吉田豊

今回は、安定した守備で、所属チームのサガン鳥栖の要となっている

吉田豊選手

をピックアップしていきたいと思います。

吉田豊選手といえば、静岡の名門、静岡学園高校に入学し、高校サッカー選手権大会に出場した時はベスト8。

その頃に、U-17日本代表にも選出され、U-17のワールドカップにもチームの主力として出場しています。

そして、複数のクラブチームからオファーが届くのですが、ヴァンフォーレ甲府へ所属することとなり、1年目のシーズンから試合に出場し活躍。

その後、ヴァンフォーレ甲府がJ2に降格することが決まったときに、海外からのオファーもあったようですが、日本に残りました。

吉田選手自身、あまり海外志向が強くないのでしょうかね?

そんなJリーグを愛する吉田選手の嫁の存在や子供についても気になるところです。

そして、若くから活躍しており、どういったプレースタイル、日本代表に選出されるのか?といった色々な角度から、書いていくので、是非最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

吉田豊の嫁は誰?子供は何人?

そんな吉田選手に嫁と子供に調べてみました。

調べてみたところ、吉田選手は、2012年12月12日に結婚されています。

お相手の方は、一般の方で華奈子さん。
職業は歯科衛生士さんで吉田選手と同じ静岡県出身のようです。

どうも高校の同級生だったようで、その頃からのお付き合いかどうかはわからないんですが、何にしても古いお付き合いのようで、まさに純愛。

吉田選手の健康管理もやってくれているようで、食事が得意で、中でもハンバーグが絶品みたいで、吉田選手いわく「ひっくり返るほど美味しい」そうですよ。

そんな吉田選手なんですが、子供が2人いまして2013年に第一子のお子さんが誕生します。

試合当日に生まれたようで、試合前に連絡を聞いていた吉田選手は、「気合いが入りすぎていた。」と言うように、めずらしく試合中のミスが目立っていました。

ずいぶん反省していたようですが、やっぱり子供の出産というのは、特別な物ですし、いくら平常心を心掛けていても、ダメだったみたいですね。

そして、2016年に第二子が生まれたときには、前日にサガン鳥栖がアディショナルタイムに、2得点を挙げ劇的な逆転勝利を飾っており、吉田選手いわく

「劇的な試合の翌日に長男が生まれました。きっと試合を見ていた妻も興奮して、その日に生まれてきたのだと思います。」

と言っていました。

試合を見て興奮して生まれてきたのが、長男ということもあり、将来が楽しみなお子さんが誕生し、きっとサッカーの才能に溢れていることでしょうね。

とまぁ、吉田豊選手のプライベートは物凄く充実していることがわかります。

これが近年の吉田選手の活躍の原動力となっていることは間違いないでしょうね。

プレースタイルは?

プライベートがとても充実している吉田豊選手。

若い頃から年代別の日本代表に選ばれるなど、活躍しているのですが、いったいどういったプレースタイルなのか追っていきます。

吉田選手のポジションは、ディフェンスで、主に左サイドバックを務めています。

そして、吉田選手といえば、1対1のディフェンス力が抜群に強く、相手の動きに対する読みが鋭いので、タイミング良く相手に体をぶつけることが出来るんです。

フィジカルも強いので外国人選手にも当たり負けしない、体の強さがストロングポイント。

やはりサイドバックとして、対人に対しての強さは絶対に必要な武器なので、この武器を兼ね備えている、吉田選手はJリーグでトップクラスのサイドバックプレーヤーなんでしょう。

気持ちを全面に出してディフェンスをするタイプの選手で、体を張りファンを魅了したりと吉田豊選手は、ディフェンスだけでなく、サイドからのドリブルも得意としていて、相手敵陣深くまで切り込み、そこからのクロスが魅力。

現在所属のサガン鳥栖には、豊田陽平選手といった最高のターゲットが居るので良い組み合わせですね。

高校の時までは、サイドハーフをやっていたようで、攻撃も得意なんです。

ミドルレンジからのいいシュートも持っていますね。

そして、吉田選手は運動量も非常に豊富で、グラウンドを縦に何往復してもバテない強靭なスタミナの持ち主。

足元も器用で、両足から正確なクロスを上げることもできるのが魅力的ですね。

日本代表に選出されないの?

現在Jリーグでもトップクラスのサイドバックの吉田豊選手。

試合では常にハイパフォーマンスを維持しており、そうなってくると、あとは日本代表選出ですよね〜。

今のところ、吉田選手はA代表からの呼び出しは掛かっていないのですが、ネットなどでは日本代表に必要な選手として話題にあがっています。

サッカー日本代表(ハリルジャパン)に呼んでほしい選手を10選! 

もちろん日本代表のサイドバックといえば、長友佑都選手や、内田篤人選手、ダブル酒井選手など、かなりの濃いメンバーが揃っているのが現実。

サッカー日本代表の歴代最強選手のまとめ【DF・左サイドバック編】
サッカー日本代表の歴代最強選手のまとめ【DF・右サイドバック編】  

しかし、吉田選手には、今の代表に足りない、球際の強さ、アグレッシブなプレーで、ドンドン体を張り相手を潰すディフェンス力は、間違いなく代表でも通用するだけの実力はあるとかなという印象です。

ハリルホジッチ監督も球際の強さを大事にしていますし、代表選出も時間の問題の選手であることは間違いないところでしょう。

最後は?

ここまで吉田豊選手のプライベートの嫁の話しや子供の話。

そして、本業のサッカーのプレースタイルや、日本代表に選出されるのか?といった話しを書いてきました。

吉田選手は、プライベートも充実していますし、2017年シーズンのJリーグでも、スキンヘッドにするといった気合いを入れ、キッチリ結果を残しています。

あとは、日本代表に選出されるだけのところまで来ている選手だと思うので、これから先も吉田選手は要チェックの選手であることは間違いありませんね!