伊東純也

今回は柏レイソルのイケメンウイング

伊東純也選手

の特集です。

柏レイソルでの年俸やスピードを生かしたプレースタイルを紹介します。

日本代表入りの可能性もありそう!

そして気になる観音崎で目撃されたという彼女の存在もチェックしてみましたので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

伊東純也の彼女は?観音崎で目撃?

イケメン選手としても評判の柏レイソルの伊藤純也選手。

やはり、気になるのは、彼女の存在ですよね!

そこで、彼女に関する情報を調べてみましたが申し訳ございません。

伊藤純也選手の彼女に関する情報は意外にもありませんでした。

伊藤選手の彼女を観音崎で目撃したとの情報が唯一ありましたが、情報元は不明ですので信ぴょう性はかなり低いですね。

ほとんどガセネタと言っていいでしょう。

柏は千葉県で観音崎は神奈川県ですから少し付き合うには遠いですかね。

伊藤純也選手は引きこもり気味で物静かな性格なので、恋愛に対しても積極的ではないはずですので彼女に関する情報はこれからも出てこないのではないでしょうか。

サッカーでは抜群のスピードを誇る伊藤選手ですが恋愛は奥手なようです。

年俸は?代表入りある?

伊藤純也選手は神奈川大学でフォワードとしてゴールを量産して2014年には特別指定選手として大学在籍中にヴァンフォーレ甲府に加入し、翌年の2015年に正式に甲府とプロ契約。

チームのJ1残留に貢献に大きく貢献しました。

その後、柏レイソルへステップアップして右サイドにコンバートして、レギュラーポジションを掴んでいます。

年俸推移は大卒としては上限の480万円スタートで

2015年 480万円(ヴァンフォーレ甲府)
2016年 1000万円(柏レイソル)
2017年 1,200万円(柏レイソル)

と順調に上げてきています。

今のパフォーマンスを続けるとまだまだ伸び続けるでしょうね。

そんな伊藤純也選手ですが日本代表待望論がありましてハリルホジッチ監督が目指す縦に速いサッカーに伊藤純也選手の足の速さとドリブル突破が適していること。

右サイドで起用されている本田圭佑選手、久保裕也選手は縦というより中央に入ってプレーしたがるため右サイドを上下に往復するような左サイドで原口元気選手が行っているプレーが出来る選手を右サイドでも欲しい!

という事情に合致するのが伊藤純也選手なので代表待望論が起こっていると思います。

呼ばれない理由としては守備面での戦術理解度とフィジカルコンタクトに課題があると見られているのか、得点力という意味でセンタリングからヘディングで点を取れる選手をハリルホジッチ監督は欲しがっているので、そこが物足りないのか日本代表に呼ばれない理由はそれぐらいしか考えられません。

もし、ワールドカップ予選を突破したなら、テスト出来る余裕が出来るのでそのタイミングでの招集は今のパフォーマンスを続けていれば十分あり得るでしょう!

スピードが評判!プレースタイルについて

伊藤純也選手のポジションは右サイドハーフですが、大学時代とヴァンフォーレ甲府時代はフォワード、トップ下の選手でした。

柏レイソルでは右サイドバックでも試されていました。

プレースタイルを紹介する前にプレー動画をご覧ください。

身体能力としての特徴は

・スピード
・スプリント回数の多さ
・俊敏性
・持久力

が挙げられます。

とくにスピードに関してはJリーグで確実に5本の指に入るものがあり、2016年ドリブル時瞬間最高速度ランキングはJリーグ5位、ドリブル平均速度は1位です。

単に足が速いだけではなく、ドリブルしながらでも速いのが特徴ですね。

攻撃面での特徴は

・ダイアゴナル(ゴールに向かって斜め)に走るランニング
・右サイドからのドリブル突破
・センタリングの精度

が挙げられます。

とくにドリブル突破は伊藤選手の武器ですね。

どちらかというと中に行くより縦に運ぶドリブルが得意です。

ドリブルの際の姿勢の良さが特徴で走りながらも頭の位置が変わらないので目がとらえているボールの位置と実際のボールの位置がぶれないですからトップスピードでもミスなくボールを扱うことが出来て、迷うことなくスピードに乗れることがJリーグのドリブル平均速度1位につながっているのかもしれません。

また足の速さを生かしたボールを呼び込む動き出しの質も年々向上しています。

ドリブル突破からセンタリングでラストパスを供給する典型的なサイドアタッカーですね。

守備面での特徴は

・献身的なボールへのチェイス
・スピードで振り切られないところ

が挙げられます。

大学時代までフォワードでしたから守備はそこまで目立たないですね。

ただし、身体能力が高いので守備もどんどん良くなって来ていますがやはり攻撃を見て欲しいプレースタイルの選手だと思います。

最後に

いかがでしたか?

今回は柏レイソルの伊藤純也選手を紹介しました。

まだ右サイドハーフにコンバートしてから日が浅いので伸びしろは大きい選手だと思います。

日本代表に呼んで欲しいという声は非常に多いですし、すぐに柏レイソルの中心選手に成長しましたから、日本代表の中心になる日も近いかもしれませんね。

今後も伊藤純也選手のプレーから目が離せません!