長澤和輝

今回は浦和レッズの

長澤和輝選手

の特集。

プレースタイルや日本代表ハリルホジッチ監督の評価を調べてみました。

また、彼女に関しての噂についても触れていきますので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

長澤和輝のプレースタイル!

それでは、長澤和輝選手のプレースタイルを紹介していきます。

その前にドイツブンデスリーガ時代のプレー動画をご覧ください。

長澤和輝選手のポジションは中盤ならどこでも出来るでしょうが、最も適しているポジションはトップ下かインサイドハーフだと思います。

身体能力の特徴は

・重心の低さ
・俊敏性
・ボディバランスの良さ
・持久力

が挙げられます。

とくに重心の低さとボディバランスの良さを持っていて、大柄な外国人選手との競り合いの相性が良いですね。

大きな選手相手には、下から競ることで肩を使って相手の腰からバランスを崩すことが出来ます。

この時、相手は肩でぶつかろうにも肩の下に長澤和輝選手がいるので懐に入られてパワーが無力化されてしまいますね。

攻撃面での特徴は

・ターン
・前方と後方を中継するポジショ二ング
・スルーパス
・両足を使ったドリブル突破
・キープ力

が挙げられます。

視野も広くて判断も的確で早い頭の良いプレーをします。

似ているタイプの選手としては中田英寿さんが違いのかなと。

ゲームメイク能力、狭いエリアでのプレーに優れていて、引きつけてからドリブルやスルーパスで相手をかき乱すプレーが得意です。

守備面での特徴は

・ボール奪取能力
・チェイシング

が挙げられます。

ドイツ時代に靭帯を断裂してから、ドリブル突破などは衰えた気がしますが、ジェフ千葉時代にボランチで起用されてから対人守備能力は格段に上がりました。

また、一人で二人を相手にして二度追いするプレーも多く、しつこいチェイシングも魅力です。

というわけで長澤和輝選手のプレースタイルは重心の低さを武器に攻守に対人プレーが得意な中盤のユーティリティプレイヤーといえるでしょう!

また、重心の低さが武器で身体が大きな外国人選手相手に強いので代表向きの選手だと思います。

彼女いる?長澤まさみと小島瑠璃子との噂についても

長澤和輝選手の彼女についてはいろんな噂がありましたが、結論的には有力な情報ではありません。

まずは、スポーツキャスターでお馴染みの小島瑠璃子さんとの噂。

週刊文春が2014年に長澤和輝選手とアイドルの小島瑠璃子さんとの熱愛を報じているので、証拠となる写真などはないんですが、ふたりは同郷でスポーツ番組を担当する小島瑠璃子さんと長澤和輝選手は付き合っていても不思議はないですよね。

小島瑠璃子さん曰くただの中学校の先輩とのことですが、火のない所に煙は立たないといいますから分かりませんね。

これ以上の情報はないのであとは、よくある噂止まりが濃厚ですね。

また女優の長澤まさみさんとの関係を調べている方が多いですが、こちらは長澤まさみさんの父親がジュビロ磐田の初代監督の長澤和明さんであることと、同じ苗字ですからどこかで血のつながりがあるのかも?

と感じた人が多かったんだと思います。

しかし、これまで二人の関係に関する情報は出てきていないですし、恋愛関連の話題ではないのでお互いに隠す必要もないですから二人は全く関係なさそうです。

といわけで、長澤和輝選手の彼女の情報に信憑性はありませんが、サッカー選手ですしイメージ的にも著名人との結婚なりそうな気配はありますね。

日本代表レベルでハリルの評価はどう?

そんな長澤和輝選手の今後の日本代表選出の可能性について見ていきます。

ハリルホジッチ監督は

「長沢は非常に興味深い状態にあると見ました。守備でも攻撃でもボリュームがあり、私にとっていい発見になっている」

とコメントして今後の代表招集を匂わせるコメントをしています。

なぜハリルホジッチ監督が急に長澤和輝選手に言及するようになったかというと、浦和レッズの監督がミシャ・ペトロビッチ監督から堀監督に交代したことで長澤和輝選手はレギュラーポジションを奪い、システムは4-1-4-1に変更されて日本代表と同じシステムになったからです。

4-1-4-1はJリーグで採用しているチームは少なくて浦和レッズとガンバ大阪のみです。

ガンバ大阪からは、井手口陽介選手倉田秋選手今野泰幸選手と3人が代表入りしていることからも今後の日本代表入りの可能性の高さを感じますね。

また、ハリルホジッチ監督は国内組に比べるとヨーロッパ組に対して信頼が厚いので長澤和輝選手は国内組ですが、1FCケルンでブンデスリーガで3シーズンプレーした経験があることもハリルホジッチ監督が一目置く要因だと思います。

また、浦和レッズのベテラン阿部勇樹選手と興梠選手の招集にも言及しているのと、長澤和輝選手はエースの大迫勇也選手とケルン時代にチームメイトだったので日本代表に入っても違和感なく溶け込めるでしょう!

最後に

いかがでしたか?

今回は浦和レッズの長澤和輝選手の特集でした。

個人的に長澤和輝選手は、注目していた選手なので浦和レッズがACLを優勝してクラブワールドカップで活躍すればロシアワールドカップ出場が現実味を帯びてくると思うのでこれからの長澤和輝選手のプレーに注目したいですね。