三田啓貴
今回は、ベガルタ仙台期待の若手

三田啓貴選手

をピックアップしていきたいと思います。

※2018年からヴィッセル神戸

三田選手と言えば、小学生の頃に学校のグラウンドでサッカーをしているところ、同じ小学校に通っていた、武藤嘉紀選手の父親に勧誘され、クラブチームに入ることになりました。

そこで才能が開花し、2003年にはFC東京の下部組織に入ることになり、下部組織で大活躍し、FC東京の次世代の期待の若手となりました。

しかし現在は、長年お世話になった、FC東京から離れ、ベガルタ仙台でレギュラーと自分の地位を確立しています。

そんな期待の若手、三田選手の得意なプレースタイルや、ファンが気になる彼女や嫁の話し。

そして、年俸や中学高校の学生時代の話しなど、色々な角度から深掘りしていきたいと思いますので。

是非最後まで見ていってくださいね〜。

スポンサーリンク

三田啓貴のプレースタイルは?

三田選手のポジションは、ミッドフィルダーで主にボランチという場所を主戦にしています。

そんな三田選手のプレースタイルなんですが、利き足の左足から放たれる、精度の高いパス。

足元の技術が非常に高く、柔らかいタッチからの、優しいパスが魅力で、ポジションがら守備に注目されがちなんですが、攻撃力がとても優れた選手です。

プレー中の視野も広く、中盤の一番底から試合を組み立て、ゲームを作っていきます。

ベガルタ仙台では、フリーキックやコーナーキックを任されるなど、精度の高いキックを評価されており、今やチームの中心選手になりつつあるようですね。

こうやって見てみると、三田選手はボランチの選手なんですが、かなり攻撃的な位置取りで、攻撃重視の選手のような気がしますね〜。

評論家の中には、今のポジションよりもう1つ前の、センターハーフ、司令塔の位置が三田選手が一番輝くポジションではないか?と言う声も聞こえるほどです。

ベガルタ仙台に移籍してからは、得点も取れるようになり、前線へ顔を出す回数も、相当増えています。

三田選手自身も、「チームの司令塔となり、引っ張っていきたい気持ちはある。」と言っていたので、ゆくゆくはセンターハーフのポジションに付いているかもしれませんね!

まぁプレースタイル的にも、ボランチよりセンターハーフでしょうね。

それでも、データで見てみると、ボール奪取力は非常に高くて、守備の時間はそんなに多くないのですが、視野が広い為、パスコースの予測や、相手への寄せが早いようです。

今後の三田選手がどういったプレースタイルを確立し、進化していくのか、楽しみで仕方ありませんね!

彼女や嫁はいるの?

ベガルタ仙台で活躍中の三田啓貴選手。

最近では、サッカー以外にも、彼女の話しや、がいるのか?と色々検索されているようです。

やはり、チームで活躍し、サッカー以外でもピックアップされると言うことは、三田選手に取っては迷惑な話しかも知れませんが、それだけ世間から注目される選手になったという証しですから、素晴らしいことだと思いますね。

そして、そんな流れにのらせてもらい、三田選手の彼女や嫁の噂を調べさせてもらいました。

ですが、残念ながら彼女や嫁の情報は出てきておらず、分からずじまいです。

しかし、年齢的にも彼女や嫁さんが居てもおかしくない年齢なので、もしかすると仙台の方で、良い彼女を見つけ、電撃結婚などあるかも知れませんね。

年俸は?中学高校時代についても

皆さん気になる、三田選手の年俸の話しなんですが、2017年の推定年俸は1,000万円のようです。

FC東京時代の最高年俸が1200万円なんで、その頃に比べると少しダウンしていますね。

Jリーガーの平均年俸が、2313万円なんで、それと比べでも少し低い数字ですよね。

やっぱりプロスポーツ選手の評価の基準は、年俸になってくると思うので、平均年俸より上はいきたいところだと思います。

それでも、同年代の普通の社会人の平均年収よりは、はるかに多いんですがね。

お金の話しの次は、三田選手の過去を振り返って見たいと思います。

中学時代の三田選手は、FC東京の下部組織に所属しており、その時に、サイドハーフからボランチへとポジションを変えたようです。

そして、その頃は相当守備への意識を植え付けられたようで、今の守備力は、その時の努力の賜物でしょうね。

そんな三田選手は「タマちゃん」と言うアダ名がついているんですが、中学時代にストレッチをしている姿をチームメイトが見ていて、多摩川のタマちゃんに似ていたことから、「タマちゃん」と言うアダ名になったそうです。

高校時代もFC東京のユースチームで、日本クラブユース選手権に出場し、三田選手の活躍でチームを優勝へと導き、自身も大会のMVPに選ばれます。

ちなみにこの大会には、宇佐美選手や、山口蛍選手、指宿選手など、豪華な顔ぶれが揃っていました。

その中でのMVPは非常に価値のあるものですよね。

そして、その活躍を見たトップチームの監督が、三田選手を昇格させることを、強く望むのですが、明治大学に進学することが決まっていた為、トップチームへ上がる話しは無くなったのです。

この時に上がっていれば、三田選手は今より早くに、世間からの注目を集めていたかも知れませんね。

それでも、明治大学に在学中の2012年に、FC東京の特別指定選手として登録され、翌2013年に契約にいたります。

この時は、複数のクラブチームが三田選手獲得を狙っていたようですが、長年お世話になっているFC東京を選ぶこととなったということですね。

最後に

以上、三田啓貴選手について、色々と書いてきましたがどうだったでしょうか?

三田選手は、エリート選手のように、各年代別の日本代表に選出されたこともありませんし、メディアに取り上げられことも、多くはありません。

しかし、華麗な技術を駆使したプレースタイルを持ち、ベガルタ仙台では人気の選手となっています。

これから将来、彼女やお嫁さんの話しで世間を賑わすかもしれませんし、サッカーのほうで、日本代表入りといったことも、可能性のある選手だと思うので、これからも三田啓貴選手から目が離せません!