植田直通
2016年リオデジャネイロ五輪のU-23日本代表として活躍した

植田直通選手。

海外の屈強なフォワードにも負けない体格を持つ日本期待の大型センターバックです。

彼は今までの日本サッカー界にいない異色の経歴をもった規格外の選手といわれてますね。

そんな植田直通選手の彼女や姉妹に関すること、今後の海外移籍についてやプレースタイルについてもどんどん迫っていきますので最後までぜひご覧になってください。

スポンサーリンク

植田直通の彼女は?姉と妹もチェック

2017年現在Jリーグ鹿島アントラーズでプレーする植田直通選手。

まだまだ若い22歳ということもあり彼女に関することも気になりますね。

そんな植田選手の彼女について調べてみましたが、一切情報がないところをみると彼女は現在いないとみられます。

植田選手といえば、一見ハーフっぽい顔立ちで硬派な感じで近寄りにくい雰囲気ですが2014年アジアカップ準々決勝、PK戦でUAEに負けた後PKを外し泣いている
香川選手がカメラマンに狙われるのを身を挺してかばうような優しい心を持つ第一印象とのギャップで女性ファンも多いようです。

男気ある植田選手ですから彼女がいたら大事にしそうですね。

またネットでは植田選手のについてなのですが、

お姉さんは多真美さんと言い、2017ミス・ユニバース熊本大会ファイナリストだったそうです。スタイル抜群の美人さんです。

そして、妹さんは地元熊本の番組でテレビに出てたみたいですね。確かにお姉さんと似た美人タイプで可愛らしさがある印象でしたね。

今後、植田選手の活躍次第でお姉さんと妹さんも取り上げられていくかもしれませんね~

海外移籍情報は?

22歳の若さでU-23代表からA代表と順調に成長をみせている植田選手ですから海外移籍に関する情報も非常に気になりるところです。

プロ入りした当初から

「フィジカルなら海外の選手にも負ける気がしない」

という言葉通り国際大会でもまったく当たり負けしてるそぶりはみせてませんね。

U-22代表として参加したトゥーロン国際大会ではイタリアやイングランドのチームも注目したいたくらいですから近々海外移籍の話もでてきてもおかしくありません。

個人的にはドイツのような当たりの激しいリーグなんかで活躍できそうな気もしますね。

また去年のクラブW杯の決勝戦レアルマドリード戦で4失点を喫し負けはしましたが、相棒の昌子選手と共にクリスチアーノ・ロナウド選手やカリム・ベンゼマ選手といった世界最高峰の選手を抑えるプレーを見せたことで世界中が植田選手のプレーが評判になったのは間違いありません。

今、海外で活躍する日本の選手はほとんどが香川選手、本田選手といったMFやFWの選手ばかりですが、DFでも長友選手や内田選手、酒井弘樹選手、酒井高徳選手といったサイドバックの選手で、センターバックではプレミアリーグで活躍する吉田麻也選手くらいしかいません。

過去にも海外で活躍した日本人センターバックはほとんどいないので植田選手にはぜひ海外に移籍して吉田選手を追い抜くくらいの活躍を期待したいですね。

プレースタイルについて

植田選手のプレースタイルなのですが、元格闘技をやっていた選手らしく非常に闘争心を前面に出したプレーをします。

「自分は試合中に血を流すというのが自分の目標でもある」

といっていたこともあるほどの

熱い男です。好きな選手もスペインの闘将カルロス・プジョル選手をあげ、「闘争心の出し方も大好き」というほど強い気持ちで戦う選手ですね。

またメンタルだけではなく、186㎝の長身と抜群の身体能力を誇り、高さやあたりには強いんですが、なにより一番の驚きがこれだけの体格をしながらも50メートル走6,1秒の俊足を兼ね備えているんです。
陸上や他のスポーツをやっていてもオリンピックを目指せるような身体能力じゃないでしょうか。

また本格的にサッカーに取り組みだしてからまだ日も浅いにもかかわらず、選手層のとても厚い鹿島アントラーズでスタメンを張るくらいですからサッカーの戦術的なスキルも相当高いものを持っているに違いありません。身体能力だけではサッカーはできませんから。

相手FWとの駆け引きや自チームのDFのフォローや危険察知能力といったパッと見ではわからない特別なスキルを必要とするポジションですからね。それをこれだけ短期間で身に付けるんですから恐ろしいポテンシャルです。

まさにすべてを持っているセンターバックといっても過言ではないんじゃないでしょうか?

パリサンジェルマンのチアゴ・シウバ選手や、少し前になりますがバロンドールを獲得したことのあるイタリアのファビオ・カンナバーロ選手のようなまさに「完璧」といった印象を受けます。

高校時代の監督も「日本では極めてまれな逸材」と言っていたように本当に今後の日本サッカー界最高のセンターバックになるんじゃないでしょうか。

W杯やオリンピックで常に上位に入るブラジルやスペインドイツなどは攻撃ばかりに目が行きがちですが必ず素晴らしいセンターバックがいて、ディフェンスがしっかりしていますから。

将来日本がW杯でベスト16以上に進むためには得点能力のみならずディフェンスが重要かなと。

日本代表が世界の舞台で活躍する、その中心選手に植田選手はなれると確信しています。



最後に

いかがだったでしょうか。日本が世界と対等に戦っていくためには今後植田選手のような熱い気持ちを持ち、今までいなかったようなスタイルの選手がどんどん出ないとだめなんでしょうね。

まだA代表では出番はありませんが今後確実に必要な選手になっていくでしょうから、ますますの成長を期待して植田選手を応援していきましょう。

将来日本代表の絶対的なDFとして活躍する姿を期待しています。