リヴァプール2017-2018

今回は

2017-2018シーズンのリヴァプール

の特集です。

昨シーズンプレミアリーグ4位となりまずまずの好成績をだしたリバプール!

ドルトムント時代からとにかく走る、戦うイメージが強いユルゲン・クロップ監督のもとで戦うメンバー一覧と、新加入選手の紹介。

さらにフォーメーション予想もやってみますので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

リヴァプール2017-2018のメンバー!

それでは2017-2018シーズンのリヴァプールのメンバーを紹介していきます!

GK

1 ロリス・カリウス/ ドイツ /24歳/前所属 マインツ 05 (GER)
22 シモン・ミニョレ/ ベルギー/ 29歳/前所属サンダーランド
34 アダム・ボグダン/ ハンガリー/ 29歳/前所属ウィガン 復帰
52 ダニー・ウォード/ ウェールズ/ 24歳/前所属ハダースフィールド 復帰

キーパーはカリウス選手とミニョレ選手がポジションを争う形になるでしょう。

個人的にはミニョレ選手のほうが守護神というかんじで好きなんですが、足下の技術が足りないのか、カリウス選手のほうが序列は上なのかもしれません。

DF

2 ナサニエル・クライン/ イングランド/ 26歳/前所属 サウサンプトン
3 ママドゥ・サコ/ フランス/ 27歳/前所属 クリスタル・パレス 復帰
6 デヤン・ロヴレン /クロアチア/ 28歳/前所属 サウサンプトン
12 ジョー・ゴメス /イングランド /20歳/前所属 チャールトン
17 ラグナル・クラヴァン/ エストニア/ 31歳/前所属 アウクスブルク (GER)
18 アルベルト・モレノ /スペイン /25歳/前所属 セビージャ (ESP)
32 ジョエル・マティプ/ カメルーン /25歳/前所属 シャルケ 04 (GER)
38 ジョン・フラナガン/ イングランド /24歳/前所属 バーンリー 復帰
66 トレント・アレクサンダー=アーノルド/ イングランド/ 18歳/前所属 リヴァプールユース

マティプ選手の補強が当たったのは大きいですね。

サコ選手がレギュラーだったらかなり不安要素もあるので。

センターバックの層の厚さに対してサイドバックは層が薄いので新しいサイドバックを確保できるかが課題です。

とくに左サイドバックは緊急的にミルナー選手がやっている状況なのでなんとかしたいところ。

MF

5 ジョルジニオ・ワイナルドゥム/ オランダ/ 26歳/前所属 ニューカッスル
7 ジェームス・ミルナー/ イングランド/ 31歳/前所属 マンチェスター・シティ
10 フィリペ・コウチーニョ/ ブラジル/ 25歳/前所属 インテル (ITA) 放出?
14 ジョーダン・ヘンダーソン /イングランド/ 27歳/前所属 サンダーランド
16 マルコ・グルイッチ セルビア/ 21歳/前所属 /レッドスター (SRB)
20 アダム・ララナ イングランド/ 29歳/前所属/ サウサンプトン
23 エムレ・ジャン /ドイツ/ 23歳/前所属 レヴァークーゼン (GER)
25 キャメロン・ブランナガン /イングランド/ 21歳/前所属 リヴァプールユース
50 ラザル・マルコヴィッチ /セルビア/ 23歳/前所属 ハル・シティ 復帰
53 オヴィ・エジャリア /イングランド/ 19歳/前所属 アーセナルユース
54 シェイ・オジョ/ イングランド/ 20歳/前所属 ウォルヴァーハンプトン
アラン /ブラジル/ 20歳/前所属 ヘルタ・ベルリン (GER) 復帰

昨年はエムレ・ジャン選手、ララナ選手、コウチーニョ選手が活躍しました。我慢して若手から中堅の世代を中心選手にまで育てたので、しばらくは安泰という顔ぶれですね。

流石にクロップ監督は育成上手。

ドルトムント時代の愛弟子香川選手ゲッツェ選手を獲得か?という声も消えましたね。

FW

9 ロベルト・フィルミノ/ ブラジル/ 25歳/前所属 ホッフェンハイム (GER)
15 ダニエル・スタリッジ /イングランド /27歳/前所属 チェルシー
19 サディオ・マネ /セネガル/ 25歳/前所属 サウサンプトン
27 ディヴォック・オリギ/ ベルギー/ 22歳/前所属 リール (FRA)
28 ダニー・イングス/ イングランド/ 25歳/前所属 バーンリー
58 ベン・ウッドバーン/ イングランド/ 17歳/前所属 リヴァプールユース

オリギ選手、フィルミノ選手、スタリッジ選手など良い選手ですが、世界トップクラスの選手とは言えませんね。

フォワードが一人殻を破ると優勝争いも視野に入ってくるのではないでしょうか。

ただ守備でファーストディフェンダーとして求められることが大きいので守備もできて点も取れる選手を見つけてくるのは困難かもしれません。

新加入選手は?

運動量があって若い選手が好きなクロップ監督らしい新加入選手の顔ぶれでフロントと一体になっている印象でした。

アンドリュー・ロバートソン

アンドリュー・ロバートソン
26 スコットランド/ 23歳/前所属ハル・シティ

手薄だった左サイドバックを15億円で獲得。

左利きで豊富な運動量でどちらかというと攻撃が得意ですね。リバプールのサッカーにもフィットしそう!

モハメド・サラー

モハメド・サラー
11 エジプト/25歳/前所属 ローマ (ITA)

右サイドのアタッカーで斜めに入ってくる動きからゴールを量産します。

圧倒的なスピードとスプリント回数の多さ、足元の技術もありますね。
50億円で獲得。

クロップ監督の求める運動量が出せればレギュラーポジションを取るんじゃないでしょうか。

ドミニク・ソランケ

ドミニク・ソランケ
29 イングランド/ 19歳/前所属チェルシー

U-20イングランド代表のエースストライカーです。

U-20ワールドカップを優勝していますので将来のイングランド代表を背負う存在。

チェルシーの下部組織で育ったソランケですが出場機会を求めてライバルであるリバプールへ移籍してきました。

抜群の身体能力を生かしたポストプレー、ドリブル、ミドルシュートとヘディングが持ち味の本格派ストライカーです。

運動量もあり、キープ力もあるのでクロップ監督好みかと思います。

楽しみな若手選手が入ってきました。

チェンバレン

チェンバレン
21 イングランド/24歳/アーセナル

アーセナルでウイングバックで起用されることに不満をためていたチェンバレンを獲得しました。

移籍の決め手はクロップ監督の存在と話しています。

4バックのチームの方が合うと思いますし、リバプールの縦に速いサッカーで生きるタイプだと思うのでいい補強をしたと思います。

リヴァプール2017-2018・フォーメーション予想

リヴァプールフォーメーション2017-2018

システムは4-3-3

GKはミニョレよりもビルドアップ能力でカリウス選手(昨シーズンのミスの多さはなくなると予想)

DFセンターバックはロブレン選手、マティプ選手、右サイドバックにクライン選手、左サイドバックにミルナー選手。

左サイドバックに新加入アンドリュー・ロバートソン選手がハマるとミルナー選手を中盤に戻せるのでさらに層が暑くなりますね。

MFアンカーにヘンダーソン選手、インサイドハーフにララーナ選手とエムレ・ジャン選手。

ワイナルドゥム選手も素晴らしいですし、コウチーニョ選手のインサイドハーフも魅力的なので注目です。

FW右ウイングにサラー選手、左ウイングにコウチーニョ選手、ワントップにフィルミーノ選手。

ワントップはオリギ選手、ソランケ選手との争いになりそうですが個人的には若手選手のソランケ選手が爆発したら面白そうだなと思います。

最後に

 
いかがでしたか?

リバプールのサッカーの運動量の多さを考えるとチャンピオンズリーグを戦うだけの層の厚さはない感じですが、若手選手が多いのでメンバーを変えなくてもコンディションを維持できるのかに注目したいと思います。

最近は疲労回復のテクノロジーが進んできているのでサッカーが将来的に週2試合できるスポーツになるなら、商業的にも大きいですよね。

クロップ監督のコンディションマネジメントに期待したいと思います!