Jリーグ外国人ランキング2017

Jリーグ外国人ランキング2017!

ということで、Jリーグの各クラブの最強助っ人にフォーカスしていきます。

Jリーグ2017年シーズンも折り返し地点をまわり、それぞれのチームの特徴が見えてきましたね。

そこで今回は2017年のJリーグの後半戦で鍵になる外国人選手をまとめてみましたので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

レオ・シルバ

レオ・シルバ・Jリーグ外国人ランキング2017

今季アルビレックス新潟から移籍してきたブラジル人で鹿島アントラーズのボランチとして君臨しています。

タイプは違いますが完全に柴崎岳選手の穴を埋めましたね。

運動量、ボール奪取能力、ボールキープ力、ミドルシュートはワールドクラス!

Jリーグのナンバーワンのボランチといっていいでしょう。

怪我もありましたが、それまでは素晴らしいプレーぶりを見せていたのでケガから復帰してどのようなプレーを見せてくれるのか楽しみです!

クリスティアーノ

クリスティアーノ・Jリーグ外国人ランキング2017

柏レイソルのエースストライカー。

柏のパスサッカーの中でクリスティアーノ選手の個人技は異彩を放っており、両足から放たれるキャノンシュートと重戦車ドリブルで一人でもゴールをこじ開けます。

17試合終えた時点で7ゴールはベガルタ仙台のクリスラン選手、清水の鄭大世選手と並んで外国人選手トップです。

柏レイソルは前半戦を終えて3位!

クリスティアーノ選手が前半戦以上の活躍を見せれば優勝も狙えます!

スーパーゴールが多いので簡単に周りにお膳立てしてもらってワンタッチで決める得点が増えてくると、より厄介な存在になるでしょうし柏レイソルは周りを使ってもボールが返ってくるチームですから、バルセロナでのネイマール選手のようにソリスト(個人技プレーヤー)から脱却し始めるとますます止められないフォワードに進化するでしょう。

柏レイソルもクリスティアーノ選手にもそれだけのクオリティーがあります。

アデミウソン

アデミウソン・Jリーグ外国人ランキング2017

ガンバ大阪のエースストライカーです。

世代別のブラジル代表では10番を背負うほどの素材でマンチェスター・シティが目を付けた選手ですが、まだプレーに波があるのがもったいない!

ボディバランスの良さと爆発的なスピードからゴールを量産!

今シーズンはアデミウソン選手はゴール数が少ないですが、ガンバ大阪がJリーグ優勝するためにはこの選手の爆発は必要不可欠。

今年はなんか元気がない気がしますが、大舞台に強いタイプなので終盤の優勝争いに直結するゲームでのアデミウソン選手は要チェックです。

ヘイス

ヘイス・Jリーグ外国人ランキング2017

怪我から復帰したコンサドーレ札幌のガラスのエースでキープ力とシュートセンスは一級品です。

若手時代はロナウド2世と呼ばれたブラジル期待のフォワードでしたが、大怪我が続いた悲運の天才!

その才能はまだ底が知れず、前半戦は膝の怪我でほとんど棒に振りましたが、復帰していきなり2試合連続ゴールを決めてます。

都倉賢選手とのコンビも面白そうですがタイのメッシことチャナティップ選手、元ジュビロ磐田のジェイ選手とどう共存させるのかがコンサドーレ札幌の残留への鍵となるでしょう。

コンサドーレ札幌が残留圏内で粘っていることで残留争いが面白くなっているので、ヘイス選手に注目です!

クリスラン

クリスラン・Jリーグ外国人ランキング2017

ベガルタ仙台のエースストライカーです。

驚異の身体能力で13試合で7ゴールを記録していて90分の平均得点は驚異の0.945!

ほとんど1試合1点ペースです。

後半戦はマークがきつくなるでしょうがこのペースで得点を重ねることが出来ると得点王は間違いないですね。

ベガルタ仙台はクリスラン選手がいなければ前半戦終えて降格圏にいるでしょうし、後半戦クリスラン選手が活躍出来なければ、降格も!?

ラファエル・シルバ

ラファエル・シルバ・Jリーグ外国人ランキング2017

浦和レッズのエースとして6得点を決めている快速フォワードです。とにかく速くて巧い!

開幕戦から4試合で5ゴールと爆発しましたが、その後は1得点にとどまり浦和レッズの停滞の象徴的な存在となってしまいました。

おそらくワントップの位置で使うのがベストでしょうが興梠選手もいるので使い方が定まっていないのがもったいないですよね。

前半戦で12点を挙げて得点王の興梠選手との共存がうまくいけば、浦和レッズはまだ優勝があり得るかも!
2トップに変更してみたら面白いかもしれません。

ラファエル・シルバは帰化で日本代表になれる?彼女や嫁にプレースタイルも 

エドワルド・ネット

エドワルド・ネット・Jリーグ外国人ランキング2017

川崎フロンターレのパスサッカーを支える左利きのボランチです。

センターバックもこなせるネット選手がビルドアップ時にディフェンスラインに入ってくることで、プレッシャーの回避とカウンターリスク管理を両立!

また左足からの展開力とミドルシュートも素晴らしいものがあります。

細かくショートパスをつないでいく川崎フロンターレのスタイルに大柄な外国人選手が適応するのは簡単ではなかったと思いますが、謙虚に川崎スタイルを吸収していった姿勢も評価されるべきでしょう。

怪我から帰ってきた大島僚太選手とダブルボランチを組むことで中村憲剛選手をトップ下で使うことができますね。

前半戦終わって5位につける川崎フロンターレはネット選手と大島選手のダブルボランチがハマれば優勝も!

スポンサーリンク

ホニ

ホニ・Jリーグ外国人ランキング2017

アルビレックス新潟が浦和レッズに移籍したラファエル・シルバ選手の代役として獲得した快速フォワード。

守備からカウンターで得点を狙うチームのなかでフォワードが決めきれるかどうかは生命線になります。

ゴール後のバック宙パフォーマンスからも身体能力の高さが伺えますね。

そのポテンシャルの高さから大きな期待を集めましたが、前半戦終わって3得点。

まさかの最下位に沈むアルビレックス新潟は後半戦でのホニ選手の爆発がなければ降格が現実味を帯びてくるでしょう。

言葉の通じるロペス・ワグナー監督のもとで化ける可能性は十分にあると思います。

カミンスキー

カミンスキー・Jリーグ外国人ランキング2017

前半戦を終えて7位と躍進するジュビロ磐田の守護神。

守護が得意とは言えない攻撃的なチームにあって、このポーランド人のゴールキーパーが果たしている役割は大きい!

ゴールキーパー大国のポーランド出身の選手らしくセービング技術に定評があり、足の使い方とパンチング技術は他の日本人選手にも参考になるのではないでしょうか。

個人的にはJリーグナンバーワンのゴールキーパーだと思います!

ジュビロ磐田が優勝争いに絡んでくるなら、カミンスキー選手のさらなる活躍が必要です。

ピーター・ウタカ

ピーター・ウタカ・Jリーグ外国人ランキング2017

2017年シーズンにサンフレッチェ広島からFC東京に移籍した2016年のJリーグ得点王。

身体能力の高さとポジショニングの良さでゴールを量産!

前半戦は大久保嘉人選手に主役の座を譲りましたが大久保嘉人選手が怪我をしたので、後半戦はピーター・ウタカ選手が攻撃の中心となるでしょう。

古巣のサンフレッチェ広島は降格圏内に沈んでいるのでピーター・ウタカ選手の穴の大きさを痛感しているでしょう。

昨年のサンフレッチェ広島での活躍ほどFC東京ではインパクトがないので、この選手が復調するだけで攻撃力は格段に上がります。

前半戦を終えて9位に甘んじるタレント軍団のFC東京の再生には欠かせない選手です。

Jリーグ2017!最強助っ人は?

Jリーグ2017であなたが思う最強助っ人に下記から投票をどうぞ

Loading ... Loading ...

最後に

いかがでしたか?

得点ランキングの上位を日本人選手が独占した2017年シーズンの前半戦でした。

外国人選手の目に見えた活躍は少なかったので後半戦は外国人選手が活躍したチームが順位を上げていくのではないでしょうか。

後半戦もJリーグの外国人選手の活躍から目が離せません!