安部裕葵

今回は瀬戸内高校出身の鹿島アントラーズ高卒ルーキー

安部裕葵選手

をピックアップします。

すでに公式戦デビューを果たした19歳の気になるプレースタイル・評価を紹介します。

出身中学・高校時代のエピソードや彼女についても調べてみました。

大物の雰囲気を醸し出す安部裕葵選手の素顔に迫ります。

最後までご覧くださいね~!

スポンサーリンク

安部裕葵のプレースタイルは?評価もチェック

安部裕葵選手はFWが高校時代のポジションですが、鹿島アントラーズでは左サイドハーフとして起用されています。

トップ下、ボランチも問題なくこなすそうです。

そんな安部選手のプレースタイルついてはどうなのでしょうか?

印象的としては特徴はこれといってありません。

悪い意味ではなく「なんでもできてつかみどころがない」選手なんです。

似ている選手を挙げると中田英寿選手でしょうか。

中田選手はプロ入りしてから強靭な肉体を手に入れたのでボディバランスが特徴的ですが、ルーキー時代はいい選手だけど説明しずらいというタイプでした。

安部選手も似たようなタイプだと思います。

キックモーションは小笠原満男選手に似ていますね。

状況判断能力があり、合理的でシンプルなプレーを選択するインテリジェンスを持ち、派手さはないが試合で使える基本技術、ボールの受け方のうまさがあります。

小柄ですが相手から隠すようにボールを持ち、簡単にボールキープして、両足をそつなくこなすのでいい位置にいる味方選手に的確にパスが出せます。

ボール扱いがうまい選手というよりサッカーがうまい選手といった表現が近いかも。

結果としてこれといった個性がないようにも見えてしまいますが、それこそが安部裕葵選手の持つ異能だと思います。

そして周囲からの評価は非常に高いですね~

鹿島アントラーズの石井監督はオフザボールの動きの質、ボールの収まり、個人で仕掛ける能力をこのように評価しています。

瀬戸内高の安藤正晴監督はしっかりした技術、運動量も体力もあり非常にドリブル好き。
強引にいくところと、簡単にパスをするところの判断が成長した部分で常に良いポジションを探すことが出来る選手と見ているようです。
鹿島の椎本邦一スカウト担当部長は得点力、技術があり前線で攻撃の起点になれる

と評価していていて本山雅志のようなタイプになってほしいそうです。

3人ともいろいろなところを褒めていますね。

周囲の評価から見ても万能型の選手であることは間違いありません。

個人的にはこれからポジションもプレースタイルが決まってくる選手だと思いますのでそれだけ「伸びしろ」のある選手だといえるでしょう。

複数のポジションでプレーする器用貧乏なタイプになるか確固たるプレースタイルを確立したうえでその万能性を生かすタイプになるか。

どちらにしても今後の成長が楽しみな選手です。



出身中学や高校時代について

そんな安部裕葵選手の中学時代・高校時代について調べてみました。

中学時代は本田圭佑が完全プロデュースするS・Tfootballclub(エスティーフットボールクラブ) でプレーしました。

本田圭佑が運営するHONDA ESTILOサッカースクールのジュニアユースチームです。

安部裕葵選手は記念すべきHONDA ESTILOグループ出身の第一号プロ選手なんです。

ヨーロッパのトップレベルで現在活躍中の選手のメソッドや考え方を吸収できる環境は日本にそうないので「本田圭佑が育成した選手」としても見られるでしょうし、これからも拡大していく本田選手の壮大なプロジェクトの今後を左右する選手としても期待してしまいますね。

安倍選手は忍耐力・精神力をS・Tfootballclubで学んだと語っていて緊張をしたことがないという強靭なメンタリティも本田圭佑選手の影響があるのかもしれません。

高校は瀬戸内高校へ進学しました。東京生まれなので寮生活でどっぷりサッカーにのめりこんだそうです。

3年生では10番を背負い、全国へあと一歩まで迫りましたが名門広島皆実にやぶれました。

全国的に有名な選手ではなかったですが翌年鹿島アントラーズに入団。

鹿島のスカウトはいいところに目をつけますよね。

彼女はいる?

安部選手の気になる彼女の存在ですが・・・

現状まだ全国区の知名度ではない、ということもあり現在のところ有力な情報はありませんでした。

高校時代は寮生活で鹿島アントラーズでもしばらく寮生活でしょうから浮いた話が出てくるのはまだ先でしょうね。

サッカーに専念できる環境で思いっきりサッカーをやりきってほしいと思います。

緊張したことがないという安部裕葵選手ですが女性の前でも緊張しないのか聞いてみたいですね。

「女性だけは別ですよ」とか言っちゃうかわいい一面があるのか女性を前にしてもクレバーなのかものすごく興味があります。
ちなみに中学時代にその哲学を叩き込まれた本田圭佑選手は後者でした。(多分)

最後に

いかがでしたか、まだあまり知名度のない安部裕葵選手を紹介してみました。

個人的にはまだ1試合しか見たことはないんですがかなり印象に残っていた選手です。

はじめて世代別代表にも選ばれたそうでこれから化けるのでは?と感じています。

今後も要注目ですね。