鹿島アントラーズ移籍情報2018

鹿島アントラーズ移籍情報2018!

ということで今回は鹿島アントラーズの2018年の移籍情報、補強や戦力外選手の噂をまとめてみました。

今回は2017年Jリーグで惜しくも最終節に得失点差で川崎フロンターレに逆転されて2位に終わった鹿島アントラーズの特集。

2018年の移籍情報をお届けします!

流石にタイトル19回獲得の常勝軍団だけあって、出てくる名前がビッグ!

そこで、鹿島アントラーズの補強の噂や戦力外などの放出選手を紹介していきますので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

鹿島アントラーズ移籍情報2018の補強ポイントは?

鹿島アントラーズの補強ポイント金崎夢生選手のパートナーとあるセンターフォワード。

最終節で靭帯断裂の大怪我で日本代表も自体した西大伍選手の代わりとなる右サイドバック。

主力が抜ける可能性が出てきたセンターバック。

の3つのポジションだと思います!

鹿島アントラーズ移籍情報2018!補強の噂は?

それでは2018年の鹿島アントラーズのこれまでに出てきている移籍情報、補強の噂をまとめてみました!

岩波拓也

ヴィッセル神戸の岩波拓也選手。

スポーツ報知、デイリースポーツが鹿島アントラーズが正式なオファーを出したと報じています。

植田直通選手がブンデスリーガ移籍の可能性が出てきたことで浦和レッズが一歩リードしていたとされる岩波拓也選手の争奪戦も流れが変わるかもしれません。

浦和レッズは槙野智章選手が4バックのセンターバックとして定着したため、岩波拓也選手はスタメンを取れるかは微妙となり
鹿島アントラーズは同世代の植田直通選手の海外移籍が実現するとポジションが空くので鹿島アントラーズ有利になってきた印象を受けます。

CHECK岩波拓也は神戸退団?移籍先予想と海外移籍の可能性についても 

内田篤人

ドイツ、ブンデスリーガ2部で控えに甘んじている内田篤人選手に復帰オファーを出したと日刊スポーツが報じています。

現在の右サイドバックのレギュラー西大伍選手は靭帯断裂で来季の前半戦が絶望的となったことで、内田篤人選手獲得が一気に現実味を帯びてきました。

ルックスも抜群のレジェンドの復帰は大きな話題となるでしょう!

元々は、内田篤人選手のシャルケ移籍の後釜として西大伍選手を獲得したので西大伍選手の代わりを内田篤人選手なら務められると思います。

また、内田篤人選手はロシアワールドカップへの逆転選出も狙っているはず!

Jリーグで復活をアピールできれば実績は十分あるのでハリルホジッチ監督の目にも止まると思います!

森重真人

ソースは出てきませんでしたがFC東京の森重真人選手にネット上でオファーを出したとの情報がありました。

植田直通選手の海外移籍があるなら、森重真人選手にオファーしていても不思議ではないですね!

岩波拓也選手は争奪戦になっているようなので実績があり、移籍金も高いと推定される森重真人選手を確保しておいたほうがいいかもしれませんね。

日本人センターバックで植田直通選手の穴を埋められる選手は多くないと思いますが森重真人選手なら大丈夫でしょう!

CHECK森重真人の海外の反応や評価は?海外移籍ある?プレースタイルについても 

横谷繁

今週はマリノス戦 横谷繁 #jleague #ardija#ardija写真部 #横谷繁

ちぇるあるさん(@futebol_510)がシェアした投稿 –

ソースは出てきませんでしたがネット上でオファーを出したとの情報がありました。

大宮アルディージャは降格したことで主力選手の離脱が予想されます。
横谷繁選手は、中盤ならどこでもこなせて、技術的にもハイレベルな選手ですね。

鹿島アントラーズが横谷繁選手の獲得を狙っているというのが本当ならアジアチャンピオンズリーグを見込んで、中盤の選手層を厚くしたい狙いがあるのか?小笠原満男選手など中盤に主力クラスの放出があるのか?のどちらかだと思います!

スポンサーリンク

鹿島アントラーズ移籍情報2018!戦力外と放出選手を予想

それでは、これまでに出てきた移籍情報などを紹介しながら
2018年の鹿島アントラーズの主な戦力外や放出選手を予想してみます。

植田直通

スポーツ報知が報じている内容では、内田篤人選手の所属するドイツ2部ウニオン・ベルリンがオファーを出したそうです。

内田篤人選手が鹿島アントラーズ復帰が報じられているのでトレードのような形で移籍になるかもしれませんね。

もしかしたら、内田篤人選手の推薦もあったのかも。

日本のセンターバックは空中戦の弱さが課題だと海外では見られるのでJリーグでは最強レベルの空中戦の強さを誇る植田直通選手にオファーがあっても不思議ではないですね!

CHECK植田直通の彼女や姉妹は?海外移籍やプレースタイルについても! 

ペドロ・ジュニオール

2017年シーズンの補強選手の目玉として期待され、ヴィッセル神戸から加入したペドロ・ジュニオール選手ですが、金崎夢生選手との相性が悪かったのかシーズンを通して期待とは程遠いパフォーマンスに終わりました。

外国人枠を空けるためにも高年俸のペドロ・ジュニオール選手は放出する可能性が高いと思います。

昌子源

海外志向が強く、日本代表では植田直通選手より評価が高い昌子源選手は夏にブンデスリーガのブレーメンから興味を持たれていたようですが、破断。

以前から海外移籍の希望があっただけに冬、オファーがあれば移籍すると思います。

ただ、植田直通選手と違って高さが海外に行くとセンターバックとしてはネックになりそうですね。

槙野智章選手のようにサイドバックで起用される可能性も十分あります。

ワールドカップが半年後に控えていることを考えると、このまま鹿島アントラーズで試合に出続けた方がいいかもしれませんね。

CHECK昌子源の嫁や子供は?姉の画像や父も調査!プレースタイルと評価も 

小笠原満男

これまでに報道はありませんが、大宮アルディージャの横谷繁選手の獲得に動いているなら同タイプのベテラン切りがあるのかもしれないですね。

小笠原満男選手は、石井元忠監督の下では、レギュラーポジションを確保して中心選手を超えて、象徴的な選手でした。

しかし、大岩監督に交代してからは、21歳の三竿健斗選手にポジションを奪われて、絶対に勝たなくてはならなかった最終節は出番なし。

世代交代を強く印象付けられました。

90分フル出場は年々厳しくなっているように感じますし、後半、途中交代も増えています。

鹿島アントラーズのベテランは自分が不必要だと思うと自ら移籍する選手が多いので小笠原満男選手も若手選手にバトンタッチする道を考えても不思議ではないですね。

みちのくの天才と言われた小笠原満男選手ですからベガルタ仙台に移籍すると話題性もあっても面白そうです!

最後に

いかがでしたか?

今回は、鹿島アントラーズの2018年の移籍情報に関しての特集でした。

来季、Jリーグ優勝を果たすには、怪我をした西大伍選手の代わりになれる選手の獲得は必須ですが、西大伍選手のサイドバックの位置からゲームメイク出来る選手はJリーグ見渡してもなかなかいないので内田篤人選手の復帰は、戦力的にも、Jリーグの話題性という意味でも大きいと思うので是非実現して欲しいですね!

また、植田直通選手が海外移籍したら各チームがセンターバック移籍の玉突きを起こすかもしれませんのでこちらも注目です!