森保一

2012年にサンフレッチェ広島の監督に就任してから3度のJリーグ制覇を果たした森保一監督の解任が発表されました。

そこで今回は森保一監督のサンフレッチェ広島での年俸と解任理由を紹介!

今後の日本代表監督を含めたキャリアを展望します。

また、森保一監督のお嫁さんや子供さんについても調べてみましたので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

森保一の解任理由と今後は?年俸についても

日本人監督屈指の名将との呼び声が高い森保一監督の解任理由は3つ考えられます。

①Jリーグで前半戦を終わって降格圏の17位に沈んだ成績の低迷。
②フロントとの強化方針を巡る確執
③戦術的なトレンドの変化

まずについてですが、16位の大宮アルディージャと18位のアルビレックス新潟がすでに監督交代に踏み切っているため17位での解任は仕方が無いといえますね。

次にについてですが2016年夏に浅野拓麿選手をアーセナルに放出し、2016年のJリーグ得点王となったピーター・ウタカ選手は金銭面で折り合いがつかずFC東京に移籍。

さらに黄金期を支えた佐藤寿人選手が出場機会を求めて名古屋グランパスに移籍するなどストライカーの放出が相次いだ中で臨んだ2017年シーズンでしたが、夏には塩谷司選手を中東に放出するなどフロントの強化方針に対して納得出来ずに辞任という形になったと伝えられています。

について説明すると、サンフレッチェ広島のサッカーは現在、浦和レッズの監督を務めるミシャ・ペトロヴィッチ監督時代から受け継がれた変則システムをベースとしています。

攻撃時は2ー3ー5、守備時は5ー4ー1となり、局面に応じてボール近辺に数的優位を作ることができるという仕組みになっています。

しかし、攻守の切り替えが早くなる現代サッカーのトレンドにこの変則システムは対応できずにカウンターを受けやすくカウンターを仕掛けにくいというデメリットが目立つようになっていました。

フロントは「時代遅れのサッカー」と判断したのかもしれません。

同じ仕組みのサッカーをする浦和レッズも低迷していますしね。

ちなみに今後の後任監督は未定となっています。

おそらくシンプルなサッカーができる監督を連れてきてとにかく残留を狙うはずですが、火中の栗を拾う形になる後任監督探しは難航するでしょう。

森保一監督の年俸は7000万円と日本人監督としてはトップクラスであり、最終的には自ら辞任したようなので違約金はかからない模様ですが、森保監督以上の監督を連れてくるのはほぼ不可能。

個人的には、元レノファ山口の上野展裕監督がオススメです。

プロサッカー監督の仕事・森保一

嫁と子供をチェック

森保一監督はチームマネジメント能力が高く評価されていますが、家庭のマネジメントはお嫁さんに任せっきりだそうです。

嫁は由美子さん。

ファンなら有名かもしれませんね。

3人の子供さんは全てサッカー少年で、長男の森保翔平さんはJ2カマタマーレ讃岐でディフェンダーとしてプレーしていましたが、2016年に契約満了となり、現在はプレーするチームを探しているようです。

次男の森保圭悟さんは名門流通経済大学サッカー部を卒業して、エッジワース・イーグルスというオーストラリア2部リーグでプレーしていますね。

3男の森保陸くんは、サンフレッチェ広島ユースに所属してトップチーム昇格を目指しています。

3人ともサッカーでかなりのレベルまで行っているので、やはり教え方が上手いんでしょう。

ちなみに森保一監督はオフシーズンの家族旅行が一番の楽しみだと以前語っていましたから、しばらくは家族との時間を取りながら充電してください。

次にどのチームで指揮をとるのか楽しみですね!

日本代表監督候補?

日本人監督で唯一Jリーグを3回制覇している森保一監督

日本代表監督候補としても何かと話題になっています。

ハリルホジッチ監督の後任候補としての期待もされていますし、東京オリンピックの日本代表監督としても当然ながら候補になってくるでしょう。

サッカー日本代表次期監督候補のまとめ!ハリルの後任を予想してみた 

育成年代の日本代表の試合を見ても一貫性のある基本的なやり方は見えてきているので、後任監督として求められている人材は育成年代で出来てきている日本のサッカーのスタイルを下からボトムアップ方式で継続し、さらに磨きをかけてくれる監督です。

特殊なミシャ式変則システムのスタイルを継承してきた森保一監督ですから、上から目線ではなく、下の年代のスタッフと連携をとりながら日本代表のスタイルを継承していく人材としては最適といえますね。

ただサンフレッチェ広島が降格圏に沈んだことで浮かび上がった課題もあります。

まず、選手の自主性を重んじることで中心選手を外せなくなっていた事とフロントを動かす力がないのでは?という部分。

どちらも「人の良さ」からくるものなのでしょうが、監督なら調子の悪い選手は、いくらスター選手でも躊躇なく外すことが出来なければ話になりませんし、日本代表の監督を務めるなら協会に対してもメディアに対しても遠慮はもってのほか。

森保一監督が日本代表を率いる上で1番心配なのは、人が良すぎるところですかね。

個人的には代表コーチが適任かと思います。

最後に

いかがでしたか?

サンフレッチェ広島の森保一監督解任はびっくりでしたが、毎年、主力選手が引き抜かれながらよくやったと思います。

最大の功績はスタジアム建設の問題が注目されていた年に優勝した事でしょう。

広島市長の「2位でいい」発言は行政への不信を呼び、結果として新スタジアム構想が動き出しました。

素晴らしい新スタジアムが出来た頃に監督として戻ってきてくださいね!