奈良竜樹
今回は川崎フロンターレに所属する若きディフェンダー

奈良竜樹選手

を紹介します〜

年代別代表に常に名を連ねてきた奈良選手ですが、2016年のリオデジャネイロオリンピックの直前に負傷し、代表落ちを経験するなど、何度も苦労を経験してきた選手でもありますね。

そんな23歳の将来性豊かなCB奈良選手の嫁や子供、出身高校や兄弟、プレースタイルや評価について見てみましょう。

スポンサーリンク

奈良竜樹の嫁はファイターズガール!子供はいるの?

奈良選手は、コンサドーレ札幌に昇格した奈良選手は21歳のとき、地元札幌市内に住む女性と結婚を発表しました。

そして、お相手のお嫁さんはなんと北海道日本ハムファイターズガールだそうです。

一般人ではあるものの、日本ハムファイターズ専属のチアリーダーを務めるファイターズガールの一員ということでどこで知り合ったのか興味深いですね~

当初は嫁の存在を一般人と発表していたのですが、嫁自身がTwitterで公表してしまったため、ファイターズガールであったことが世間に出てしまったらしいです (笑)

コンサドーレ札幌時代なら日本ハム関連との出会いもあって不思議じゃありませんので紹介などで知り合ったんでしょうね。

芸能人やモデルと結婚するサッカー選手は多いですが、プロ野球のチアリーダーと結婚する例はあまり聞かないですね。

両チームのファンともに複雑な思いがあるかもしれませんが、、

どうやらとても美人な方のようで羨ましい限りです(笑)

そしてさぞかわいい子供が生まれるのではないかと期待されますが、 現在のところ、子供に関する情報は見つかりませんでした。

まだ、サッカー選手としては駆け出しですし、札幌から東京、川崎とチームをうつってきたので、環境の適応に忙しかったのでしょう。

是非サッカー選手として安定した地位を築き、プライベートも充実させていって欲しいと思います。

出身高校はどこ?兄弟は?

高校時代は札幌のユースチームに所属していた奈良選手ですが、高校はどこだったのでしょうか。

調べてみましたが、こちらも正確な情報はありませんでした。

しかし、北見市から札幌にサッカーをするために、移り住んだとあるので、札幌市内の公立高校に通っていたのではないですかね〜

サッカーをより高いレベルでやるために、単身田舎から都会へと引っ越すのにはたいへんな勇気が必要だったでしょう。

そんなサッカーにかける思いやメンタルの強さは今の奈良選手を支える武器になっているのかもしれません。

続いて奈良選手の兄弟についてですが、弟が1人いるようです。

弟がどんな人なのかまでは分かりませんが、やべっちFCなどのバラエティ番組に出演する際の様子などからみて、奈良選手自身は気さくで面倒見のいい兄だったのでなないでしょうか。

兄である奈良選手が札幌市内へ行ってからは、もしかしたらあまり弟さんとの接点は持ててなかったかもしれませんね。

プレースタイルと評価について

続いて、そんな真面目な印象の強い奈良選手ですが、どんなプレースタイルの持ち主なのかみていきましょう。

奈良選手は180cmとセンターバックにしてはあまり身長が高くありません。

日本代表のCBを務める吉田麻也選手が190cm近いですから、体格的には少し難がある気がしますね。

しかし、サイズ感の不足を補うジャンプ力やボディバランスが奈良選手の最大の特徴であり、空中戦で負けることはなかなかないのが魅力的なわけです。

筋肉も特徴の1つであり、高校時代の怪我を機に身体を鍛え始めたことで、今のフィジカルを全面に出したディフェンスの土台となってきたようですね。

一方で、さらなる成長を遂げるため、パリ・サンジェルマンのCBチアゴシウバを参考にしているのだと言います。

国内随一の攻撃力を誇るフロンターレのCBとして、フィードの精度やカバーリングなど全てに長けた万能型CBを目指し頑張って欲しいものです。

気になる奈良選手の評価についてですが、強豪フロンターレで23歳にして3番を背負っているところから期待の高さを感じます。

また、年代別代表に選ばれ続けてきたことからも、複数の監督に認められる能力の高さや安定感が見てとれますね〜

しかし、リオデジャネイロオリンピック世代で同じCBを務めていた鹿島アントラーズの植田直通選手はハリルホジッチ監督のもと、日本代表に継続して選出されており、奈良選手は一歩遅れをとっています。

能力は高いものの怪我がちであるという印象が強いので、まずはシーズンを通して戦える体づくりをしてほしいですね。

CBは1度メンバーを固定してしまうと変えづらいポジションでもあるので、怪我で離脱してしまうと一気に出番を失ってしまう可能性が大いにあります。

怪我で大成できなかった選手は何人もいましたが、そうならないことを祈るばかりです。

最後に

これまで、フロンターレの若きディフェンダー、奈良竜樹選手についてお伝えしました〜

怪我で大舞台を逃すことの多かった奈良選手ですが、だからこそ代表やタイトルにかける思いは強いはずです。
世代別の日本代表には常に選ばれてきた選手なので、A代表としていつか日本のセンターバックとして活躍してほしいですね。

今後のさらなる成長に期待!!