三好康児
川崎フロンターレでプレーする

三好康児選手を紹介していきます。

川崎ユース出身で、U-19日本代表でもプレーする三好選手は、“フロンターレ下部組織の最高傑作”とまで評価されるめちゃくちゃ注目されている選手なんです。

いったいどんな選手なんでしょうか。

今回はそんな三好選手をピックアップ。

彼女や兄弟の存在、プレースタイルや中学高校時代の様子もチェックしてみたいと思います。

お楽しみくださ~い

スポンサーリンク

三好康児のプレースタイルは?評価はどう?

いま、川崎サポーターから大きな注目を集めている三好康児選手ですが、彼のプレースタイルはどんななんでしょうか。

三好選手のポジションはMF。2列目の、特に右サイドが彼の好パフォーマンスを引き出すようです。

相手DFの背後の空いたスペースに効果的な縦パスを送り出し、さまざまな効果的な仕掛けを作り出します。

利き足は左足なのでむしろ逆サイドのほうが三好選手に合っているのではないかと思われますが右サイド。

これは彼が利き足ではないほうの足も遜色なく使えるという証拠で、彼の器用さを表しているということだと思います。

目立つのはボールコントロールのうまさと、果敢なシュート。
三好康児・プレースタイル

まずボールコントロールでは、トラップが上手です。どんな形で飛んできたパスも、足元にきちんと収める技術力の高さを持っています。

そして、やわらかく繊細なタッチでボールを運ぶドリブルも見事。

ボールが足元から離れないので、相手はなかなかボールを奪うチャンスがありません。

シュートは、2列目というポジションの事情から、ミドルシュートが多くなります。

しかしこれまで、難しい角度からのミドルシュートもかなり決めてきています。

やはり、どのような状況でもボールをしっかりミートできる足技があるからなのでしょう。

もちろん、利き足の左足でもそうでない右足でも同じようにシュートが打てるというのも大きな武器。

相手としては非常にマッチアップしにくい選手ということになりそうですね。

そんな三好選手のプレー集動画がこちらになります

身長167センチと小柄ですが、その分スピードがあります。

ですから、自らドリブルで持ち込んだり、サイドから抜け出してスルーパスを受けたり、あるいはまた相手DFの間を抜くパスを供給したりと、さまざまな攻撃パターンが考えられます。

まだ19歳という若さですから、今後、自らの技術力を高め、またチームメイトをうまく使うアイデアをどんどん吸収して成長していけば、もしかしたら恐ろしい選手に成長するかもしれません。

もちろん、まだ粗削りでミスも多いようですね。

しかし、このまましっかりと成長していけば、東京五輪でもしっかりと戦える、歴代最強の代表選手に成長するのでは、という評価もあります。

川崎のMFといえば、中村憲剛選手がリーダーとして引っ張っているわけですが、その中村選手は三好選手について

「まだまだ適当にやっちゃうというか、ノリでやっているところがあるので。こればかりは言っていくしかないと思うけれども、アイツも自覚をしているからこそ、このスピードでここまで(伸びて)きているので」

とコメントしています。

今後の成長に期待大、といった評価ですね。

そんな中村選手のフロンターレ魂、フロンターレ哲学をじっくりと叩き込んでいってほしいものですね。

今後もたくさん経験を積んで、プレーのアイデアをどんどん蓄積し、トリッキーでスピーディ、そしてパワーも兼ね備えた選手に成長していって貰いたいなと~!

三好康児の彼女や兄弟をチェック

三好選手の家族構成は父・母・姉・兄ということのようです。

で、このお兄さんの影響で、川崎市立中野島小学校1年からサッカーを始めたということのようです。

本人のプロフィールによると、サッカー選手になりたいと意識し始めたのは保育園児の頃だということになっていますから、おそらくボールに触れたのは保育園のときで、小学校1年生からお兄さんと同じ中野島FCに入団したということのようですね。

いまの三好選手があるのは、お兄さんのお陰なのかもしれません。

そんな三好選手はまだ19歳で独身ですから、さぞかしモテるんだろうなと思い、彼女の存在についても調べてみました。

が、彼女情報は一切みつかりません。

うーむ、ステディはいないのかな?

フロンターレのHPには、三好選手の好きな女性のタイプとして「優しい人」、異性のぐっとくる仕草「笑顔」、恋人、奥さんに求めるもの「自然でいられる人」などと答えています。

さらにハンバーグが得意で、スカートが似合い、ショートヘアで、キレイめな女性が好みとも。

我こそはとお考えの女性は、アプローチしてみてはいかがでしょうか(笑)。

Jリーガー、それもフロンターレといった人気チームの選手は女性と知り合いになる機会も多いハズです。

もしかしたらきっちり隠しているのかもしれませんね。

中学高校時代は?

三好康児選手は、小学校5年生のときに川崎フロンターレの下部組織、U-12に入団。

さらに川崎市立中野島中学校時代はU-15に、そして神奈川県立新城高校時代はU-18に所属しています。

この間、U-15日本代表、U-16日本代表、U-17日本代表と、どの世代別の代表にも選出されていますから、同世代の選手の中でも一歩抜きん出た存在であったことは間違いありません。

世代代表として、2012年はAFC U-16選手権に、2013年にはFIFA U-17ワールドカップに出場していますから、国際経験も豊富ということです。

これらの経験を引っさげて2015年、ついにトップチームに入団となったわけです。

これからチームの大黒柱になると同時に、A代表としての活躍も期待されますね。

2018年のロシアワールドカップに間に合うでしょうか。

楽しみですね。

最後に

というわけで、三好康児選手を紹介しました。

2015年、入団1年目から公式戦デビューを果たし、2016年はリーグ戦15試合、リーグ杯4試合、オープン杯5試合と、通算24試合に出場して4ゴール。

そして2017年もリーグ戦序盤から試合への出場機会をもらっています。

一気に爆発する天才ではないかもしれませんが、ダイヤモンドの原石のように磨けば磨くほど光り輝く存在といえるでしょう。

出場機会をどんどん増やし、着実に成長していってほしいですね。

頑張れ~!