Jリーグ戦力外・引退予想2017-2018

Jリーグ戦力外・引退予想2017-2018!

ということで、今回はJ1リーグの2017年シーズンを最後に戦力外や引退をする可能性がある大物Jリーガーをまとめてみました。

あくまでも主観的な妄想で、2017年シーズンのパフォーマンスや成績から見て2018年シーズンには契約更新されないかもしれないと思う選手をピックアップ!

オフシーズンの動向が注目の候補選手をまとめてみましたので、最後までご覧ください!!

スポンサーリンク

小笠原満男

小笠原満男

本山雅志選手、曽ヶ端準選手、中田浩二選手と同期入団で鹿島アントラーズの象徴的な選手。

広い視野と展開力、キック精度を持つボランチです。

シーズン前半戦は中心選手として活躍したものの、石井正忠監督から大岩剛監督に交代してからは21歳の三竿健斗選手がレギュラーポジションを掴み、出場機会は減少。

他にもボランチはレオ・シルバ選手、永木亮太選手がいて層が厚いので

若手に道を譲る形で契約満了となるかもしれません。

遠藤保仁

遠藤保仁
長年、日本代表のボランチとして君臨した名ゲームメーカーも年々パフォーマンスは落ちてきていて体力的に90分持たない試合も多くなってきました。

また、倉田秋選手井手口陽介選手にポジションを奪われる試合もあって年齢的にもガンバ大阪というJリーグ優勝を求められらるチームでの活躍は今後あまり期待できないかもしれません。

セットプレーのキッカーも井手口陽介選手に譲る場面も多くなりました。

残留してもガンバ大阪の新監督は起用法に頭を悩ませるでしょう!

CHECK遠藤保仁は2017に代表復帰の可能性は?ハリルや選手から評価も 

小野伸二

小野伸二
言わずとしれた天才小野伸二選手もシーズン通して怪我での離脱が相次ぎ、スーパーサブとしての起用に留まっています。

グロインペイン症候群に苦しみ股関節の慢性的な痛みがあるようで90分走りきる運動量はもうないでしょう。

チャナティップ選手を獲得したコンサドーレ札幌のなかではさらに序列は下がってきていますので契約満了かもしれません。

CHECK小野伸二は離婚歴ある?嫁と子供の現在は?天才逸話とプレースタイルも 

稲本潤一

稲本潤一

日韓ワールドカップで2得点して、プレミアリーグでも活躍したボランチ。

今シーズン大怪我から復帰したものの、試合での活躍はほぼ皆無。

わずか今シーズン1試合の途中出場に終わっています。

大怪我をする前から運動量も90分持たない試合も多く、残念ながら契約満了でもやむを得ないといえるでしょう。

稲本潤一選手はカズさんより先に引退したくないとも語っていたので他のチームで現役続行の可能性が高そうです。

前田遼一

前田遼一
元日本代表のフォワードで2009年、2010年にJリーグ得点王を獲得した前田遼一選手も今シーズンのFC東京では控えに甘んじていてJ3のFC東京U23チームで出場することもありました。

大久保嘉人選手、ピーター・ウタカ選手と二人のJリーグ得点王がいるので年俸の高さを考えても契約満了が現実的になっているといえるでしょう。

ただ、欲しがるチームはたくさんあると思うので引退はまだ早い気がします。

スポンサーリンク

曽ヶ端準

曽ヶ端準
鹿島アントラーズのゴールマウスを長年守ってきた曽ヶ端準選手も韓国代表正ゴールキーパーのクォン・スンテ選手からポジションを奪われました。

クォン・スンテ選手の怪我で試合に出場していますが、全盛期の安定感はなく、ミスからの失点が目立っています。

クォン・スンテ選手が怪我から戻ってくるとセカンドキーパーとなるでしょうから契約満了もあり得るでしょう。

大津祐樹

大津祐樹
ロンドンオリンピックでの活躍が記憶に新しいイケメンフォワードも怪我に泣かされて本調子を取り戻せないまま柏レイソルでベンチを温める日々が続いています。

年齢的に引退はないでしょうが、戦力外となる可能性は否めないかなと。

伊藤翔

伊藤翔
和製アンリと呼ばれて育成年代から日本を背負って立つストライカーと期待された伊藤翔選手も横浜Fマリノスでは冨樫敬真選手、ウーゴ・ヴィエイラ選手より序列は下で出場機会もほとんどありません。

契約が今年までなら戦力外通告を受けても仕方が無い状況ですね。

野沢拓也

野沢拓也
鹿島アントラーズの名フリーキッカーがベガルタ仙台へ移籍したもののリャン・ヨンギ選手からポジションを奪えず、システム的にも居場所がなくなっていったシーズンでした。

年齢的に引退してもおかしくないですが、J2でならまだまだ活躍できる選手だと思います。

平山相太

平山相太
高校サッカー選手権得点王の怪物平山相太選手もベガルタ仙台に移籍したものの全く活躍できていません。

終盤のスーパーサブもクリスラン選手にポジションを奪われてしまいました。

日本サッカー史上最高のストライカーになる資質があると言われていた平山相太選手。

このまま終わってしまうのでしょうか。

楢崎正剛

楢崎正剛
川口能活選手とともに日本代表の守護神として長年君臨してきた楢崎正剛選手

今シーズンはJ2の名古屋グランパスで正ゴールキーパーの座を奪われるなど失点数も多く

精彩の欠いたプレーが目立っています。

40歳を超えているので仕方のないことですが、引退が近づいているのは間違いありません。

最後に

いかがでしたか?

今回は2017年シーズンをもって戦力外通告を受けるか、引退する可能性がある選手を候補としてあげてみました。

どの選手もJ2、J3とカテゴリーを下げていくこともできるので

現役を続けることは可能でしょう。カズ選手のように現役にこだわるのか

早いうちに引退して指導者人生をスタートさせるのか

今後の動向から目が離せません!