山中亮輔

今回は横浜Fマリノスの

山中亮輔選手

の特集です。

ハリルホジッチ監督も注目している山中亮輔選手のプレースタイルを紹介!

また、年俸の推移、彼女や兄弟についても調べてみました。

そして日本代表への招集の可能性についても考えてみましたので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

山中亮輔のプレースタイル!

それでは山中亮輔選手のプレースタイルについて見ていきましょう。

山中亮輔選手のポジションは左サイドバックです。左サイドなら攻撃的なポジションもどこでも出来ます。

身体能力の特徴は

・左利き
・スピード
・キック力
・スタミナ

が挙げられます。

特に左足のキックには特別なものがありますので、この動画をご覧ください!

キャノンショット炸裂!

このゴールだけでも山中亮輔選手の左足の威力が分かって頂けたかと思います。

攻撃面での特徴はというと

・ドリブル突破
・高速クロス
・ビルドアップ能力
・弾丸ミドルシュート
・セットプレーのキック
・ロングフィード

が挙げられます。

左利きの利点を生かしたビルドアップでボールを運び、敵陣に侵入すると得意のシザースフェイントを交えたドリブル突破やセンタリングでどんどん仕掛けます。

早いクロスボールが持ち味ですが、キック力があり過ぎて逆サイドまでボールがいってしまうのがたまに傷ですが高速クロスでチャンスを演出します。

攻撃面ではリオデジャネイロオリンピック世代の左サイドバックの中で間違いなく一番の資質を持った選手といえますね。

守備面は

・スピードを生かした対人守備能力
・ポジショニングの良さ
・球際の強さ
・カバーリング能力

が挙げられます。

守備に関してはリオデジャネイロオリンピックの時は弱点で、怪我もありましたが守備の不安定もありメンバーから漏れてしまいました。

2017年に入ってから横浜Fマリノスに移籍して守備の構築には定評があるモンバエルツ監督のもとで急激に成長しましたので
リオデジャネイロオリンピックに出場出来なかったのは痛いですね。

とくにオーバーエイジで入った左サイドバックが足を引っ張っただけに山中亮輔選手がリオデジャネイロオリンピックに出られなかったのは日本サッカーにとって大きな損失だったのかもしれません。

彼女いる?兄弟もチェック

髪型がエクザイルっぽくていかにも遊んでいる風貌の山中亮輔選手。

当然彼女の存在が気になりますね。

ただ、現在いろいろと調べて見ましたが、とくに情報はありませんでした。

きっと彼女はいると思いますが、一般人との付き合いではあればなかなか情報にあがってきませんので結婚報道待ちっていうところでしょうか。

柏レイソルのホームページの選手紹介ページの好きな女性のタイプにはももクロの百田夏菜子さんと書いています。

可愛い系が好きなんでしょうね。

気になる兄弟の存在ですが、家族構成は父と母に兄がいるみたいですね。

兄の情報がないところを見るとよくある「兄の影響でサッカーを始めた」というわけではなさそうですね。

しかし、サッカー選手は男兄弟の末っ子が多い!

また利き手が右、利き足が左になっているので小さい時に矯正して手は右利きにしたんでしょう。

ここからも教育熱心な家庭だったと想像できますね。

ちなみに山中亮輔選手が通っていた高校は柏南高校!

偏差値は64とかなりの名門校で柏レイソルユースの選手で柏南高校に進学する選手は少なく中山雄太選手ぐらいですからかなり頭脳明晰な選手だといえます。

年俸について

そんな山中亮輔選手の年俸推移を調べてみました。

2015年 (22歳)
柏レイソル 700万円

J2のジェフ千葉にレンタル移籍していた2014年シーズンでの成長が認められて柏レイソルに復帰。
左サイドバック不足のチーム事情もあり多くの期待を集めましたが輪湖直樹選手にポジションを奪われてわずか11試合の出場に終わります。

2016年 (23歳)
柏レイソル 800万円

オリンピックアジア予選での活躍もあり開幕からレギュラーポジションを確保するも5月8日の川崎フロンターレ戦で負傷。

リオデジャネイロオリンピックも絶望となり、怪我から復帰した後半戦は輪湖直樹選手に再びレギュラーポジションを奪われ13試合の出場にとどまりました。

2017年 (24歳)
横浜F・マリノス 3000万円

横浜Fマリノスに完全移籍すると第15節からレギュラーポジションをつかんでなくてはならない存在となりつつあります。
育成年代から柏レイソル一筋でしたが横浜Fマリノスへ移籍。

この際にかかった移籍金は0円ですからマリノスのフロントはうまくやりましたね。

柏レイソルの4倍の年俸を支払う価値があると判断して、実際に2017シーズンはその価値を証明しています。

逆に柏レイソルは隣の芝生は青くみえたのか簡単に生え抜きの選手を移籍させすぎたという印象ですね。

日本代表招集は?

そんな山中亮輔選手の日本代表入りについてなのですが、ハリルホジッチ監督は左利きの左サイドバックを探しているので山中亮輔選手の日本代表選出の可能性はあると思います。

合わせて読みたい2018年ロシアW杯サッカー日本代表メンバーとフォーメーションを予想!

合わせて読みたいハリルジャパンのベストイレブンとフォーメーション!最強メンバーはこれだ! 

2016年にハリルホジッチ監督が山中亮輔選手に熱視線という記事もありましたし、ロシアW杯アジア最終予戦の予備登録メンバー89人に選ばれているので、2017年に同じフランス人のモンバエルツ監督のもとで守備が格段にレベルアップした山中亮輔選手を試したいと思っても不思議ではありません。

試すとしたら国内組しか呼べない2017年12月の東アジア選手権だと思います。

最後に

いかがでしたか?

今回は横浜Fマリノスの山中亮輔選手を紹介しました。

日本代表では長友佑都選手に衰えが見えはじめているのに左サイドバックに代わりとなる選手が育っていませんので山中亮輔選手の成長が日本代表を救うことになるかもしれませんね!

今後も山中亮輔選手のプレーから目が離せません!