松井大輔

今回はジュビロ磐田からポーランド移籍が発表された

松井大輔選手

の特集です。

海外を渡り歩く松井大輔選手の凄さとプレースタイルを紹介します。

またポーランド移籍の理由と年俸についても調べてみました!

さらに愛用のスパイクもチェックしてみましたので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

松井大輔はポーランド移籍の理由は?年俸もチェック

松井大輔選手のジュビロ磐田からポーランドリーグ2部のオドラ・オポーレへの移籍が発表されました。

ジュビロ磐田では期待された活躍はできませんでしたから、移籍すること自体は意外性はないと思いますが、36歳という年齢での海外移籍は珍しいですよね。

移籍の理由を本人は3つあげています。

・試合に出場したい
・引退後のことも考えて自分の世界を広げたい
・明日どうなるかわからないような場所に身を置きたい

とのことです。

ポーランドでのプレー経験はあるにしても勇気のいる決断ですよね。

ポーランドでの年俸は発表されていませんが、ジュビロ磐田での年俸4000万円と推定されていますが、ポーランド2部では半分も貰えないんじゃないかと思います。

年俸は下がることは確実でしょうが、お金ではないんでしょうね。

松井大輔選手が一番年俸をもらっていた時期はフランスリーグのルマンで活躍してサンテティエンヌへ移籍した時期は3億円程度と予想されていますからお金に困ることはないでしょう!

プレースタイルと凄さについて

松井選手のプレースタイル凄さについてみてきましょう。

松井大輔選手のポジションは両サイドハーフとトップ下が出来ますね。

松井大輔選手のプレースタイルを紹介する前に、一番輝いていたフランスリーグ・アンのルマン時代のプレー集がありましたのでご覧ください!

身体能力としての特徴は

・俊敏性
・無理の効く身のこなし

が挙げられます。

特別足が速いわけでも、パワーがある訳でもないですがしなやかな身のこなしと俊敏性で海外でも問題なく活躍したというか、Jリーグよりも海外のほうがやりやすそうでしたね。

攻撃面での特徴は

・浮き球の処理のうまさ
・ボレーシュート
・トリッキーなフェイントと緩急の変化で抜いていくドリブル
・両足で蹴ることができる正確なセンタリング
・スルーパス
・ヒールキック、足の裏など足全体を使うプレー
・ワンプレーで止まらずにコンビネーションプレーに繋げられる運動量とプレービジョン構築の早さき

が挙げられます。

ルマン時代は「ルマンの太陽」と称されて愛されました。

南アフリカワールドカップでは初戦のカメルーン戦では対面するアスエコト選手の怠けた守備を軽くキックフェイントでかわして、利き足ではない左足で綺麗にカーブがかかったボールをファーサイドの本田圭佑選手へピンポイントパスを通してアシストを記録!

PKで敗退したパラグアイ戦ではクロスバー直撃のミドルシュートを放ちました。

このシュートは右足で横からのパスをダイレクトでカーブをかけて蹴っています。

あれが入っていれば、ベスト8の扉を開けていたかもしれませんね。

松井大輔選手の凄みはというと、サイドアタッカーとしてヨーロッパて成功した始めての選手という点ではないかと思います。

今でこそ、原口元気選手、乾貴士選手など日本人ドリブラーがヨーロッパで活躍していますが、それまでは海外で活躍する日本人選手は、小野伸二選手、中田英寿選手、中村俊輔選手などトップ下の選手ばかりでサイドでドリブルで突破するタイプの選手としては先駆け的な存在ですね。

とくにフランスリーグは芝があまりよくなく、下の土はぬかるんでいてテクニックを発揮するには難しい環境でも積極的に仕掛ける度胸と独創的なプレーを見せていました。

日本人ドリブラーの技術と俊敏性は海外でも通用することを最初に証明してくれたという意味でパイオニアとしての凄さがあります。

愛用スパイクは?

そんな松井大輔選手のテクニックを支える愛用スパイクニューバランス VISARO K-LITEです。

松井大輔・スパイク

CHECK!ニューバランス VISARO K-LITE

カンガルーレザーを採用 したニューバランスのトップモデルです。

内張りは起毛素材で下にはスポンジ層を敷いているため履き心地はフワフワしている気持ちよさがありますがフィット感は失われないという特徴のスパイクだそうです。

ニューバランスを履いている選手は珍しいですが、サッカースパイクにも力を入れているんですね。

2015年からサッカー界に本格参入していて、カズパー・シュマイケル選手、アーロン・ラムジー選手、フェライニ選手などが有名選手ではニューバランスを履いていますね。アメリカの企業なので英語圏のプレミアリーグから徐々に覇権を狙っている感じです。

スニーカーのメーカーとして名高い企業ならではの良さがあるかもしれませんのでニューバランスのサッカースパイクも面白いかもしれません!

最後に

いかがでしたか?

今回はポーランド2部への移籍が決まった松井大輔選手を紹介しました。

プレーでも経歴でも驚かせてくれた選手なので少しでも長く現役での姿を見てみたいですね!

新たなチャレンジを続ける松井大輔選手のプレーから目が離せません!