屈指のテクニシャンである柿谷選手、ドイツや日本代表で司令塔として活躍した清武選手、オフ・ザ・ボールの動きに優れた水沼選手、といった前線の選手が躍動することで、少ない手数でゴールを生み出します。

また守りはボランチの山口選手、ソウザ選手が危険の芽を刈り取ることで容易にチャンスを与えることはありません。

2018シーズンはJ1リーグ2年目であると共に、ACLへ出場することになります。

Jリーグでは対戦相手が2017年以上にセレッソを警戒するはず。

前線の選手にも厳しいマークがされ、2017シーズンに比べて自由なプレーはできないでしょう。

また、ACLのよる過密日程で、主力選手のコンディション調整も難しいものになるかと思われます。

更なる躍進を遂げるためには、前線の選手任せでない攻めの形を構築しつつ、主力選手を適度に休ませることができるバックアップ選手の充実が不可欠です!

先日、浦和レッズよりサイドアタッカーでドリブルや強烈なキックが武器の高木選手が加入しましたが、引き続き補強には注目ですね。

また、2017シーズンの活躍から主力選手が海外を含めた他クラブから注目を集めています。まずは主力選手の引き留めが大事になってくるかもしれません。

CHECKセレッソ大阪予想スタメン・フォーメーション【2018年版】 

柏レイソルの戦力分析

柏レイソルは2018シーズン、下部組織から昇格してきた選手と強烈な個人技を持つ外国人選手を中心としたチーム構成で、夏場には‪一時‬首位に立つなど、安定した闘いぶり。

最終的には4位となり、2018シーズンのACL出場権を勝ち取りました!

柏レイソルのサッカースタイルは、下部組織から徹底的に教え込まれる高度なボールポゼッションです。

最終ラインからでも丁寧に繋いでいく意識が徹底しており、パスミスからボールを奪われても日本代表GKの中村選手を中心とした守備で失点を防ぎます。

チームとしてボール保持を大切にする一方、圧倒的なフィジカルでの強引な突破が持ち味のクリスティアーノ選手や、ついに待望の日本代表に選出されたスピードスターの伊東選手による突破から数多くのゴールが生まれました。

レイソルのメンバーは若手が多く、2018シーズンはACLの舞台を経験することで、更なる成長が期待できるでしょう!

若手の成長をより促すため、2017シーズンに獲得した細貝選手のように、経験豊富なベテラン選手を獲得してもいいかもしれません。

CHECK柏レイソル予想スタメン・フォーメーション【2018年版】

横浜F・マリノスの戦力分析

2017シーズン、開幕前は主力選手の流出や監督と選手との不仲が囁かれたことで心配されていました。

しかし、ベテラン、中堅選手を中心に安定した闘いで、リーグ戦は上位に入り、天皇杯でも準優勝となりました。

マリノスは伝統的に堅守を誇っています。大ベテランの中澤選手も未だ健在で、チーム全体に守備意識が浸透しているので、簡単にゴールを許すことはありません。

また攻めは堅守からのカウンターとサイドからの突破が中心です。

2017シーズンは左サイドから齋藤学選手、右サイドからマルティノス選手がドリブル突破で状況を打開しました。

迎える2018シーズン、マルティノス選手がレッズに移籍、齋藤選手は川崎Fに移籍。

攻めのキーマンが不在の中、新しい攻めの構築や、新しい選手の台頭が求められます。

レイソルからドリブラーの大津選手を獲得しましたが、攻撃的な選手を補強しつつ、若手の遠藤選手などの成長を期待することになるでしょう。

また、2018シーズンより前豪州代表監督のポステコグルー氏が監督に就任。

豪州代表ではそれまでのロングボール一辺倒の攻撃からポゼッションサッカーを導入し、見事にワールドカップ本大会出場に導きました。

マリノスでの采配にも注目です!

CHECK横浜F・マリノス予想スタメン・フォーメーション【2018年版】 

ジュビロ磐田の戦力分析

ジュビロ磐田は2017シーズン、補強の目玉として元日本代表の司令塔である中村俊輔選手を獲得し、大きな注目を集めました。

チームを率いるのは、こちらも元日本代表の司令塔で、現役時はジュビロの黄金時代を支えた名波監督。

名波監督は中村選手中心のチーム構成を明言し、中村選手もその期待に応え、中盤でのゲームメイクや献身的な守備など攻守に大活躍。

加えて、他の選手達も中村選手の経験を吸収したことで、チームが大きく成長し、J1リーグ昇格2年目で6位に躍進しました。

JリーグトップクラスのGKであるカミンスキー選手やベテランの大井選手を中心とした守備は2017シーズンのリーグ最少失点を誇り、攻めでは中村選手の代名詞である正確なプレースキックからのセットプレーなどを武器にゴールを重ねました。

また、ストライカーの川又選手はフィジカルを活かした安定したポストプレーと得点力を発揮し、日本代表にも選出されています。

2018シーズンは中盤で大きく成長しチームの原動力となっていた川辺選手が退団したものの、名古屋で司令塔として活躍した田口選手を獲得し、充分に補うことができました。

更なる躍進のためには、昨シーズンに出場機会を増やしたボランチの上原選手など、若手が成長してレギュラー争いを激しくすることが必要です!

CHECKジュビロ磐田予想スタメン・フォーメーション【2018年版】 

浦和レッズの戦力分析

浦和レッズは2017シーズン、10年ぶりにACLを制覇しました。

しかし全体的にはリーグ戦で中位に留まり2018シーズンのACL出場を逃し、国内タイトルは無冠に終わるという結果に。

また、成績不信から5年続いたペトロビッチ監督体制が終わり、チームが過渡期に突入している印象です。

レッズはペトロビッチ前監督の信念の元、バックラインとボランチでパスを回しつつ、司令塔の柏木選手から前線に縦パスを通すスタイルを採用してきました。

前線にボールが入った後は、槙野選手や森脇選手といった両ストッパーの攻撃参加を含め、数的優位を作りながらゴールに迫る、攻撃偏重のスタイルです。

しかし、近年はサッカースタイルが研究され、ゴール前のスペースを消されてしまいました。結果、ボールはキープするものの、ゴールを奪うことに苦労し、逆にカウンターから失点することに。

後任の堀監督は、従来の3バックと4バックの併用など、攻守のバランスを重視した采配を見せていますので、選手がサッカースタイルの変更にどれだけ柔軟に対応できるかが重要です。

また、ペトロビッチ監督時代は出場選手が固定化されていましたが、堀監督になり、これまで出場機会がなかった選手も使われ始めました。

特に中盤の長澤選手は、運動量や正確な技術、球際の強さを評価されてレギュラークラスになっています。

2018シーズンも引き続き、出場機会の少ない若手選手などがレギュラーの選手を脅かすような成長を見せていくことに期待ですね!

CHECK浦和レッズ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】

サガン鳥栖の戦力分析

サガン鳥栖は2017シーズン、日本代表GKの林選手、韓国代表MFのキム・ミヌ選手など主力を失う一方で、元コロンビア代表のストライカーであるイバルボ選手、リオ五輪日本代表のボランチ・原川選手などの補強を敢行。

開幕当初は苦戦し、夏場にはレギュラーの鎌田選手がドイツ移籍で抜けましたが、新戦力がフィットすると安定した闘いを見せ、中位まで順位を上げました。

イタリア人指揮官のフィッカデンティ監督の元、前線からの組織的な守備からボールを奪うと、イバルボ選手などキープ力ある前線にボールを預け、2列目の選手がフォローしていくスタイルを採用しています。

2018シーズン、これまでサガンの大黒柱としてチームを支え、2017シーズンも前線で圧倒的なフィジカルと高い打点のヘディングを見せてきた豊田選手が韓国に移籍しました。
チームとして大きな武器を失うことになったので、豊田選手に代わる前線の選手を獲得する、若しくはチームとして攻めの形を再構築する、などの対応に注目です!

また、鎌田選手のようにラストパスやドリブルでチャンスを生み出す攻撃的中盤も必要になるでしょう。

CHECKサガン鳥栖予想スタメン・フォーメーション【2018年版】 

ヴィッセル神戸の戦力分析

ヴィッセル神戸は2017シーズン開幕前、ドイツ代表のストライカーとして大活躍したポドルスキー選手の獲得を発表し、大きな注目を集めました。

開幕当初は好調で一時首位に立ったものの、得点力不足から徐々に成績が低迷。ポドルスキーの合流も起爆剤とはならず、当初の期待に応えたとは言いがたい成績。

ヴィッセルは守備重視の戦術を採用していて、2017シーズンはリオ五輪代表DFの岩波選手を中心に安定した守りを見せました。

一方で攻めに関しては、シュート精度に優れた渡邉千真選手、スピード溢れる突破が武器の小川選手、といった個の力でゴールを奪うことはできても、チームとしての攻め方が最後まで不透明でした。

また、中盤のゲームメイクが上手くいかず、前線にいい形でボールが入る機会が少ないという問題も。
2017シーズンは痺れを切らしたポドルスキー選手が中盤に下りて組み立てに参加することが多く、ポドルスキー選手の最大の持ち味である決定力を活かしきれない悪循環に陥っていました。

迎える2018シーズン、守備の中心であった岩波選手がレッズに移籍してしまったことから、同様のクオリティを誇る選手の獲得を含め、守備の再構築が必要です。

また、ポドルスキー選手を前線でのプレーに専念させるためにも、司令塔タイプの選手を獲得することができるか注目です!

CHECKヴィッセル神戸予想スタメン・フォーメーション【2018年版】 

ガンバ大阪の戦力分析

ガンバ大阪は遠藤選手、今野選手など多数の日本代表クラスの選手を抱え、2017シーズンは優勝候補に挙げられていました。

しかし、不安定な闘いぶりが続き早々に優勝争いから脱落。9月に長谷川監督がシーズン限りでの退任を発表すると、チームは更に混乱し、13試合連続未勝利という不甲斐ない結果に終わりました。

かつては圧倒的な攻撃力を売りにしていましたが、2017シーズンは守備に比重を置いた戦術を採用していました。
抜群のテクニックを誇る一方で守備や運動量に不安のある遠藤選手より、激しい守備と運動量が持ち味の井手口選手を重用し、日本代表であるCBの三浦選手、ボランチの井手口選手と今野選手を中心に守備を構築。

守備は安定した一方、攻撃面では創造性が欠け、決定機が減少した結果、勝ち切れない試合が増加しました。

2018シーズンから、若手育成に定評のあるクルピ監督が就任しましたが、当面の課題は中盤の強化になります。

2017シーズン躍進を遂げた井手口選手が海外移籍を果たし、遠藤選手も体力的にフル稼動が難しい中、遠藤選手の後継者となる司令塔の獲得、台頭が期待されるでしょう!

CHECKガンバ大阪予想スタメン・フォーメーション【2018年版】 

北海道コンサドーレ札幌の戦力分析

北海道コンサドーレ札幌は2017シーズンがJ1復帰1年目でした。

前半戦はJ1の洗礼を受け勝ち点を伸ばすことができませんでしたが、夏場にストライカーのジェイ選手、アタッカーのチャナティップ選手など即戦力を補強することで、特にホーム戦で勝ち点を稼ぐことに成功。

見事にJ1残留を果たしました!

2017シーズン、コンサドーレの戦術は堅守速攻でした。

守備の際は3バックとボランチ2枚、ウイングバックが連動した守備を見せ、ボールを奪うと先ずは前線のジェイ選手、都倉選手に放り込みます。

ジェイ選手、都倉選手ともにフィジカルを活かしたボールキープで時間を稼ぐことができるので、その間に2列目がサポートに上がり、攻撃に厚みを加えました。

2017シーズンまでの堅守速攻から、2018シーズンはサンフレッチェ、レッズで一貫してポゼッションサッカーを標榜してきたペトロビッチ監督が就任します。

サッカースタイルの大きな変更が予想される中、選手がどれだけ対応できるか注目です!

戦力的には、ペトロビッチ監督のポゼッションサッカーを実現するためにはパス精度や視野の広さを持ち味とする司令塔が必要になります。

コンサドーレには日本を代表するテクニシャンである小野選手、元日本代表で海外でも活躍した稲本選手がいるものの、共にベテランで怪我が増え、シーズン通しての活躍を期待するのは酷な状況ですので、司令塔候補の補強が最重要課題でしょう。

スポンサーリンク

ベガルタ仙台の戦力分析

ベガルタ仙台は2017シーズン、ルヴァンカップでは過去最高のベスト4に躍進した一方、天皇杯では初戦敗退に終わりました。

リーグ戦も同様、試合ごとに好不調の波が激しく不安定な闘いが続きましたが、J1残留を達成しています。

ベガルタは従来、堅守速攻のプレースタイルを採用していましたが、2017シーズンは一転、高い位置からのプレスとポゼッションサッカーに取り組んでいました。

しかし、特にシーズン当初はポゼッションの質が安定しなかったため、ハマれば圧倒的にゲームを支配できる一方、調子が悪いとパスミスからのカウンターを受け続ける結果に。

ただ、シーズン後半にはポゼッションサッカーの質が高まったことで勝ち点を積み上げることができ、残留に繋がりました。

2018シーズンも引き続き、ポゼッションサッカーの精度を高めていくことになりますが、戦力として補強の必要性が高いのはストライカーでしょう。

2017シーズンは石原選手がチーム最多の10得点を挙げましたが、その石原選手とコンビを組む、できれば個の力で勝負できるストライカーを補強することができれば、昨シーズンとは逆に、苦しい試合展開でもゴールを生み出し、勝ち点を稼ぐことができるはず!

CHECKベガルタ仙台予想スタメン・フォーメーション【2018年版】 

FC東京の戦力分析

FC東京は日本代表経験者が揃っていて、選手個々の能力だけでいけばJリーグでもトップクラスです。

しかし、選手の能力をチーム力に還元することができず、2017シーズンも戦前の予想を裏切り、下位に低迷しました。

2017シーズンはJリーグ得点王の大久保選手とウタカ選手、日本代表にも選ばれた高萩選手などの大型補強を敢行。

しかし、堅守速攻のプレースタイルがチームに中々浸透せず、個人技を封じられると攻め手がなくなる展開が多く、チームの得点数がリーグ13位と得点力不足に陥りました。

また、守備陣もGKの林選手、CBの森重選手、SBの太田選手と室田選手、など日本代表経験者を揃えながら、攻撃陣の不調に引っ張られてか守り切ることができない試合が増加。

攻守共にバランスの悪い試合運びで勝ち点を失っていきましたね。

FC東京の課題は、チームを引っ張る統率力のある選手を獲得できるかにあると思います。

近年の補強で選手個々の能力は確実に伸びてきていますが、一方で「FC東京といえばこの選手」といえるようなチームリーダーが不在であり、チームとしての纏まりに欠けていることが低迷の主要因です。

ただ上手いだけでなく、チームの方向性をひとつにまとめるリーダーシップを持った人材が確保できれば、選手個々の能力をチームとして最大限に発揮することができるはずです。

2018シーズンは、かつてガンバ大阪を国内3冠獲得に導いた長谷川監督を新たな指揮官に据えました。

また、下部組織からは将来の日本代表を背負うと目されている、ユース年代で数々のタイトルを獲得してきた平川選手と久保選手がトップチームに昇格します。

長谷川監督や平川選手、久保選手が持つ「勝者のメンタリティー」に刺激を受けると共に、リーダーを中心にチーム一丸となって闘う集団に変貌を遂げることができれば、タイトル獲得も現実味を帯びてきますね!

CHECKFC東京予想スタメン・フォーメーション【2018年版】

清水エスパルスの戦力分析

清水エスパルスは2017シーズンがJ1復帰一年目になりました。

シーズン序盤は中位をキープしていましたが、夏場から怪我人が増加したことでチーム戦術の浸透が進まず、リーグ後半戦は得点力不足と守備陣の崩壊にも悩まされ、最終戦前まで8戦未勝利と失速した結果、残留争いに巻き込まれることに。

最終節に何とか勝利し、辛くもJ1残留を果たしました。

チームの基本的な戦術として、堅守速攻を目指し守備の際は一旦自陣に戻って相手の攻めを跳ね返し、攻めではフィジカルコンタクトに強く前線でキープできる鄭大世選手にボールを預け、2列目の選手がサポートする形を志向。

しかし、攻めの中心である鄭大世選手が夏場から怪我で離脱すると、途端に攻め手を失うことに。

また、守備に関しては中盤でのプレスが効かないため、相手チームがスピードをつけてゴールに向かう場面が多く、相手の勢いに飲み込まれる形で失点を重ねることになりました。

このようにチームとしては非常に苦しいシーズンでしたが、一方では、攻撃的な左SBである松原選手、豊富な運動量と確かな技術を併せ持つアタッカーの金子選手、シーズン終盤にレギュラーの座を確保し、ストライカーとしてチームを勝利に導くゴールを数多く決めた北川選手、といった若い選手が台頭してきた点は一筋の光明でしょう!

2018シーズンはヨンソン新監督の下、新たなスタートを切ることになります。ヨンソン監督がどのようなサッカーを志向するかは不透明ですが、戦力を見ると中盤とDFの強化が不可欠です。

特に、最終ラインを統率する判断力や冷静さを持ったCB、相手の攻めを遅らせたり、ルーズボールを奪いきれる守備力を持ったボランチ、状況判断や展開力に優れて攻めにバリエーションを持たせることができる中盤、といった選手の補強が望まれます。

CHECK清水エスパルス予想スタメン・フォーメーション【2018年版】 

サンフレッチェ広島の戦力分析

サンフレッチェ広島は2010年代に入り、森保監督の下で数々のタイトルを獲得しており、2017シーズンも優勝候補の一角に挙げられていました。

しかし、抜群の裏への抜け出しを武器に長年エースストライカーとして君臨してきた佐藤寿人選手が移籍。

テクニックに優れたアタッカーとしてチャンスを生み出してきた森崎浩司選手が引退するなど、近年の黄金時代を支えた選手達に離脱や衰えが見られチームとして過渡期に入ったことで、苦しいシーズンとなりました。

シーズン序盤は黄金時代と同様、司令塔で展開力に優れた青山選手、正確なパス精度と戦術眼を持つ森崎和幸選手を中心に、最終ラインから積極的にパスを繋ぐポゼッションサッカーを展開しましたが、ラストパスやクロス、シュートなど最後の局面で精度を欠き、ゴールを奪うことができず。

逆にパスミスからのカウンターを止めきれずに失点してしまう場面が増え、思うような結果を残すことができませんでした。

勝ち星を逃し続ける内に、プレー内容が消極的になっていく悪循環に陥り、夏場には1対1の守備と強烈な攻撃参加でチームを牽引していたDFの塩谷選手が中東移籍という混乱もあり、前半戦を終えて降格圏に転落するほど低迷。

後半戦は森保監督からヨンソン監督に交代し、守備を重視した現実的な戦いに切り替えたことで徐々に勝ち点を稼ぎ、何とか残留することができました。

2018シーズンは城福監督の下、再起を図ることになります。

最重要課題は2017シーズンの苦戦の要因でもあった決定力不足の解消で、チームで作り出したチャンスを確実に決めるストライカーの補強が必須でしょう。

加えて、世代交代という観点から、運動量の豊富な中盤や1対1の守備に強いDFなど、若手選手が台頭するかにも注目です!

CHECKサンフレッチェ広島予想スタメン・フォーメーション【2018年版】 

湘南ベルマーレの戦力分析

湘南ベルマーレは2017シーズンがJ2降格して最初のシーズンでしたが、開幕当初から順調に勝ち星を重ねていき、夏場からは首位を快走。

最終的には1年でのJ1復帰をリーグ優勝という最高の形で達成することになりました!

ベルマーレはチョウキジェ監督が就任してから一貫して、走りで相手を圧倒する攻撃的なサッカーを志向しています。

選手全員が攻守でハードワークを惜しまず、常に数的優位を保ち、スペースやゴール前の危険な位置に果敢に飛び込んでいく攻めや強烈な前線からのプレスで相手を押し込み続けるのが特徴。

そのサッカーはJリーグの中でも独特の個性であり、「湘南スタイル」とも呼ばれていますね。

J2リーグでもそのサッカーは猛威を振るい、試合早々から激しい動きで相手を圧倒。また相手に疲れが見える後半になっても運動量が衰えず、終盤にゴールを奪う場面も多々ありました。

また選手で見ると、レイソルからレンタル移籍で加入した司令塔の秋本選手、高卒新人のDF杉岡選手などが早々にチームにフィットし、レッズからレンタルで加入しているアタッカーの山田直樹選手がテクニックを活かしてチャンスを創り出しました。

2018シーズンはJ1リーグでの闘いになりますが、残留のためには独力での突破ができる選手や決定力の高いストライカーといった、個の力に優れた攻撃的選手の獲得が望まれます。

というのも、過去のJ1での闘いぶりを振り返ると、走力と運動力を活かして相手チームを内容では圧倒するものの、ラストパスやシュートの精度が低く数々のチャンスををゴールに繋げることができず、結果として勝ち点を取りこぼす、という展開が見られました。

ラストパスの供給者として、ドリブル突破が武器のサイドアタッカー梅崎選手を獲得しましたが、あとはお膳立てをきっちりゴールできるストライカーを確保できれば、試合内容と結果を両立させることができるはず!

CHECK湘南ベルマーレ予想スタメン・フォーメーション【2018年版】 

名古屋グランパスの戦力分析

名古屋グランパスは2017シーズン、初めてJ2リーグに参加。

日本代表として活躍したFW玉田選手とGK楢崎選手、Jリーグでゴールを量産してきたFW佐藤寿人選手など、J2の中では圧倒的な戦力を誇り優勝候補の筆頭に挙げられていたものの、他クラブからの徹底したマークを受け、優勝と自動昇格を逃し、昇格プレーオフに回ることに。

ただ、プレーオフでは粘り強く戦い切り、最後の昇格枠を勝ち取りました!

グランパスは2017シーズンから就任した風間監督の下、テクニックを追求したサッカーに取り組みました。

攻めに関しては「ボールポゼッションと細かいパス回し」という大枠の中、個人の技術と個人戦術にフォーカスすることで、崩しの場面でイマジネーション溢れるプレーを志向。

また守備も個々のポジショニングや判断で危険なパスコースを切るなど、技術でリスクを回避していくことを目指していましたが、当初は風間サッカーの要求に応えるだけの技術が伴わず、ミスから流れを失うなどチグハグなプレーが見受けられました。

しかし夏場に入り、キャプテンで司令塔でもある田口選手の復帰と、J2レベルでは圧倒的な技術と左足のキック精度を誇るガブリエル選手が加入したことで、ゴールを量産することができましたね。

2017シーズンを通して各選手の技術は向上したものの、J2よりもプレス強度が段違いのJ1で技術を発揮できるかは未知数です。
加えて、チームの司令塔であった田口選手がジュビロに移籍してしまい、中盤が弱体化。

現在、元ブラジル代表ストライカーのジョー選手を獲得することが濃厚となり、ガブリエル選手とのコンビなど期待を集めていますが、その強烈な前線にパスを供給する司令塔の獲得が急務です。

中盤の補強に成功すれば、2018シーズンの台風の目となる可能性は十分!

CHECK名古屋グランパス予想スタメン・フォーメーション【2018年版】 

V・ファーレン長崎の戦力分析

V・ファーレン長崎は2017シーズン開幕前、資金不足などの経営問題が発覚してクラブとして危機を迎えていましたが、そうした問題を受けて地元の大企業である『ジャパネットたかた』が支援を表明し、再建を図ることになりました。

クラブ再建に合わせ、リーグ戦でも安定した闘いぶりを続け、昇格争いに絡み続けると、終盤に入って自動昇格となる2位へと浮上。そして勢いに乗ったまま2位を確定させ、クラブ史上初のJ1昇格を果たしました!

高木監督がチームを率いて5年が経ち、堅守速攻のスタイルがチーム戦術として浸透しています。

まず堅守についてですが、自陣に下がっての受け身な守備ではなく、前線から組織的なプレスをかけることでボール奪取を狙います。

そしてボールを奪うと早めに前線へとボールを預け、カウンターを狙います。

突出した個の力を持つ選手はいないものの、チームとして共通の戦術理解の元、一丸となって闘うことで、大躍進を遂げました。

2018シーズンはJ1の舞台で闘いますが、現状ではどのポジションも他のクラブに比べて個の力で劣っていると言わざるを得ません。

J1昇格が決まって以降、地元の九州にゆかりある選手を中心に積極的な選手補強を敢行していますが、ベテラン選手が多く、シーズン通しての活躍ができるか不透明です。

J1残留を目指すためには、どのポジションも引き続き補強が必要ですが、特に少ないチャンスをゴールにつなげる決定力のあるフォワードが欲しいところですね!

CHECKV・ファーレン長崎予想スタメン・フォーメーション【2018年版】 

Jリーグ順位予想2018!優勝チームは?

という形でJリーグ2018をこのように順位予想してみました!

1位:鹿島アントラーズ
2位:川崎フロンターレ
3位:名古屋グランパス
4位:ガンバ大阪
5位:ジュビロ磐田
6位:柏レイソル
7位:セレッソ大阪
8位:FC東京
9位:浦和レッズ
10位:サンフレッチェ広島
11位:ヴィッセル神戸
12位:サガン鳥栖
13位:北海道コンサドーレ札幌
14位:清水エスパルス
15位:ベガルタ仙台
16位:湘南ベルマーレ
17位:横浜Fマリノス
18位:V・ファーレン長崎

優勝争い(1〜4位)

優勝候補筆頭はアントラーズ!

Jリーグの常勝クラブであるアントラーズにとって、昨シーズン無冠に終わったことを屈辱に感じているはず。
また、今シーズンは各ポジションで補強を続け、選手層が厚くなっているので、長丁場のリーグ戦で優位に働くでしょう。

フロンターレは今シーズン、複数タイトル獲得を目指してレギュラークラスの補強を続けています。
チーム力はアントラーズに劣らないものの、ACLで勝ち進んだ場合、リーグ戦との両立に苦労することになりそう。

アントラーズ、フロンターレ共にACL出場による過密日程に苦しむ場合、国内の試合に集中できるチームにチャンスが出てきます。

グランパスは今シーズンのサプライズになるかもしれません。

ジョー選手、ガブリエル選手といったワールドクラスのブラジル人選手が中心となる前線は破壊力抜群!

田口選手の流出は痛いですが、風間サッカーが浸透して前線にパスを供給することができれば面白いですね。

ガンバは昨シーズン低迷したものの、選手個々の力はリーグトップクラスです。

クルピ新監督の采配でチームがまとまり、若手選手の台頭が進めば、久しぶりのタイトル獲得も期待できます!

上位グループ(5〜9位)

ジュビロは昨シーズンの躍進で自信をつけた上で、司令塔の田口選手など補強も積極的!
名波監督、中村選手というリーダーに率いられて上位進出が期待されます。

レイソル、セレッソ共にレギュラークラスの実力はリーグトップクラスですが、選手層が厚いとは言えません。
今シーズンはACL出場による過密日程の影響で、コンディション調整に苦労すると予想します。

FC東京は近年チームとしてのまとまりが感じられないため、中位予想としましたが、長谷川新監督の下、チーム一丸となって闘うことができるようになれば、上位進出の可能性も!

レッズは昨シーズン終盤の失速を見ると、上位進出が難しそう。
堀監督がキャンプなどで独自色をどれだけ出せるか、その新戦術がチームに浸透するかに期待です!

中位〜下位グループ(10〜14位)

サンフレッチェはチームが過渡期に突入している印象。
世代交代に向けて、城福新監督の下、若手選手がどれだけアピールできるか注目されます。

ヴィッセルはワールドクラスのプレーヤーであるポドルスキ選手をチームの中でどの様に活かしていくのか、攻めの再整備が注目ポイント!

サガン鳥栖は長年チームの攻めを支えてきた豊田選手の移籍により、新たな攻めのスタイルを模索しつつ、新エースの発掘が求められます。

コンサドーレは従来のカウンターサッカーから、今シーズンはペドロビッチ新監督のポジションサッカーへと転換しますが、吉と出るか凶と出るか。

エスパルスは昨シーズン、戦術が攻守共に全く浸透していなかったことから、ヨンソン新監督が戦術をチームに落とし込めるかが重要です。

残留争い(15〜18位)

ベガルタは昨シーズンからポゼッションサッカーへの転換を図っていますが、チャンスを決めるストライカーが不在の印象。

同様にベルマーレも運動量で圧倒するサッカーは魅力的ですが、最後の場面で確実にゴールを奪える個の力が劣るように見えます。

この2チームは試合内容の割に勝ち点が伸びない展開になりそうですね。

V・ファーレンはJ1残留に向けて積極的な補強を見せていますが、全盛期を過ぎたベテラン選手が多く、今シーズンのJ1を闘うには力不足だと感じます。

そしてマリノスですが、昨シーズンの攻めを支えていた両サイドアタッカーが流出してしまいました。

特に10番で主将とチームを代表する存在だった齋藤選手の移籍は、チームに与える悪影響が大きいと予想。

Jリーグ経験のない新監督という不確実要素もあり、最悪の場合には降格の可能性も…。

最後に

以上、2018シーズンのJリーグについて、各クラブの戦力分析と順位予想を行ってきました。

開幕に向け、更なる補強やキャンプでの成長など、チーム状況は変化していくと思います。

動き次第では勢力図が大きく変動する可能性も!

引き続き、Jリーグ各クラブの動向は要注目ですね!