山根永遠

今回は、数々の若手選手を世界に輩出してきたセレッソ大阪で、現在期待ナンバー1の若手

山根永遠選手

について迫っていきたいと思います.

広島県出身で、小学生のころからサンフレッチェ広島の下部組織に所属し、高校時代はJユースカップで活躍し、得点王に輝くなど実力の片鱗を垣間見せました。

そして、そのプレーを見ていたセレッソ大阪に声をかけられ、チームに入団することに。

やはりセレッソ大阪は、若手選手の育成がとても上手いので、これから先の山根選手の成長が非常に楽しみですよね〜。

いったいそんな山根永遠選手のプレースタイルや周囲の評価はどういったものなのか?

そして元Jリーガー?の父や母、弟に彼女といったプラベートの話し。

これから先のA代表入りはあるのか?と言った話しまで、色々な角度から書いていくので、是非最後までご覧ください~

スポンサーリンク

山根永遠のプレースタイルは?評価についても

山根選手の、ポジションはフォワードで、生粋の点取り屋。

ユース時代から数々の大会で得点王を獲得。
身長は167センチと非常に小柄なタイプなんですが、体がとてもガッチリしていて、大柄な選手にも当たり負けしない強さを持っています。

そんな山根選手のプレースタイルに迫ってみました。

山根選手はスピードも早く、ドリブルで相手を抜き去りシュートまで持っていくことも出来ますし、スピードを生かし、ディフェンダーの裏へ飛び出す動きも多く見られます。

そこから得点を量産するのですが、シュートセンスも高く、ヘディングも強い選手で、同年代ではナンバー1の点取り屋ではないでしょうか?

ハートも非常に強く、気持ちを全面に押し出すプレーは周囲を惹きつけます。

フォワードは周りからの信頼がないと、パスが回ってきませんし、点を取ることが出来ないので、周りとの関係性も大事ですよね。

そんなプレースタイルを持つ山根永遠選手の周囲からの評価なんですが、

広島ユース時代にお世話になった、沢田監督は

「身体能力が高く、スピードがあって、テクニックもあるし、体も強い。」

とべた褒めでした。

サンフレッチェ広島は、なぜ山根選手を手放したのでしょうかね?

もちろん色々な事情があったのでしょうが、逃がした魚は大きかったと思われるようなプレーで、サンフレッチェ広島を見返すぐらいの活躍を期待したいですよね。

そして、

山根選手を獲得したセレッソ大阪のU-23監督の大熊清監督は、「勝気な性格が、素晴らしい」と気持ちの強さを褒めていました。

山根選手も入団の時に、「1日でも早く、父を超えられる選手になりたい。」と語っていて、過去の実績十分の山根選手がベールを脱ぐときがやってきたようです。

父母と弟は?彼女はいるの?

山根選手と言えば、父親が元Jリーガーとして有名で、いったいどういった家族の中で育ってきたのか、調べてみました。

父は山根巌さん

元Jリーガーで、サンフレッチェ広島、大分トリニータ、川崎フロンターレ、柏レイソルでプレーし、35歳まで現役で活躍された選手です。

山根巌さんは、「石崎監督のあるところに、山根あり」といわれたぐらい、石崎監督を慕っていまして、現役当時は、3チームで監督と選手の立場でプレーをしています。

山根選手の父は、情の暑い選手だったんでしょうね。

現在はコーチ業に勤しんでいるようで、そんな父を持つ、山根永遠選手は必然的にサッカーに触れ合う機会が多く、プロに成るべくして成った選手と言っても言いでしょうね。

父が、元Jリーガーといったプレッシャーがあるとは思いますが、山根選手には、父を超えるプレーヤーになってほしいところです。

山根選手のなんですが、調べてみても情報がまったくありません。

しかし、きっとチームの遠征や試合には、つきっきりで行き、応援や手伝いをやっていたと思います。

周りの協力なくして、こういった選手は生まれないので、間違いなく父、母の協力があって、山根選手の今日があるといったところでしょうね。

の情報も調べたのですが、ごめんなさい、何も出てきませんでした。

ただ色々と調べたところ、山根選手は3人兄弟といった情報だけは、ゲットしたのですが、それ以外はわからず申し訳ないです。

続けて彼女はいる?

ってことなのですが、これまたごめんんさい。

彼女に繋がる情報も現在はありません。

きっと彼女はいると思いますが、相手が一般人の場合はなかなか情報はあがってきませんから。

今は、まずサッカーで結果を出すことが先決だと思うので、彼女を作るのは結果を出してからといったところでしょうかね?

将来はA代表入り?

セレッソ大阪期待の若手、山根永遠選手。

将来のA代表入りはあるのか?といった話題ですが、もちろんあると思います。

簡単なことではないと思いますが、まずは今いるJ3で結果を出すことですよね〜。

日本代表には、岡崎慎司選手、大迫勇也選手といったライバルがいるんですが、年齢的に一緒にプレーするのは厳しそうかな?

セレッソ大阪の入団会見で、父を超えたいと語っていた、山根永遠選手ですが、父親は、A代表に選ばれた経歴はないので、A代表に選ばれることが父超えといったところでしょうか?

最後に

ここまで山根永遠選手について、色々な角度から書いてきましたがどうでしたか?

山根選手といえば点取り屋としての才能豊かな選手で、将来A代表に選ばれるような逸材だと思います。

もちろん簡単なことではないことは、本人が一番わかっているでしょうし、それでも父超えを宣言している以上はA代表入りを果たしてほしいものですね。

そして、山根選手が体は小さくても点取り屋として、一流のプレーヤーになれることを証明し、未来のJリーガーに夢を見せてくれることでしょう。