中村俊輔・フリーキックランキング

今回はジュビロ磐田の

中村俊輔選手

の特集です。

主にフリーキックにフォーカス!

欧州のフリーキックのランキングでは果たしてランクインするのでしょうか。

また超絶フリーキックを生み出す歴代のスパイクに関しても調査してみました!

そして中村俊輔選手の凄さについても個人的な見解をまとめてみましたので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

中村俊輔のフリーキックランキングは?

中村俊輔選手のフリーキックランキングについては、2016年のイギリスのサッカーメディア「コパ90」現時点での世界最高のフリーキックランキングで4位に入っています。

2016年のランキングなのでエスパニョールからJリーグ横浜Fマリノスに移籍して欧州から離れてから6年が経過しているにもかかわらず、未だに中村俊輔選手のフリーキックはヨーロッパでインパクトを残しています。

また、2017年イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」がフリーキックランキングトップ20という企画で中村俊輔選手を5位に選出しました。 

同メディアによると「37歳になった今も完璧な放物線を描く」と現役選手の中では最高となる5位!

ちなみに1位はジュニーニョ・ペルナンブカーノ(ブラジル) 

2位はシニシャ・ミハイロビッチ(セルビア)
3位はジーコ(ブラジル)
4位はディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン)

です。

このメンバーの中に入るのはすごいことですよね。

ちなみにデビッド・ベッカム選手は10位でした。

Jリーグでの通算フリーキックでのゴールランキングでは21得点で1位。

2位は17得点の遠藤保仁選手となっています。

遠藤保仁選手はJリーグ一筋で、中村俊輔選手はヨーロッパで活躍していた時期が10年近くあることを考えるとこの数字はずば抜けていますね。

というわけで中村俊輔選手は名実ともにフリーキックは世界トップクラスと言えます。

凄さについて

中村俊輔選手のフリーキックの凄さについて考えていきます。

まずフォームが独特です。

こんな動画がありましたのでご覧ください。

サッカーのボールの蹴り方を教わるときに軸足をしっかりとボールの横に置いて蹴るとまず教わるはずですが、これは必ずしも正しくないことを中村俊輔選手は証明しています。

軸足を傾けて最後は抜いていますね。

このことによって遠心力が得られるので強いボールを蹴ることが出来ると同時に回しこむように蹴ることでボールに横回転を掛けることもでき、またインパクトする左足は上にこすりあげるように蹴ることで縦回転が掛かかります。

結果的に斜めの回転となり、空気抵抗により横に動き縦に落ちるボールを蹴ることが出来ます。

ボールの回転数が他の選手と比べて多いことは科学的に証明されていますので、スピードのあるボールが壁を越えてくる確率が高いことがフリーキックに関して最も凄いところ。

もちろんそこにボールコントロールがプラスされるわけですが、まずはボールの質が根本的にほかの選手と違うのでフリーキックを練習する人はまず精度よりもボールスピードがあって回転数を増やすにはどう蹴るべきかを考えて蹴ってみるのがいいと思います。

その点で、中村俊輔選手の蹴り方は参考になりますね。

本田圭佑選手の方が本パンチ力のあるボールが蹴れますがフリーキックで25m以内の距離では中村俊輔選手のボールのほうが早い!

なぜならボールの回転数が中村俊輔選手のほうが多いのでスピードがあっても壁の上から落とすことが出来るからです。

歴代スパイクは?

素晴らしいフリーキックを生み出す中村俊輔選手の歴代のスパイクを紹介していきます。

中村俊輔選手はadidasと生涯契約を結んでいて、2017年はadidasエース17.1プライムニットHG、メッシ16.1FG 、adidas アディゼロ F50 FG を着用しています。

中村俊輔選手はスパイクを色々と履き分けていて前半と後半でスパイクを変えることも多いのでピッチ状態によって変えているそうですね。

エース17.1プライムニットHG

中村俊輔・歴代スパイク01
エース17.1プライムニットHGの詳細をみる

メッシ16.1FG

中村俊輔・歴代スパイク02
メッシ16.1FGの詳細をみる

アディゼロ F50 FG

中村俊輔・歴代スパイク06

2015年はF50アディゼロLEAを履いていることが多かったですね。

中村俊輔・歴代スパイク05
F50アディゼロLEAの詳細をみる

2016年にはF50 アディゼロ4を中心に履いています。

中村俊輔・歴代スパイク04

こうしてみるとF50 アディゼロシリーズを好んでいます。

adidasの軽量級スパイクモデルシリーズで素足のような感覚でのボールタッチを重要視する選手が好んで履くモデルですね。

また中村俊輔選手のスパイクの選び方の特徴は最新モデルにこだわらずに何年か前の気に入ったモデルを履くことと、複数のスパイクを状況によって履き分けることが多いことが挙げられます。

アディダスとの生涯契約という特殊な契約も1つの最新モデルを『1年間履いて契約料はいくらです。』という普通の契約方法に合っていないからでしょう。

スパイクへのこだわりは相当に強い選手として有名なのでスパイクの購入を考えている方は中村俊輔選手のスパイクを参考にしてみるのもいいかもしれません。

最後に

いかがでしたか?

今回は未だにJリーグジュビロ磐田で躍進の原動力となっている中村俊輔選手39歳。

同世代で第一線で活躍出来ている選手は横浜マリノスの中澤佑二選手と鹿島アントラーズの小笠原満男選手くらいになりました。

中村俊輔選手のフリーキックを見られることの幸せを感じます。

これからも中村俊輔選手のプレーから目が離せません!