小林悠
今回は川崎フロンターレの

小林悠選手をピックアップ。

小林選手といえば、2016年シーズンからキャプテンを務めることになりましたね。

日本代表にも選出されたりと

その責任感からか、シーズン開幕戦で4年連続となる開幕戦ゴールを決めるなど、すごい決定力も持っています。

今年こそ優勝を目指す川崎にとって、なくてはならない存在と言えるでしょうね。

そんな小林悠選手を

小林選手の嫁や子ども、プレースタイル、高校時代の情報などをまとめて紹介していきます~!

スポンサーリンク

小林悠のプレースタイルは?

小林悠選手は90分間、常にハードワークをこなし、チームにしっかり貢献するというのがいちばんの評価ポイントだと思います。

プレースタイルとしては、オフ・ザ・ボールの動きが巧みで、相手DFのわずかなスキをついて前線に飛び出してゴールを量産する形が特徴的かと。

これに関してはもう、Jリーグ屈指の技術、勘を持っていると言えるでしょう。

やはり相手との駆け引きがうまいのだと思います。裏のスペースへと飛び出すタイミングが本当に絶妙です。

味方がボールを持つと何度も何度も動き出し、常に飛び出すタイミングを見計らっているのがよくわかります。

試合中、ずっとそうやってハードに動き、得点のチャンスを狙っているのですから、そのスタミナ、そして集中力は人並み外れたものを感じます。

もちろん、一瞬のスピードもなければできないワザといえるでしょう。

また、身長は177センチと外国人選手に囲まれれば決して大きな体格とはいえませんが、空中戦でも負けることはなく、評価は高いみたいです。

それにボディコンタクトも上手なので、FWとしてのポストプレーも十分にこなします。

これだけいろんなことができると、攻撃のバリエーションが実に豊富になりますね。

打ってよし、アシストしてよし。そんな万能型のFWが小林悠選手なのです。

ちなみにプレー集がこちら

さらに2016年は、キャプテンとしてチームを引っ張っていくという重要な役割も果たしています。
キャプテン就任のコメントとして

「チームとして勝ちたい、勝たせたいという気持ちは誰にも負けない」

と、個の力ではなくチームの力を引き出したいという思いを語っています。

FWというのは得てして「オレが、オレが」というタイプが多いものです。でも、小林選手はむしろ「チームとして」と、アシストやポストプレーにも積極的に取り組めるタイプ。

自分でゴールを決められる決定力を持ちながら、チームのために泥もかぶれる役割も果たすことができるメンタリティを持っているのです。

両者を持ち合わせる小林選手、これからさらに怖い存在の一人となりそうですね。

嫁の画像はある?馴れ初めや

小林悠選手はかなりのイケメンで女性ファンは多いのですが、すでに結婚しています。

嫁は一般女性なので画像はなかなか見当たりませんが、馴れ初めとしては小林選手が拓殖大学在学中に知り合った女性のようです。

学生時代から付き合い、そのままめでたくゴールインとなったわけですね。

学生時代に付き合った男性がJリーガーになって、しかも第一線でバリバリ活躍するなんで、嫁としては自慢のダンナということになるんでしょう。

とは言え、ダンナが活躍できるのは本人の努力だけではないようです。

アスリートの嫁となる人は管理栄養士の資格をもっている人が多いですが、小林選手の嫁もその一人。

小林選手の食事をしっかり管理しているといいます。

つまり、小林選手の現在の活躍は彼一人の努力でできたものではなく、嫁の陰の支えもあったということです。
夫婦二人三脚で戦っているんですね。

子供がかわいいと評判!名前は?

そんな小林選手には2014年4月に第一子が誕生。

男の子で名前は結翔(ゆいと)くんというそうです。そして、第二子は真翔(まなと)くん。

自身のブログでも公開していましたね。
小林悠・子供
引用元:http://ameblo.jp/kobayashi-yu11/entry-12181743248.html

イケメンの小林選手に似たのか、それとも美人の嫁に似たのかはわかりませんが、かなりの美形赤ちゃんのようです。

誕生当時、試合でゴールを決めて「ゆりかごダンス」やっていましたから、記憶にある人も多いかもしれません。
また、誕生直後には

「新しい家族が増えました。元気に生まれてきてくれた赤ちゃん、つわりや陣痛などで頑張ってくれた妻に本当に感謝したいと思います」

などとコメントを発表。本当にうれしそうでした。
そろそろ3歳になって、可愛い盛りでしょうね。すでにボールを蹴っているかもしれません。
幸せいっぱいな感じが伝わってきて、こっちまでほんわかした気持ちになりますね。

高校時代は?太田宏介と仲良し?

小林悠・太田宏介
青森県生まれで東京育ちという小林悠選手ですが、高校は神奈川県相模原市の麻布大学附属渕野辺高(現麻布大学附属高)出身です。

CHECK太田宏介のプレースタイルは?年俸や愛用スパイクを調査!日本代表についても 

そのサッカー部では、現在FC東京でDFとして活躍する太田宏介選手とチームメイトでした。

サッカーファンの間では有名な話しですが2人は高校時代からの親友であり、現在も大の仲良しみたいですね。

かつて太田選手は

「悠が点を取ったら僕はうれしいし、Jリーグのなかでもいちばん応援したい選手」

とコメント。小林選手も同じ思いでいるんでしょうね。

2人はともに、アギーレ・ジャパン、ハリル・ジャパンにも招集された経験を持っていますが、これまでなかなか出場機会には恵まれず、2人で同じピッチ立ったことはありません。

それでも将来、2人が同時に試合に出場し、太田-小林のホットラインから得点を奪うシーンを見てみたいものです。

そんな得点シーンが、ワールドカップなら最高なのですけどね。

最後に

というわけで、今回は川崎フロンターレの小林悠選手を紹介しました。

スピード、テクニック、パワー、スタミナ、そしてメンタリティも兼ね備えている万能型FWは、川崎だけにとどまらず日本代表としてももっと活躍してほしいですよね。

29歳ですから、すでに経験は十分。これからはその蓄積をどのように爆発させていくかです。

小林悠選手の所属チーム、日本代表での活躍にも注目したいと思います。

今後の活躍を楽しみにしましょう。