サッカーウルグアイ代表メンバー2018

サッカーウルグアイ代表メンバー2018!

ということで、今回は1930年ウルグアイワールドカップの初代王者ウルグアイ代表2018の特集!

グループAでロシア、エジプト、サウジアラビアと比較的楽なグループに入ったウルグアイは3大会連続13回目のワールドカップ出場となります!

そんなウルグアイ代表の注目選手とフォーメーション予想をしていきますので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

ウルグアイメンバー2018の戦術や特徴は?

ウルグアイ代表の戦術は堅守速攻型といえます。

ワールドカップ南米予選ではホームにも関わらずアルゼンチン代表と対戦してポゼッション率は脅威の21%という低さ。

それでも結果はスコアレスドロー。

強豪相手の戦い方を知り尽くしているといえますね。

引いて相手にボールを持たせても守れるし、前線には広大なスペースで個人能力の高いフォワードがカウンターの機会を伺っていますね。

ワールドカップ初代開催国のウルグアイはサッカーは古くから盛んな古豪ですが、アルゼンチンとブラジルに挟まれた小国がなぜサッカーになると強豪となれるのか?

これについては「人口350万人のウルグアイが2億人のブラジルとどう対抗するか? 」という課題と常に向き合わざるを得なかったことが守備戦術を向上させ、守備的なサッカーを育成年代からすることから攻撃では個人能力を持った選手を育てることが出来るという背景があります。

仮想敵が普段からブラジルでありアルゼンチンであることが守備戦術を進化させ、個人技で打開するワールドクラスのタレントを輩出するという特徴につながっています。

ウルグアイメンバー2018の注目選手

それでは、2018ロシアワールドカップに臨むウルグアイ代表の注目選手を紹介していきます!

カバー二


パリサンジェルマン所属の万能型センターフォワード。

ポストプレーも上手いですし前を向いてドリブルで運んで行くプレーもできます。

カバーニ選手にボールが入ると安心してディフェンスラインを押し上げることができますね。

シュートも高身長を生かしたヘディングとフリーキックも蹴ることが出来るキック能力の高さからゴールを量産します。

CHECKカバーニのプレースタイルは?下手?筋肉が評判で嫁と子供も調査! 

ルイス・スアレス

バルセロナの点取り屋です。

4年前の前回大会はイタリア代表のキエッリーニ選手の肩に噛み付いたことでスアレス選手の大会は終わってしまいましたが
今大会は反省を生かしてプレーするでしょう。

背後への抜け出しと抜け目ないポジショニングでゴールを量産するストライカーでカバーニ選手とのコンビは大会屈指の破壊力を持ちます。

ディエゴ・ゴディン

アトレティコ・マドリードとウルグアイ代表の守備の要。

ディフェンスライン統率能力と危機察知能力を生かしたカバーリングでゴールを許しません。

組織を崩された時に個人で止めに行く判断が絶妙で個人の対人守備で負けませんから最後の防波堤とし機能します。

クリスティアン・ロドリゲス

鋭いドリブルとラストパスからチャンスを演出する司令塔。

守備も強くてボール奪取能力があり、守備時のポジショニングにも定評があります。

カバーニ選手とスアレス選手の他に攻撃で違いを作れる選手であり二人にボールを供給します。

ウルグアイ代表メンバー2018!スタメン・フォーメーション予想

ロシアワールドカップイヤーとなる2018年ウルグアイ代表の基本スタメン・フォーメーションを予想してみました。

サッカーウルグアイ代表2018・フォーメーション

システムは4-4-2がメインです。

ゴールキーパーはムスレラ選手。

長年ウルグアイ代表のゴールマウスを守るベテラン。

センターバックはゴディン選手が軸。

相方にコアテス選手かヒメネス選手が入ることが多いですが、高さのあるコアテス選手が試合に出ることが多いのでレギュラーなのかなと予想。

左サイドバックはシルバ選手がレギュラー。

右サイドバックは固定されていないですが出場頻度の高さからペレイラ選手が試合に入ると予想。

ボランチはベシーノ選手とアレバロ選手のコンビが多いですが、アレバロ・ゴンザレス選手もレギュラー争いに絡んでくるでしょう。

左サイドハーフにクリスチャン・ロドリゲス選手。

右サイドハーフにサンチェス選手。フォワードにカバーニ選手とスアレス選手。

この前線4人は南米予選から固定されて起用されていますのでレギュラーは安泰といえるでしょう!

カバーニ選手とスアレス選手は相手ゴールに近いツートップで起用したいところ。

最後に

いかがでしたか?

今回は、2018年ロシアワールドカップに臨むウルグアイ代表の特集でした。

ウルグアイにとっては楽なグループに入って格下との対戦が続くことは戦術的にはやりにくい組み合わせですね。

とくに開催国ロシアとの試合は何が起こるか分からないですから、グループステージ敗退の番狂わせもあり得ると思います。

ただし、グループステージを突破して格上との対戦で本領発揮するチームだと思うのでドイツ、スペインあたりとの対戦があると面白くなるでしょう!