小池龍太
今回は柏レイソルに所属する

小池龍太選手

を取り上げます。

小池龍太選手といえば、2017年シーズンよりレノファ山口から柏レイソルに入団、 JFLから年々カテゴリーを昇り2017年から 21 歳の有望な成長株は初のついにJ1の舞台へ、更なる成長で日本代表も狙える選手です。

中島翔哉選手の母方の従兄でもありますね。

そんな、小池龍太選手の嫁と子供情報、母の存在やプレースタイルと年俸についても迫っていきます~!

スポンサーリンク

小池龍太の嫁は誰?子供はいるの?

まずは、小池選手の子供について迫っていきましょう。

小池選手といえば2016年7月に入籍されいます。

嫁が誰なのか調べてみると「ホステス」のキーワードが浮上しています。

そういうお店で出会ったの?

と思ってしまいますが、色々たどってみた結果、馴れ初めなどの情報まではわかりませんでした。

ガセ情報が出回ることは珍しくありませんから、その一種かもしれませんね。
ただ、お嫁さんは一般女性の方というのは間違いなさそうですね。

入籍後のコメントでは

「明るく、幸せな家庭を築けるように、より一層責任感を持ち常に全力で家族、チームの為に頑張ります」

と話しており公私ともに充実した生活を歩んで欲しいですね。

ちなみに2人の間に子供はいるのでしょうか?

これも調べてみた結果現在(2017年5月)はまだいないようです。
二十歳で結婚されているんので、デキ婚?なのかもしれませんがどうなんでしょうか。

どちらにしてもかっこいい自慢のお父さんになることは間違いありませんね。

小池選手は4歳からサッカーを始めたそうですが、子供にもサッカーをやらせるんでしょう.

いつまでも温かい家庭を築いてください~

母は美人?エステ関係?

実は小池選手の母親はエステを経営のようですね。

以前「Ray」の雑誌に小池選手のお母さんのエステが掲載されたみたいで、小池選手自身もTwitterでその雑誌を紹介していました。

「少しでも綺麗になりたい女性の方一度行ってもらえば効果は保証します!」

とのこと。

気になるお母さんについてはレイソルファンの方ならご存知だと思いますが、はっきりと公開されているわけじゃないので小池選手が飛躍していくたびに明らかになっていくのかなと。

というか、SNS見る限りかなり仲良し親子だということがよくわかります!

きっと、美人なお母さんなんでしょう。

いつかテレビで取り上げられるときがくるかもしれませんね!

プレースタイルと年俸について

高校卒業して着実にステップアップして4年にして初のJ1の舞台へ上がってきた小池選手。

そんな小池選手のプレースタイルと年俸について迫っていきたいと思います。

レノファ山口でレギュラーとして活躍してきた小池選手は、豊富な運動量を武器に右サイドバックとして攻守に渡って貢献できるプレースタイルが持ち味ですね!

攻撃的なサイドバックのプレースタイルなので得点にも期待できます!

試合終盤など周りが疲れ始めていても自陣から駆け上がれるスタミナと攻撃意識は非常に魅力でチームでこのような選手は非常に重要ですね。

過去の試合でも試合終了カウンター攻撃の際、疲れを感じさせない速さで一気に駆け上がり得点を決めています。

齋藤学選手との1対1で完全に抑えたことなど、守備面の強さも光りますね。

サイドバックは運動量が多くて攻撃も守備もできるプレースタイルがよく求めれますが、

守備がよくても攻撃がいまいち
攻撃がよくても守備がいまいち

というサイドバックが多いなかで、小池選手は将来的にどちらも対応できる選手といえるかもしれませんね。

運動量というところでは海外の日本人が評価されるポイントでもあります。

とにかく走って走りまくるような、日本代表だと長友選手や酒井(宏)選手のようなプレースタイル。

小池選手も目標は日本代表と公言しているので、現日本代表選手を上回る運動量に期待したいですね。

今後運動量だけでは無く、クロスの精度やフィジカル面などもJ1の舞台で成長することが出来ればさらなる活躍が期待できますし、最近のサイドバックは将来有望な選手も多いです。

2017シーズンからJ1の舞台でこれからもっと経験出来ますし、自分のプレースタイルにもっと磨きをかけて急成長していく姿がみたいですね。

そんな小池選手ですが、2017年の年俸は推定480万のようです。

年俸に関してはこれから上がっていくことでしょう。

若手の中では伊藤純也選手や中村航輔選手は1000万を超えており、小林祐介選手も右肩上がりに上がっています。

同じように小池選手は非常に期待されている選手のため、いずれJリーグのトップクラスの年俸を貰う時期がきそうですね。

その前に海外移籍もあるかな?

A代表まで駆け上がって日本を代表するサイドバックに成長してほしい

最後に

いかがだったでしょうか?

運動量豊富な若手有望株の小池龍太選手について色々迫ってみました。

2016 年シーズンの主力が抜けた穴は埋めきれないものの、監督の下平監督も若手の成長が最大の補強と話しており、監督も小池選手の成長にも期待しています

「柏での活躍が山口への恩返しになる」と本人が話しているように柏での活躍、そして日本代表を目指して頑張って欲しいですね!