宇佐美貴史

ハリルジャパン結成してから最初にエース候補として挙げられていたのが宇佐美貴史選手。

今回は宇佐美貴史選手のロシアW杯招集の可能性についてみていきたいと思います。

2017-2018年シーズンからドイツ2部のデュッセルドルフでプレーする宇佐美選手。

シーズン前半は活躍できなかったものの、2018年冬の移籍で同じ日本人の原口選手が同僚となったことがキッカケなのか、2月に入って出場機会を増やすと、2/17の23節から26節まで4試合連続ゴールの大活躍!

このプレーぶりが評価され、3月下旬に欧州遠征を行う日本代表へ9ヶ月振りに選出されました。

そこで、宇佐美選手に対するハリル監督の評価や、ロシアW杯招集の可能性について見ていきます。

スポンサーリンク

宇佐美貴史は代表落選から代表復帰!ハリルの評価は?

宇佐美選手に対するハリル監督の評価ですが、ハリル就任当初から非常に評価されています。

就任後初めての代表戦となった2015年3月のキリンチャレンジカップに宇佐美選手を選出すると、2戦目で早くも起用。(これが宇佐美選手の代表デビュー)

その後、ロシアW杯のアジア予選では主にサイドアタッカーとして出場機会を与えられていきました。

またハリル監督の就任当初、代表候補選手を対象に体脂肪率の調査を実施した際、宇佐美選手に対して名指しで「体脂肪率が多すぎる」と言及したことも…。

しかし、これも宇佐美選手がより高いレベルで活躍するためのアドバイスと受け取ることもできますね。

この体脂肪率の件を含め、ハリル監督が会見の中で宇佐美選手に言及することが多いこともあり、宇佐美選手はメディアから「ハリル監督の秘蔵っ子」と呼ばれることもありました。

しかしその後、2016-2017年シーズンに宇佐美選手は海外移籍を果たしたものの、出場機会を確保できずに代表から遠ざかることに…。

そんな中でも2017年夏のアジア最終予選にバックアップメンバーとして選出されるなど、ハリル監督が宇佐美選手を気にしていることは明らかでしょう。

2017年の夏からはクラブでの出場機会に恵まれていなかったことで代表漏れが続いていましたが、今回のクラブでの活躍を受けて即代表復帰なので、ハリル監督は常に宇佐美選手の動向を気にしていたんでしょうね。

ハリル監督は宇佐美選手の攻撃力、特に

・抜群のテクニックを活かして、ドリブルやラストパスなど独力でも状況を打開することができる点。

・日本人離れした、小さい振り足からの正確で強烈なシュートを撃てる点。

を評価しているのだと思います。

ハリル監督は攻撃陣に個の力と得点力を求めていますが、その点に関して宇佐美選手のポテンシャルは日本人選手の中でもトップクラスですね!

ロシアW杯招集について

宇佐美選手のロシアW杯招集に関してですが、私は可能性が十分にあると思います!

ハリル監督がこれまで代表に招集してきた人選を見ると、

・ドリブルなどでの打開力がある選手

・得点を決めている選手(所属するチームやリーグのレベルに関係なく)

が選ばれている印象です。

最初の点について、宇佐美選手の打開力は日本人トップクラスで、ハリル監督も高評価しているはず。

そして2点目についても、ドイツ2部リーグではありますが4試合連続ゴールという結果は強烈な印象を与えていると思います。

(ただ個人的にはこの評価基準のせいで、岡崎選手や乾選手がプレミアリーグやスペインリーグという世界最高峰の舞台でレギュラーを務めているのに、ゴールという結果が出ていないだけで代表から漏れているのが非常に残念です…)

宇佐美選手はここ最近の活躍で、クラブでも出場機会を確保すると思います。なのでリーグ終盤に入ってもゴールなど結果を残し続けることができれば、ロシアW杯への道が開けてくるはず!

加えて、今回選出された欧州遠征での試合で、ゴールなどの結果や圧倒的なプレーをハリル監督に見せつけることができるかも注目したいですね!

CHECKロシアワールドカップ日本代表メンバー予想!フォーメーションは? 
CHECKロシアワールドカップ日本代表のサプライズ招集・落選選手を予想! 

宇佐美貴史が代表で求められること

宇佐美選手が代表で求められることは、これまでも述べてきましたが、ゴールやアシストといった、得点に直結する結果を出すことでしょう。

ハリル監督は攻撃に関して個の力に依存する傾向があります。

戦術も「早く縦にパスを当てる」といった簡単なものなので、そこからの展開はアタッカーの力に左右されることになりますね。

戦術がないので安定した攻撃力はないですが、逆に言えばアタッカーは最後の崩しである程度自由にプレーできるはず。

そこで自分の力を最大限に発揮して、ゴールという結果に繋げることが、アタッカー陣に求められています。

また守備の場面では、1対1の場面でどれだけ「デュエル」できるか。

宇佐美選手は守備の戦術に優れている訳ではないですが、その分1対1の守備では絶対にボールを奪うという気持ちを強く見せることで、チームに活力や気合いを注入してほしいですね!

最後に

以上、宇佐美選手の評価とロシアW杯招集の可能性をまとめてきました。

W杯で結果を残すためには、堅い守備だけでなくゴールも不可欠。そして宇佐美選手は、W杯という大舞台でゴールを決めるだけの十分なポテンシャルを備えています。

これまで宇佐美選手は海外でのプレーで苦戦してきましたが、ついに本領発揮し始めています。

この流れでロシアW杯に臨み、ゴール量産でブレイクする姿を見たいですね!