久保建英・過大評価

今回はU20ワールドカップ日本代表の顔、15歳の久保建英選手を特集します。

2世代の飛び級をしていてバルセロナの下部組織出身という前例のない選手なので久保建英選手の評価の基準は難しいですよね。

過大評価では?という声も出ているので実際の実力を調査します!

またバルセロナの下部組織から日本に戻った理由についても振り返りますので

最後までご覧ください!

スポンサーリンク

久保建英は過大評価されてる?

15歳でのU20ワールドカップ出場は日本サッカー界にとって前代未聞なので、経験を積ませるための選出だとか将来スペイン代表を選択されないためでは?という見方もあり、中には「久保建英は過大評価」という声もあったようですがそんな懸念を払拭するには一瞬で十分でした。

初戦の南アフリカ戦で後半に投入されるとファーストタッチで決定的なスルーパスを出し観客の度肝を抜いたのです。

また決勝ゴールもアシストしてその名を世界にとどろかせました。

「久保は天才だ」
「久保はゲームに決定的な影響を与えた。彼は普通ではない」

と海外のサッカーファンも反応していて久保建英選手の過大評価説を一蹴してみせましたね。

久保建英のプレースタイルは?バルセロナに復帰の噂や海外の反応も! 

実際の実力を調査!凄さってなに?

久保建英選手は実際のところどれほどの実力があるのでしょうか?

久保建英選手は主にJ3のFC東京U23の試合に出ていてゴールも決めていますが大活躍しているとは言えないですかね。

しかしJ1のルヴァン杯、U20日本代表では印象的なプレーをしています。

J1でも飛び抜けた凄みがあるけど下部リーグのフィジカル勝負では分が悪く、90分戦うという意味ではまだJ1には早いというのが現在の実力と言えるでしょう。

ではその凄みとは何かというと「目」です。

スポーツに必要な目の性能がもっとも現れる競技はというと卓球!

久保建英選手は卓球の名手でバルセロナの下部組織のなかでも無敵を誇っていたんだとか。

そこでスポーツに必要な目の主な性能を3つ紹介します。

【①動体視力】
速く動いている物を正確にとらえる力

【②動きながら見る能力】
自分が動きながら正確に見る能力(カメラで言う手ブレ補正)

【③瞬間的に見て覚える能力】
チラ見しただけで正確に周囲の状況がわかる力

卓球は球が小さくて速く相手との距離も近いので3つの目の性能が物を言うスポーツなのです。

サッカー選手でもこれらの目の能力があるかを判断するには卓球をさせると手っ取り早くわかるんですよね。

メッシも卓球が上手くて足より手のほうが得意とまで言われたことがあり、Cロナウドは卓球選手としてスカウトされるほどの腕前だったそうでファン・ペルシーも卓球上手で有名でテレビの企画でオリンピック選手と対戦しました。

卓球が上手い選手がサッカーで優れているプレーはというと動いているボールの処理、視野の広さ、相手の逆をとるプレーです。

久保建英選手のU20ワールドカップ南アフリカ戦でのアシストは走りながら斜め後ろをチラ見して堂安選手の利き足にピタリと合わせていますね。

また小川選手へのスルーパスのシーンではボールを受けた時には小川選手のランニングを確認していて、小川選手のマークが付いて行こうとしていることまで見えているので、逆を通すパスを通しています。

というわけで久保建英選手は目の性能からくる確かな技術とプレービジョンをつくる早さ、相手の逆をとるアイデアが凄みなのではないでしょうか。

プレーしながらキョロキョロと細かく首を振っていますよね。

目の能力は年齢と関係がないので久保選手は飛び級しても活躍できるのでしょう。

日本に戻った理由について

久保建英選手は14歳のときにバルセロナの下部組織を退団しています。

現在はFC東京U18に在籍していますが、日本に戻った理由はというと

FIFAは2014年、バルセロナに18歳未満の外国人選手の獲得があったとして、

違反で獲得した久保選手を含む10人の選手は18歳になるまで公式戦の出場を認めない

という処分を下したのです。

試合に出ずにバルセロナに残った韓国のメッシことイスンウ選手のような選択肢もありましたが、久保選手はまだ若かったこともあり帰国を選択しました。

クラブの不正に対して未成年の選手が罰を受けるのはかわいそうですよね。

しかし、バルセロナの下部組織で育った選手は特殊はパスサッカーに特化するのでバルセロナでしか活躍できないというのはサッカー界では定説となっているので、帰国したことは悪いことばかりではないでしょう。

久保選手も日本に戻って

「自分がイメージしていたより2倍も3倍も速く成長できている」

と語っています。

Jリーグで活躍して再び海外でチャレンジして欲しいですね。

最後に

いかがでしたか?
今回はU20ワールドカップでの活躍で話題の久保建英選手を特集しました。

この世代は岩崎選手、小川選手の2トップが軸になっていますが、どちらも周りからうまく使われるタイプの選手で久保選手は周りを使うタイプの選手ですから、途中から入るとガラッと流れが変わりますね。

選ばれたのも納得です。

キャプテンの坂井選手に指示を出している姿やインタビューの受け答えを見ると精神年齢も飛び級にふさわしい!と感じますね

これからもますます成長していく久保建英選手を応援してます!