Jリーグ2018ルーキー・大学生

Jリーグ2018新人選手!

ということで今回はJリーグ2018の期待のルーキー大学生編についてお送りします。

近年、大学生が即戦力として活躍したり、早々に代表選出されることが多いですね。
Jリーグクラブのサポーターとしては移籍動向と同じくらい、大学生の動向やプレースタイルを注目しているのではないでしょうか?

そんなわけで、Jリーグ2018から期待される大学生の新人選手をまとめていきます!

ご覧ください!

スポンサーリンク

中野誠也(筑波大学)

ジュビロ磐田に内定が決まってる中野選手。

大学では早くからレギュラーを掴み、大学選手権大会でMVPに輝くなど大活躍!
ユースに所属していた古巣であるジュビロへの加入を勝ち取りました。

中野選手はフォワードとしてプレーしています。

身長172cmと小柄ですが、裏への抜け出しやゴール前でマークを外す動きに長けており、正確なダイレクトシュートでゴールを量産します!

また、ゴールに対する意識が高いので、何度も動き出しを行う勤勉さも魅力です。

ジュビロでは、中村俊輔選手、名波監督といったパスの名手の感性を学ぶことで、持ち味である動き出しの質を更に高めることできます。

また、同じフォワードである川又選手からポストプレーなどの技術を盗み、総合力を高めることができれば、レギュラーの座を掴むことができるはず!

北川柊斗(筑波大学)

モンテディオ山形に内定が決まってる北川選手。

筑波大学の主将を務め、同じくプロ内定の中野選手との2トップでチームを牽引する活躍を見せてきました。

北川選手の持ち味は、確かな技術を活かしたシュート精度の高さです。少しでもシュートコースが空けば、そのコースへと正確にボールを通すことができます。
また、左右両脚から強烈なシュートを放つため、相手守備陣は気を抜くことができません。

加入するモンテディオでは、前線からの守備やポストプレーといった泥臭い動きが求められます。
持ち味の決定力にチームへの献身的な動きが合わされば、更なる飛躍が期待できるでしょう!

柴戸海(明治大学)

浦和レッズに内定が決まってる柴戸選手。

大学ナンバーワンのボランチとも評され、大学選抜にも継続して選出されてきました。

柴戸選手は主にボランチやディフェンダーといった守備的なポジションを担当します。

長所は高い守備力にあります。相手との1対1では球際の強さを活かしボールを奪いとり、また戦術眼を活かし、中盤でのルーズボールを次々と収めていく姿は圧巻です!

レッズには柴戸選手が憧れている阿部選手が所属しています。

その阿部選手のように、高い守備力に加えてパス精度や展開力などの攻撃面を伸ばしすことで、阿部選手の後継者となることが期待されています。

木戸皓貴(明治大学)

アビスパ福岡に内定が決まってる木戸選手。

木戸選手はストライカーとして早くからプロの注目を集めていました。大学では大きな怪我も乗り越え、チームを牽引したことが評価され、プロ内定を獲得したのです。

木戸選手は優れたフィジカルを武器として、ゴールを貪欲に狙います。相手が多少マークについたくらいであれば、そのフィジカルで簡単にマークを剥がし、独力でゴールを奪うことができるのです!

また、技術も水準以上であり、ダイレクトシュートやポストプレーの精度は安定しています。

プロの世界で動き出しなどオフ・ザ・ボールの精度を磨くことで、ゴール量産が期待できると思います!

守田英正(流通経済大学)

川崎フロンターレに内定が決まってる守田選手。

所属する流通経済大学を、自身がMVPに選ばれる活躍で全日本大学選手権の制覇に導くなど、大学屈指のミッドフィルダーとして知られています。

ポジションはボランチやディフェンダーを務め、守備面でチームに貢献します。

1対1の守備は激しく、かつ粘り強く対応し、相手に自由を与えません。

またボランチとしては豊富な運動量を活かしてピッチの至るところでルーズボールを拾い続け、守備陣の負担を軽減されます。

攻めの場面では目立たないものの、チャンスと見るや攻め上って起点となることもあります。

フロンターレは技術に優れた選手が揃う一方で、守備に特色ある選手は少ない印象です。守田選手が自分の持ち味である守備力をアピールすることができれば、早期に出場機会を得ることができるはずです!

渡邉新太(流通経済大学)

アルビレックス新潟に内定が決まってる渡邉選手。

大学1年から早くも頭角を現し、コンスタントに結果を出し続けた結果、ユースに所属していた古巣アルビレックスに加入することとなりました。

渡邉選手はストライカーとして、スピード溢れるドリブル突破からの正確なシュートでゴールを生み出していきます。
また、ゴール前でのダイレクトシュートも高い精度を誇り、多彩な形でゴールを奪うことができるのです。

プロの世界では、アルビレックスに所属する先輩である田中達也選手のように、ドリブル突破からチャンスを生み出すことが期待されると思います!

荒木翔(国士舘大学)

ヴァンフォーレ甲府に内定が決まってる荒木選手。

大学ではリーグ戦でアシスト王に輝くなど活躍を見せ、高校時代を過ごした山梨のヴァンフォーレに加入を果たしました。

荒木選手はレフティで、攻撃的な中盤を担当します。
持ち味はアシスト王を獲得したことからもわかりますが、ラストパスの精度の高さですね。左サイドに流れてのクロスや、右サイドからカットインしてからのスルーパスで、味方フォワードに決定機を供給し続けます!

ヴァンフォーレでは守備での貢献も求められると思いますが、荒木選手のパスセンスはチームの攻めにおける大きなアクセントになるでしょう!

山口和樹(国士舘大学)

湘南ベルマーレに内定が決まってる山口選手。

フォワードとして大学1年から出場機会を確保し、様々な舞台で活躍を見せてきました。

山口選手は身長が155cmと小柄ですが、豊富な運動量を活かして様々な場面に顔を出してボールを収めるので、存在感は抜群です。
ボールを受けると、得意のドリブルで相手守備陣を翻弄してチャンスを量産していきます。

ベルマーレのサッカーは運動量を求められるので、山口選手のプレースタイルとマッチしていると思います。
アピール次第では早期のデビューも期待できるはず!

スポンサーリンク

秋山陽介(早稲田大学)

名古屋グランパスに内定が決まっている秋山選手。

特別指定選手として既にJ2リーグ出場し、ゴールも決めていて、プロで十分に通用することを示しています。

秋山選手は攻撃的な中盤が本職ですが、守備的中盤やサイドバックも卒なくこなします。どのポジションでも違和感なくプレーする、いわゆるサッカーIQの高さが最大の長所です。
また、攻めの場面ではパスやボールキープといった技術の高さを活かして、チームにリズムを動かします。

今後は攻めの技術を更に高めることで、決定的な仕事をこなすことが求められるでしょう!

三島頌平(中央大学)

FC岐阜に内定が決まっている三島選手。

大学入学直後からレギュラーを務め、様々な大会での活躍で成長し続けた三島選手。地元であるFC岐阜からプロとしての人生を始めることになりました。

三島選手は主に中盤を担当します。
ゲームメーカーとして、長短のパスを駆使してチームの攻めにリズムをもたらすプレーが特徴的。
また、守備に関しても適切なポジショニングでパスコースを消すなど、ボランチとして問題なく対応します。

FC岐阜はボールポゼッションを重視したサッカーを導入しているので、パスセンスを持ち味とする三島選手にとって馴染みやすく、活躍も期待できるのではないでしょうか?

森本大貴(関東学院大学)

松本山雅FCに内定が決まっている森本選手。

大学では不動のセンターバックとして、また主将として、抜群の存在感でチームを引っ張ってきました。

森本選手の長所は、恵まれた体格を活かした空中戦の強さです。
守備では相手のロングボールに対して、素早く落下点に入り激しく競り合うことで、制空権を確保します。
また、攻めの場面でも、セットプレーからのヘディングが大きな武器となります。

プロの世界では、カバーリングなどの技術を伸ばすことができれば、リーグ屈指のセンターバックになれるはず!

重廣卓也(阪南大学)

京都サンガFCに内定が決まっている重廣選手。

ユニバーシアード日本代表の主将として金メダルの獲得に貢献するなど、代表屈指のセンターハーフとして注目を集めていました。

重廣選手の特徴は、豊富な運動量です。守備ではカバーリングやルーズボールの確保を精力的にこなし、攻めの場面では味方の近くに顔を出してボールを引き出します。
また、パスの展開力でチームの攻めにリズムを生み出す役割も担っているんです。

運動量と展開力、また主将を務めたリーダーシップをアピールすることで、プロでも中心的な役割を担うことが期待されています!

脇坂泰斗(阪南大学)

川崎フロンターレに内定が決まってる脇坂選手。

大学では関西リーグMVPの獲得やチームの主将を務めるなどの活躍を見せ、かつてユースに所属していたフロンターレへの加入を果たしました。

脇坂選手は攻撃的な中盤を担当します。
最大の長所は高い技術に裏付けられたドリブルやパス!中盤でボールを受けると、ドリブルで相手マークを簡単に剥がし、そのままゴール前まで切れ込んでいったり、味方へのラストパスなど決定機を量産するんです。

フロンターレには、中村憲剛選手というお手本がいます。クラブとしては、戦術眼などを学び、将来的には後継者としての活躍を期待しているはずです!

山口一真(阪南大学)

鹿島アントラーズに内定が決まってる山口選手。

大学トップレベルのストライカーとして注目されており、ドイツのクラブで練習に参加するなど、海外でのプレーも期待される逸材です。

山口選手は攻撃面のオールラウンダーといったプレースタイルです。
ボールを収めるとドリブル突破で局面を打開し、正確なシュートでゴールを奪います。またラストパスのセンスもあり、味方のゴールをお膳立てすることも。
中盤に下りてきてのパス回しやポストプレーも卒なくこなします。

素行に問題が…という評価もありますが、鹿島で徹底したプロ意識を植え付けられるはずですので、サッカー選手としての才能を存分に発揮できると思います!

松田天馬(鹿屋体育大学)

湘南ベルマーレに内定が決まってる松田選手。

ベルマーレでは既に強化指定選手として公式戦にも出場しており、即戦力として期待されています。

松田選手は攻撃的な中盤として、いわゆるシャドウストライカーの役割を担うことが多いです。
身長は164cmと小柄ですが運動量が豊富で、中盤でボールを引き出したかと思えば、決定機にはスルスルとゴール前に侵入してゴールを奪取!

運動量を求めるベルマーレのサッカーにマッチしたプレースタイルなので、出場機会も多くなるんじゃないでしょうか?

Jリーグ2018新人選手【高校生・ユース編】

CHECKJリーグ2018新人選手【高校生・ユース】注目のルーキー15選 

最後に

以上、期待のルーキー大学生を紹介してきました!

大学サッカーで実績を残し続けた選手ばかりで、既にプロの公式戦でに出場している選手もいます。

来季早々にデビューして大活躍を見せる可能性が高いので、今から注目しておいて損はないですね!