今回は2016年FIFAクラブワールドカップの決勝、スペインリーグ王者のレアル・マドリード戦でディフェンダーとして大活躍し、一躍脚光をあびることとなった、

昌子源選手をピックアップしたいと思います。

小学生時代にサッカーを始め、中学時代はガンバ大阪ジュニアユースに入り、宇佐美貴史選手や大森晃太郎選手と同じチームで切磋琢磨したそう。

しかし、中学3年生の途中でサッカーを辞め、空白の期間があったようで、怪我の影響で満足にプレー出来なかったのが、我慢ならなかったみたいですね。
若い頃から怪我などで苦労をしてきた、昌子源選手。

そんな、昌子源選手のプレースタイルや評価、奥さんや子供、父親やお姉ちゃんまで、幅広く書いていくので、是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

プレースタイルと評価

鹿島アントラーズ所属の昌子選手のプレースタイルといえば、まず第1に出てくるのは、1対1の絶対的強さと巧さ。

あとは、危機を察知する能力とカバーリングにも定評がありますし、危機察知力を活かしたインターセプト力、そこから攻撃へと変える展開力も魅力ですよね。

そして、昌子選手といえば日本人離れした、フィジカルの強さ。

海外の大柄な選手にも当たり負けしませんし、セットプレー時のヘディングも海外の選手に競り負けていません。

そんな昌子選手は、守備が本職の選手なんですが、攻撃も得意でして、スピード溢れるプレーも多く見られます。

なぜ攻撃も得意かというと、小学生の頃から高校の途中まで、フォワードを務めていたようなんですね。

しかし、高校のクラブで大型フォワードとして入学してきたのですが、パフォーマンスが上がってこず、なかなか試合に出れない日々が続きました。

そんな時に高校の監督にディフェンダーへのコンバートを言い渡されたようです。

当初は、本当に嫌だったようで、フォワードをやれせてほしいと直談判していたのですが、「フォワードは絶対にやらせない」と言われ、そこから真剣にディフェンダーに取り組んだそうです。

だから昌子選手は攻撃も得意なんですね。

コンバートを拒んでいたら、今の昌子選手はいなかったかも知れません。

コンバートを言い渡した監督がさすがといったところでしょうか?

そんな昌子選手の周りからの評価を見てみたいと思います。

まずはなんといっても、2016年のクラブワールドカップの決勝戦。

鹿島アントラーズ対レアル・マドリード戦。

その試合で昌子選手は、世界ナンバーワンプレーヤーのクリスティアーノ・ロナウド選手との、1対1で善戦し、ロナウド選手を自由にさせずに、試合には惜しくも負けてしまいましたが、昌子選手の活躍があったお陰で、善戦できたと言っても良いでしょう。

クリスティアーノ・ロナウド選手やジダン監督は

「リーガエスパニョーラでも通用する選手」

と非常に高い評価を得ました。

そして、クラブワールドカップ後に、2016年に国内外でプレーした日本人選手のベスト25が発表されたのですが、ディフェンダーでの最高位を獲得し、最近では、ブンデスリーガの古豪ブレーメンが接触し、海外移籍の噂が絶えません。

しかし一方で、クラブワールドカップを見たスペインの評論家は、レアル・マドリードの4点のうち、3点は昌子選手のプレーが原因と言い

「守備すべき時の断固たる決断力に欠けていた。確信たるプレーを欠いていた。」

と厳しい評価もあるようです。

国内での評価は、2016年のJリーグベストイレブンにも選ばれましたし、鹿島アントラーズの伝統的背番号「3」を受け継いでおり、監督からの評価も高いものがあります。

ただ、日本代表では、召集はされるのですが、なかなか試合に出られないと言うのが現在のハリルホジッチ監督の昌子選手への評価なんでしょうね。



昌子源の嫁はスタイリスト?子供はいる?

昌子選手は2016年の10月に結婚したそうで、そんな結婚相手について調べてみたいと思います。

昌子選手のと一緒に調べられているのが

「長谷川梨奈」だったり、
「スタイリスト」だったり、
「ゆいこ」だったり。、

色々調べられているようですが、調べた結果それに関する情報はありませんでした。

どうも結婚相手の方が一般の方のようで、名前や年齢などは非公表のようです。
若いのに結婚とは、思い切りましたね〜。

昌子源の姉が美人で画像は?モデル?父についても

昌子源選手にはお姉さんがいるのですが、名前は昌子カエデさん。

avex所属のモデルなんです。

そんなお姉さんの画像がこちら
昌子源・姉

大学時代にスカウトされたそうで、それからは、色々な雑誌やらファッションショーで活躍されているようで、最近では、ドラマにも度々出演しています。

美人なお姉さんがいて羨ましいですよね。

そんな2人の父親なんですが、昌子力さんといって、姫路獨協大学のサッカー部の監督をしているそうで、昌子選手は産まれたときから、サッカーに囲まれていました。

そんなお父さんは、自分の息子のサッカーより、自分のチームのサッカーを優先していたようで、小さい頃は、お母さんが昌子選手の試合について行っていたみたいで、そんなお母さんもママさんサッカーをしていたようです。
まさにこの両親に昌子選手ありですね。

最後に

ということで、昌子源選手の嫁と子供のことからプレースタイルまで色々でとりあげてみました。

サッカー好きの両親から産まれ、モデルで女優の姉をもつ昌子源選手。

小さい頃から怪我やポジションのコンバートといった、苦難を乗り越え今があります。

鹿島アントラーズでは確固たる地位を築いているものの、日本代表ではレギュラーに定着できていません。

しかし、まだ若く、これからの努力次第では、間違いなく日本代表の守りの要になれる選手だと思います。

期待してます!