鎌田大地

今回はJ1サガン鳥栖に所属する

鎌田大地選手についてお伝えします〜

2016年のリオデジャネイロ五輪では注目されながらも落選してしまいましたが、今もなお国内そして海外からも注目されている期待の若手選手です。

そんな鎌田大地選手の嫁、海外の反応、海外移籍の可能性、そしてプレースタイルについて見ていきます!

スポンサーリンク

鎌田大地が結婚!嫁は誰?子供いる?

まずは、つい先日結婚を発表した鎌田選手の気になるお嫁さんについてです。

クラブの発表によりますと、お相手は同級生の一般女性みたいですね。

鎌田選手曰く、「自分のことを捨てて僕を支えることを選択してくれた女性」ということで、昔ながらの日本の尽くす女性といったイメージでしょうか(笑)

鎌田選手は海外移籍への関心を常に口にしており、そうした際にも、食事管理なども含めて支えてもらえることが1番だと考えたのでしょうね〜

追記:鎌田選手の嫁は安莉紗さん

鎌田大地・嫁

移籍セレモニーの時にご一緒していましたけど、かなり美人さんでした!

既にネットでは美人と評判になっていますね!

これからも鎌田選手が活躍する度に登場してくれるかもしれませんね。

同級生ということは恐らく学生時代からの仲なのだと思いますが、鎌田選手の所属チームは愛媛キッズFC→ガンバ大阪ジュニアユース→京都東山高校とバラバラなので、推測するのはとても難しいです(笑)

高校サッカーで全国的に活躍していたとなると、高校内では有名人でモテていたのではと思うので、私の推測では高校時代の同級生だと思います(笑)

続いて、子供についてですが、発表されてはいないですし、恐らくいないのではないでしょうか。

特に海外移籍の可能性を考えると、安定して活躍できる環境を作る前に子供がいてはたいへんですからね〜

海外で活躍する選手だと、内田選手や長谷部選手が第一子誕生を発表しましたし、5年以上同じチームでプレーし28-30才くらいのタイミングが理想なのでしょうか。

今後に期待しましょう。

海外の反応は?海外移籍ある?

そして、そんな海外を目指している鎌田選手に対する海外の反応はどうなのでしょうか。

リオ五輪代表に落選したとはいえ、それ以前から世代別の代表には何度も選出されており、海外メディアが注目するきっかけはあったように思います。

調べてみると、特にイタリアからの注目が高いようで、『トゥットメルカート・ウェブ』による日替わりの有望若手選手紹介でも今年になって取り上げられています。

そこでは、

「技術的には既に高いレベル」

にあり、

「1996年生まれのスター」

「鳥栖の宝石」

であると絶賛されていました。

なぜ、イタリアで注目されるに至ったのでしょうか。

この選手紹介の続きに答えがありました。

鎌田選手のプレースタイルが、かつてイタリアセリエA・ローマで活躍した日本人MF中田英寿選手に似ていることにあるようです。

詳しくは後のプレースタイルでもお伝えしますが、ローマを優勝に導いた伝説的日本人選手と姿を重ねずにはいられなかったのかもしれません。

このように海外でも期待の若手として高い評価を受けている鎌田選手ですが、

実際に海外移籍の可能性はあるのでしょうか。

調べてみましたが、興味を持っているクラブの情報などはありませんでした。

しかし、フィッカデンティ現鳥栖監督はセリエAカリアリの元監督であり、コネを持っていそうなので、イタリアへの移籍が1番可能性としては高いように思います。

鎌田大地がドイツ・フランクフルトに移籍

鎌田選手がドイツのフランクフルトへ完全移籍が決まりましたね。

フランクフルトといえば、以前は日本代表で活躍した高原直泰選手、稲本選手、乾選手、そして長谷部選手が在籍してたということでどの選手も活躍してたイメージがあるので、鎌田選手への期待も高いでしょう!

A代表としての鎌田選手も見たいですね!

プレースタイルについて

中田英寿二世とも呼ばれる、鎌田選手のプレースタイルについてもお伝えしましょう。

ポジションはいわゆる司令塔であり、トップ下などでもプレーが可能です。

鎌田選手は天才的な才能の持ち主と言われる所以は、トラップやボールタッチの正確さといったテクニックに優れているだけでなく、独特な相手選手との間合いやそこから生み出されるスルーパス、にあります。

特に呼吸やボールの置き方、間合いや視野の広さの部分は教えてできるものでもなく、本当に天性のものなのでしょう。

そういった点ではバルセロナのイニエスタ選手などに近いかもしれません。

また、その中でさらにオリジナルな武器と言えるのが、180cm75kgの上背の高さにあります。

日本人のトップ下タイプの選手は、テクニックやスピードには優れているものの、香川選手や清武選手をはじめ、175cm以下の小柄な選手が多いのが現状です。

そういった点では、本田圭佑選手以来の大型司令塔でもあり、さらにボディバランスの強さを身につければ、本田選手以上の活躍ができるのは間違いないでしょう。

ハリルホジッチ監督の求めるデュエルをするために、体格は1つの武器となるはずですし、日本人にはあまりいないタイプなので重宝されることは間違いないはずです。

そのためにはやはり若くしての海外移籍は必須と言えそうです。

本田選手も日本にいた頃は何方かと言えばパサータイプの選手でしたが、オランダ二部やロシアでの経験を経て、独力で局面を打開できる選手へと成長していきました。

今後の海外移籍や日本代表選出に期待したいですね。

Jリーグ海外移籍の噂 

最後に

ここまで、期待の若手司令塔、鎌田大地選手についてお伝えしました〜

先日結婚も発表し、目標の1つに本人も公言している海外移籍など、さらなる躍進が期待される鎌田選手。

比較されている中田選手や本田選手以上の選手になれるのか、注目です。