山田康太

今回は横浜Fマリノスユース所属の

山田康太選手

をピックアップしていきます。

高円宮プレミアリーグEASTで活躍する山田康太選手の気になるプレースタイルと周囲からの評価を紹介します。

また中学高校、プライベートな情報も調べてみました。

将来を嘱望される彼女は一体どんな人なのでしょうか。

まだプロ契約をしていない選手ですが一足はやくチェックしていきます。

ぜひ、最後までご覧くださいね。

スポンサーリンク

山田康太のプレースタイルや評価は?

まずは山田康太選手のプレースタイルから紹介していきます。

17歳の選手ですがプロフィールでは177cmとそれなりに高さがあり体格も同世代の選手と比べるといいですね。

実際はもう180cmくらいありそうですしまだ伸びるかもしれませんね。

典型的な10番タイプでトップ下が天職だと思います。フォワード・ボランチやサイドハーフも出来るでしょう。

山田康太選手の最も優れてくる特徴はトラップ。
足元に磁石が付いているかのようにボールが足に吸い付く感じなんですよね。

ただ止めるだけのトラップなら誰でもできますが山田康太選手の場合は走りながら・ターンしながらのトラップに非凡なものがあります。

この能力があると相手の間の狭いスペースでボールを受けることができるんですよね。

また、戦術眼にも優れているのかどこでボールを受けるとチャンスになるかがよく分かっているのでしょう。
いつもいやらしいポジションでボールを引き出し相手の守備陣形を乱します。

またそこから決定的なスルーパスも得意なプレーですね。

山田康太選手のトラップ戦術眼が1番生きるポジションは間違いなくトップ下です。

トップ下はボールを受けるスペース(中間ポジション)が狭いですが複数の箇所があるため、トラップがうまくて戦術眼に優れた山田康太選手にピッタリ!

相手が張っている守備の網に穴を開けて網から飛び出した味方選手にパスを通すことができ、具体的に近いプレースタイルの選手を挙げると香川真司選手になります。

香川選手とはなにかと今後比較されていくんじゃないでしょうか。

ただ、香川真司になくて山田康太にあるものも事実。

それはヘディングでの得点力です。

高さもありますし落下点予測がいいのかヘディングでのゴールが多いですね。

いつか香川選手を超えて行って欲しいと思います。

また周囲からのどのような評価をもらっているんでしょうか?

横浜Fマリノスの提携先であるマンチェスターシティのユースに短期で練習参加した際の評価も上々だったようですね。

本人はシュート意識の重要性を感じたそうですが、技術的には自分のほうが上だったと練習参加を振り返ります。

10代で海外の同世代トップレベルとサッカーができてよかったですね。

また横浜Fマリノストップチームはまだ高校2年生の山田康太選手をタイ遠征に帯同させタイリーグの名門スパンブリーFCとの試合では1ゴール1アシストを記録して「開幕戦スタメンもあり得る」

と評価。

まだJリーグデビューはできていませんが、横浜Fマリノスユースチームでエースとしてチームを引っ張っており、トップチームの練習参加するでしょうから楽しみですね!

将来A代表で10番?

ってことにもなってるかもしれませんね~

中学高校は?彼女についても

そんな山田康太選手の中学高校は小学校から今まで横浜Fマリノス下部組織一筋なので中学時代も高校時代もマリノスユースです。

15年国体少年男子の部で優勝しています。

小さな時から見ているサポーターも多いと思いますしイケメンなのでいずれチームの顔になるかもしれませんね。

で、

気になる彼女は?

についてなのですがmネット上にはとくにこれといった情報はありませんでした。

まだ高校3年生なのでこれからその手の話題は出てくるでしょう。

まずはJリーグデビュー目指して欲しいですね。

U-20日本代表からA代表については?

先日U-20日本代表候補メンバーに17歳にして招集されて、注目を集めましたがこの合宿は今月韓国で行われるU20w杯とは別チームでいわばBチームです。

サッカーU-20ワールドカップ2017!注目選手のまとめ【日本代表編】 

残念ながらU20w杯は逃してしまいました。

誕生日が7月なので今年10月にインドで行われるU17W杯の時には18歳になるので出場出来ません。

残す世代別代表の世界大会は2020年東京五輪だけです。

少しかわいそうですよね。

しかし、昌子源選手も同じく年齢的な不利で世代別代表にはあまり縁がありませんでしたが、同世代をごぼう抜きしてA代表までのぼり詰めました。

久保建英選手は15歳でU20w杯に出場。

山田康太選手も生まれ年の不利をバネにしてまずは東京五輪目指して頑張って欲しいですね。

そしてA代表と順調に行って欲しいですが山田康太選手のようなタイプは日本では多いので代表に選ばれるには先にヨーロッパで結果を出さないと厳しいです。

逆にヨーロッパでは希少価値のあるタイプなので香川選手のようにJリーグで地位を築く前に挑戦して欲しいですね。

久保建英選手は代表に入るために超えていかないといけない選手だと思います。

最後に

今回は横浜Fマリノスユース山田康太選手を紹介しました。

面白い選手なのではやくJリーグで見たいですね。

2ユース時代から注目している横浜Fマリノスサポーターの方も多いと思います。

そんなハマのプリンス山田選手の今後が楽しみ!